GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻』感想、“ジオン視点”! ゾックとかいう可能性の獣!! サイコ・ザク、もしや量産段階に…?:太田垣康男

 一年戦争のとある戦線を描く一部から、二部は戦後の「技術争奪戦」へ。アニメ版一話感想はこちら

        ダリル視点“潜入作戦”! 僧正が語り始めた、壮大すぎる目的とは…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 こちらでも登場した、イオの彼女クローディア、仇と知らずダリルと邂逅するなど物語の軸に。
 彼女を介し、遠距離から“感応する”という荒業で
 レヴァン・フウまで登場!

 

 ダリル、私には「刻」が見える。先の大戦で我々が見たのは人の革新ではない、人の限界だ―――。 

 

「ああアムロ…、刻が見える」
 という、元祖ニュータイプララァに重ねた台詞と共に、壮大すぎる目的を持った僧正が登場
 彼は、既に多数の傷痍軍人も招聘

 

 それは「選り抜く」為なのか、それとも既にサイコ・ザク量産化が始まっているのか…?

        ダリル・ローレンツ隊、「機動要塞・ゾック」共に出陣!

イメージ 1

 ジオン側も新たなヒロインが加わり、連邦側と遂になった演出に。

 

海のダリル
 ダリルは、カーラとの絆だと「サイコ・ザク」に拘るが、時の流れの残酷さには目を覆うしかなかった。
 彼は部下と共に、南洋同盟の“義足兵士が消える街”
 海上都市リグに潜入する

 

 そこは海洋同盟が、リユース・サイコ・デバイス用に“手足の無い兵士”を集めている街。

 

 ダリルは同盟の幹部クローディアと邂逅
 彼女を介し、教祖レヴァン・フウに、“人類破滅への流れ”を変えるべく協力して欲しいと打診される

 

 ダリルは断ったが、そこにイオが搭乗する連邦軍強襲艦“スパルタン”が現れ―――。

        ダリル・ローレンツは、「サイコザク探し」の作戦に従事していた

イメージ 5

 今回の基本メンバー、食事風景に性格が出てる気がして笑えます。

 

サイコ・ザク探し
 冒頭、山中の小さな寺を強襲しますが、地下には鋼鉄製のMSドッグが建造されておりビビリしますね!
 建立は800年前、そんな小さな寺すら軍事基地化する辺り
 勢力はとんでもない模様

 

 旧式機がたった四機だけでしたが、その為に軍事基地を用意してるレベルって事ですから

 

 組織全体で、どれだけの軍事力があるのか。

        モビル・フォートレス「ゾック」出陣!

イメージ 6

 ゾックだと思ったら、モビルスーツを四機も運べる移動要塞だった衝撃よ!
 凄まじいアレンジしやがって!
 潜水も可能

 

 最後は、本機の大火力メガ砲で「寺」そのものを、跡形も無く焼き払ってしまう事に。

 

 サイコガンダムじゃねェか!
 すげえ規模!

 

 逆にいえばそれだけの工業力を持った世界観、「連邦」が持つ工業力はどんだけ怪物なんでしょうね

        ザニー! ザニーさんじゃないか!! 元気にしてたかオイ!

イメージ 7

 寺院の防衛戦力は、対戦中、「ザク」に連邦が試作パーツをつけてテストしていた実験機!
 元がザクなので、頭に「ザ」が付きます
 一見、連邦系のシルエット

 

 ガンダムガンキャノンの開発中、試作中の部品を鹵獲ザクに付け、テストをしていた頃の機体

 

 そんなんが四機も…。
 ちなみに、ネトゲGNO」では連邦の最初のモビルスーツでした。

        ダリル達の「サイコザク」探しは……

イメージ 8

 実に、三千以上もの候補地の一つは当然ハズレでしたが、ジオン残党には格好の「補給」地に。
 物資を略奪し、女を奪い去り
 証拠隠滅の為に消滅…

 

 その際、生真面目なダリル隊が止めさせますが、ジオン兵が×××しようとする場面も。

 

 ちなみに寺の人々は
 安全を図って、女性だけは地下にまとめて隠していたんですが……。

 

 彼女らは、やはり連行されてしまいます

        そして明らかになった「シラミ潰し作戦」の真相

イメージ 9

 今回配属されたゾック隊自体が、元々、「サイコザク探し」にまったく興味が無かった事実も。
 ジオン諜報部に対し、自ら“偽情報”を流す事によって
 私腹を肥やしていたのです

 

 ジオンもまたロクでもない連中ばかり、この物語、どんな着陸を迎えるのか?

 

 一応、戦後の小さな事件に終わるハズですが……?

        ダリル隊は、不要となった「石油プラント」流用の海上都市へ

イメージ 10

 南洋同盟は、サイコザクパイロットを求め、手足を失った傷痍軍人確保を急いでいる模様。
 彼らなら、進んで手足を切り取る者ばかりでしょうに
 敢えて「持たない」連中から

 

 かなり大量に「候補」をスカウトしてますが、量産化の目処が立ったのか?

 

 それとも、“不適合”だと死んでしまうとか…?

        生真面目な「ジオン軍人」ビリー少尉、ちょっとした主人公に

イメージ 11

 既に達観の域に入ったダリルに対し、若く、「ジオンの理想」に燃える男がビリー少尉。
 彼もNT,大戦期は“タコザク”を使ってたらしい
 彼の真面目さもポイント

 

 人間が「生きる」為に集まった、雑多な海上都市に、汚いから焼いちまえとかいってしまうタイプ

 

 コロニー民ならそうでしょう
 そんな彼が、「母のところに帰ろう」と言ってた敵を撃ち殺し、泣いてしまう場面も…。

 

 若者らしい潔癖さに、少しずつ人間くささが加わって行くビリーですが…?

        扉絵で登場した大戦期のサイコ試作機「タコザク」

イメージ 12

 明日ごっそりロケットエンジンになっている事から、タコザクとあだ名されるサイコ機。
 出典は、もちろん初代MSVより
 本作風アレンジ

 

 パースで上半身にハッタリが効いてて、なんかカッコイイですね!

 

 HGUCに出ないかなぁ…。
 外見通り、ジオング」誕生への過渡期の機体。

        傷痍兵を次々とスカウトする南洋同盟、クローディア・ペール

イメージ 13

 既に三肢が機械となった元兵士に、「残る右腕も切れば、あなたに自由を提供する」と勧誘。
 ひたすら無言劇。

 

 これが、愛娘を「生身」で撫でてやれる、最後の機会なのか…。

 

 彼は生きて帰ってこれるのでしょうか。

        レヴァン・フウ僧正『ダリル、私には「刻」が見える』

イメージ 14

 本作のニュータイプは、相手を金縛りにする等、完全に「超能力者」として描かれています。怪物!

 

刻を変える為に
 大仰ですが、ガンダムUC」を連想させる、人類の未来を問う物語に。
 このまま、連邦に任せれば人類は破滅する
 未来が見えると

 

 破滅の未来を変える為に、リユース・サイコ・デバイスを使いたいという僧正ですが…?

 

 イカレた妄想
 と、切り捨てても良い話

 

 でも初代で、「人はいつか時間さえ支配できる」と語られ、今回、突然変異的に「時間が見える人」が出てきた

 

 みたいな?
 彼は、今後の歴史の流れを感じて、それを変える一石を投じようとしてるのか…?

        収録

イメージ 15

 ともかくイオ&ダリルは合流、クローディアはダリルが攫っていく事に!

 

 ビッグスペリオールコミックSP「機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻」。太田垣康男
 週刊ビッグコミックスペリオール連載、小学館発行。
 2016年6月(前巻2015年12月)。

 

 サブタイトルは「水上都市」。
 ダリル出撃の第62話~、Wb級スパルタン降臨の第70話まで収録。