GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻』感想、“模型”と漫画で画像処理! 異色の漫画×模型コミック:太田垣康男

 一年戦争末期、サンダーボルト攻防戦と同時期を描く、外伝短編集。

      模型を素材に“漫画化”! モデラー×漫画家コラボで描かれる人間ドラマ作品に

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 てっきり、地球のショーンの話の続編かと思いきや、敵兵とふたりきりで選択を強いられる男など
 兵士をテーマに、毎回異なるキャラクターで描かれる
 戦争オムニバス作品に

 

 注目は、メカが「模型」で再現され、それを画像処理して取り込むという異色の作風!

 

ガンダムなんていないよ!
 のっけから、戦争中に「敵を殺す」事の惨劇を知り、迷った男の物語。
 その背中を押すのが、本作らしい流れだった!

 

 また、太田垣先生特有のリアリティで、ハロが“ドローン”になってるのも笑えます。

      クソ外道キャラだったけど、「ジム・キャノン」作例が制作!

イメージ 1

 HG版ジムは、ちゃんとジムキャ出せるランナー構造なンだけどなぁ…、チキショウ!

 

ブレーメン
 特に、呉越同舟で生還の為に戦った「Rescue me」は、安定の面白さでしたね。
 兵士だって、本来はそれぞれ職を持った人間なんだ
 ってのが特に面白い!

 

 警官だから、軍人となっても「助ける」側の仕事がしたいと意地を張り続けるロバート!

 

 最後はア・バオア・クーに向かってしまったので、少し心配な結末でした。。

      「ザクマシン一本」の回も

イメージ 6

 これも、本当は優れたスケーターなのに、戦場に駆りだされた男の話。
 無反動砲なので、これを利用して移動する事はできない
 が

 

 人間にだって、ザクの指一本分くらいのパワーは出せるさ!

 

 スケーター特有の脚力!
 弾丸を、「撃ちきった」時の挙動を利用し、脱出するとか、アイデアでしたね!

      巻末には「作例集」が掲載! これは嬉しい!!

イメージ 7

 本作はフルカラーなので、ガンプラ作例も、きっちりフルカラーで掲載されています。
 CADで、CGによる「設計図」を自作して制作するという
 中安俊ニさん作例

 

 プラ版工作が得意なんだそうで、ガトル突撃艇をフルスクラッチ制作!

 

 バーニア部だけは
 大変なので、HGサイコザクから流用したんだそうな。

 

 この「作例集」がまた楽しかった!

      収録

イメージ 5

 二話は、「作例」感がちょっと強すぎましたね。

 

 ビッグスペリオールコミックSP「機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻」。太田垣康男
 イービッグコミックスフォー連載、小学館発行。
 2016年6月発売。

 

収録
 第1話「サンダーボルト放送局」
 第2話「ラストダンスは君と」
 第3話「Rescue me1」
 第4話「同2」
 第5話「同3」
 第6話「レナードの帰還」

 

感想追記