GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター Record of ATX BAD BEAT BUNKER 1巻』感想、声優・水谷優子さん追悼巻:八房龍之助

 同ゲーム原作、異星人の侵攻に抗う、ロボット戦争アクション漫画。

  タイトル長すぎィ! 奪われたモノ、奪い返した者!! 天上天下の必殺砲!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 媒体変更に伴いタイトル一新! 新タイトルでも、カイ・キタムラ少佐のゲシュが渋かった!!
 機体性能差を、経験からくる“読み”で返すとか
 ベタだけど渋いわ!

 

 そして巻末、エクセレン役、cv水谷優子さんへの追悼も掲載。改めて、もうあの声は聞けないんですね…。

 

なおエクセ姉様
 不憫にも、そのエクセレンも洗脳されまともに喋れない状況という。
 敵に回った“達人”は怖い!

 

 しかし、アヤとマイ、そしてゼオラが己を取り戻す怒涛の復調回でもあった!

  オウカ姉さま、アギラのバアアとの決着は先送りに

イメージ 4

 ゲイム・システムを使いこなすオウカの脅威! Sペンストで応じたカイさんかっけぇ!

 

奪還別離のウィニペグ
 出現が加速、軍事施設だけでなく市街地をも狙い始めた対話不能の生物、“アインスト”達との交戦中
 更に、フェフ博士の生み出した“マシンナリー・チルドレン”も現れ
 クロガネ隊は窮地へ陥る

 

 が、これをバネにアラドはゼオラを奪還、SRXチームのアヤとマイも己を定め、戦いに復帰した!

 

 ノイエDC軍を弾き返すクロガネ隊
 しかし、アインスト・アルフィミィ支配下に入ったエクセレンは、どうしても説得できなかった。

 

 苦戦が続く彼らの前に、意思を持つアインスト「レジセイア」が降臨。

 

 これを討たんとするかの如く“龍と虎”も現れる! 

  シリーズ冒頭は、ギリアムから始まるという法則

イメージ 7

 そういや、もうゲシュペンスト・タイプRVなんですよね。
 キット化されないなー、コレ

 

 今回はフェイス部のドアップが無かったのがちょっと残念でしたけど、相変らず巨大感!

 

 ビルの隙間はロボの戦場!

  立ちはだかるエクセレン、ライン・ヴァイスリッター

イメージ 6

 敵に回ったヴァイス、得意の「分身」が、ガチの脅威だったのは漫画版ならではですね!
 特徴的、かなり有機的なデザインですが
 プラキット化済み

 

 物凄い細かな色分けを、鬼みたいなパーツ分割で再現したズッシリくるボリューム!

 

 可動性は低く脆いですが、今見ても超カッコイイです(最近再販)。

  キョウスケ『研ぎ澄ませ、弐式。一点を斬り通る』

イメージ 8

 不慣れなれど、計都瞬獄剣で突っ込むシーンがカッコ良かった! ゲームでの強さを思い出すわ!
 旧作での終盤機を、序盤から使えるという高揚感!
 そりゃ相応の強さだけど!

 

 が、アルフィミィ「マブイエグリ」を喰らい、胸部が大破する残酷物語…!

 

 頭部がコクピットで良かった!(笑)

  これからは過去に囚われず、新しい道を歩め

イメージ 9

 亡きイングラム言葉も、思えばこの時を予見していたのかな…、というアヤの復活劇!
 寄与したライ、やっぱり見た目によらず泥臭いというか
 真っ向な男ですよね

 

 現「アヤ」の土台を作った、アギラ婆さんは笑いまくりますが、これがまた趣味が悪かった!

 

 イングラム、OGでは復活しないのでしたっけ。

  アラド、ゼオラ説得に全力を尽くす

イメージ 10

 初対面の時点で、既にシャツがぱっつんぱっつんであった

 

「名無し」の少年少女
 その際の回想、初対面のアラドがえらい直球な事言ってて、ちょっと笑えます。アンタって子は!
 二人の名前は、セロ博士が名付けたものなんでしたっけ
 あの人やっぱりなぁ…。

 

 しかし、記憶を操作されようと、胸へのコンプレックスと思い出は消えないってどんだけだよ!

 

 アラド、アンタ普段からどんだけ言ってんのよ!

  アラド『ウイング展開! ドライブ全開!!』

イメージ 11

 正気に戻ったゼオラと、必殺のツイン・バード・ストライク! アラドの台詞が良いんですよね
 ミョーに、韻を踏んでるというか
 語呂が良いのか

 

 今回は持越しかと思いましたが、スリサズと一気呵成に決着へ!

 

 自己再生が怖かった!
 が、'オクスタンで的確に「勾玉」を打ち抜いたゼオラ、っていうかビルトファルケカッコ良かった!

  スリサズ、せっかくの登場から間もなく退場に……

イメージ 12

 ある意味、アギラ理論を体現する「強い感情」を持つ兵士でしたが、傲慢ゆえに敗北。
 でも、勝ったと言うより“金星を拾った”感じもします
 ホント強かった!

 

 オウカの強さのポイントの一つ、ゲイム・システムを使いこなすとか、ちょっとビビらされた!

  アギラバアアに花束を

イメージ 13

 つっきがー 闇を照らすときー 伝説が空を舞うー♪

 

俺達はそれごと打ち破る!
 アヤとマイが己を定めたことで、遂にメタル・ジェノサイダーモードが起動!
 天上天下、一撃必殺砲解禁!
 だが倒せず

 

 いや倒したけど逃げられたパターンですが、SRXと互角以上ってソル・グラヴィオン超強いな…。

 

 もとい、ソル・グラビリオン超強いな…。

  収録

イメージ 5

 ラストはアインスト・レジセイア降臨! cv若本さんキタァ!

 

 電撃コミックス「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター Record of ATX BAD BEAT BUNKER 1巻」。
 八房龍之助氏。月刊・電撃ホビーウェブ連載、角川書店発行。
 2016年6月(前巻2015年12月)。

 

収録
 ♯00「ブラインド・ベット」
 ♯01「バイト・ザ・バレット」
 ♯02「アウト・オン・ア・リム」
 ♯03「ボーイズ・オン ザ サイド」
 ♯04「ルック・アット ザ スカイ」
 ♯05「リメインズ」
 ♯06「比翼連理の理」
 ♯07「ライブ.アンド.レット.ダイ」
 あとがき
 
 ウェブ連載で再出発してますが、コミックス買ってまとめて読む方針で。やっぱ八房先生の絵、スゴいわー。