GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『坂本ですが? 第11話』感想、冴えないあっちゃんの育て方ァ! “ラスボス”、やはり奴だった…!! :ぬくもりはいらない/1-2 メモリーズ

 不良でいたいのか、坂本に認められたいのか、自分自身でハッキリしないあっちゃんの行方は…?

初見の雪にもスタイリッシュ! 一年通じて、クーレスト!! 一年の終わりに…?

イメージ 74

イメージ 67

 あらゆる記憶の中でクールで在り続けた坂本君! どこを切ってもクールとか、記憶の金太郎飴か!!
 一話以来、本来の“不良のあっちゃん”に立ち戻る最終回
 クールな流れだ!

 いいか、お前ら。それがしょうもなくとも正しくなくとも良い、たった一つ、ブレねえ何かを持っていろ。

でないと足元を掬われるぞ
 深瀬さんに「足元を掬われる」あっちゃん、8823先輩の気遣いもクール!
 最終回、今度こそ彼を退けるのか…?

 ホント色々あった全12話、画面外でもスタイリッシュだった、新たな坂本君伝説もクールだった!

『この日、僕らの町に、数年ぶりに雪が降り積もった……』

イメージ 2

 久保田君に溢れる、圧倒的女子力!

たった一つの「俺」のやり方
 初めて「積雪」を見たという坂本君に、喜び勇んで、“雪の遊び方”をレクチャーするアツシ!
 が、ことごとく上を行かれてしまったアツシは悲しみに沈み
 深瀬先輩に付け込まれる

 この一年、「届きもしない存在」に張り合おうとして、我を忘れていなかったか?

 楽しかった一年を皆が振り返る中
 アツシはこの一年を捨て、“不良”の己に立ち返り、坂本に凶刃(バット)を振り下ろす…!

 次回、第12話「さよなら坂本君」。

久保田君『寒い寒い、帰ってルイボスティーを頭から被りたいー、そうでしょ』

坂本君『ノン。何分当方、積雪を見るのは初めてですので』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 7

 これからも坂本君と一緒に歩いて行ける、この時は、そう思ってたんだ……

千と千尋の雪遊び
 そういや、「坂本君の事を何も知らなかったな…」と、メインヒロインのような思いに耽りつつ
 想いが、カットアウトすると示唆する冒頭!
 最終話近し!

 聞いたぜ坂本? お前、雪見るの初めてなんだってな? 今日はとことん、雪遊びをレクチャーしてやんよォ!

 元道産子ノリノリである
 アツシは、小手調べに「雪の妖精」を披露ッ!

 雪に身体を落とし、己の印象を、雪を通じて他人に見せ付けるテクだと語る!

 あっちゃん、燃えてるな!

『おい、その方向は、あっちゃんのにカブって……!』

イメージ 8

 ですが、なんという事でしょう

まりお『見たことがあんな! 確か、レオナルド・ディカプリオが描いたもので』

『あの、新陳代謝にも載ってるという…!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 ちなみにEUの貨幣にも使われてるって、ルパン三世2015で見たね!

雪の中でもスタイリッシュ!'
 何とあっちゃんの「跡」を利用し、ダ・ヴィンチ、「ウィトルウィウス的人体図」を再現する坂本!
 オイオイ、これは流行るぜ!
 多分!

 すっげー! 九頭身!? 出るとこ出てるし、これは連れて歩きてェ~~~!

 ゆきだるまも即応用!
 華麗に、グラマラスゆきだるまの開祖となる坂本!!

 支えの木の枝を、ポージングする「腕」に見立て、なんというセクシー&ダイナマイツ!!

 まりおとケンケンも絶賛である!

ケンケン『おい坂本ォ!』

まりお『この娘、紹介しろよォ~♪』

イメージ 15

 男子高校生に絶賛される坂本、一方、あっさり「今日は俺が教える!」意気込みを破られアツシは沈む
 いつもいつも、アイツに上に立たれていたくない
 でも嫌いだからじゃない

 ようやく、対等になれるって思ったのによ……。

 体育祭での連中とはまた違う、なんか前向きな理由って感じです。ホント。

三十路『対等になりたければ、タイマン張りなよ……』

アツシ『ふ、深瀬さん!?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 あっちゃんと他二名の温度差が深刻、あっちゃんと坂本の実力差も深刻!

因縁だらけの雪合戦
 遂に出ました「他人を操る」上級生・深瀬! 悪魔の誘いについつい乗ってしまったアツシは
 坂本に、“雪合戦勝負”を申し込む!
 が

 なんてこった、まるでガトリング砲じゃあねーか!?

 効果音が本気!
 今度は、ガトリング坂本と化した彼に、アツシは弾切れを待つ戦法へ切り替える!

 振り子のような動きといい、しなやかなフォームといい完璧じゃねーか! 

 雪合戦でも超強eeeeeeeeeeeee!

ケンケン『膠着状態に陥ってンなぁ……』

まりお『大丈夫かよあっちゃん、じっとしていられる天気でもなくなってきたぜ!』

イメージ 26

 ちゃっかり室内に退避した二人の心配する通り、止まった途端、寒さに震えだすあっちゃん!
 そこに、なんと坂本が「何か」を投げ込んだでは無いか!
 もう大体分かるね!

 なんたって、誰かが震えているとき、坂本が「何か」しないハズがないですもんね!

アツシ『何を詰めやがった…!? か、やく…!? 奴め爆弾こさえやがった!』

『不味い、このままじゃシェルターもろとも木っ端微塵だッ!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 ホント、学ランは便利なアイテムだぜ!

約束された奇襲の果てに
 実は、坂本は全身カイロでフルアーマーしており、その一つを、あっちゃんに投げて寄越したのだ…!
 雪をも溶かす、イキな高温タイプって奴ですぜ!
 熱ィ!

 やれやれ、遠目から見ても寒そうでしたので、おすそ分けさせて頂きました!

 びっしりと!
 だが、坂本の気遣いは裏目出てしまう。

 気遣われた、勝負にすらなってなかったと、アツシは格の違いを思い知らされてしまったのだ。

 優しさは凶器ッ!

アツシ『何が対等だ…! ハナから、相手にされてねェじゃんよ…!』

カフカ深瀬さん『可哀想に―――』

イメージ 33

イメージ 34

 熱い悔し涙を流すアツシに、忍び寄る温かそうな服装をした深瀬さん!
 おそらく、敗北も想定内だったのだろう
 次の一言は――――

 そんな風に傷付く事もなかったろうに…、坂本君が、いなければ

 いよいよ直接的になってきた! 

坂本君『そう、急かしなさんな。直にリフォーム完了しますから』

すっとこどっこいズ『ふわぁ…、一年も、もう終わりか…』『そうだなぁ…』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 計算され尽くした空間…、これぞ花鳥風月! ふーちゃん、この作品は!?

委員長、かく語れり
 早くも三学期終わり間近、隠し撮り専門から転じ、すっかりクラスの写真家さんとなった委員長は
 これまで、様々な場面で撮ってきた想い出を語る
 思い出もスタリッシュ!

 きゃあ! なにこれ、アクロバティック・セクシー! これどこで撮影したの!? ラスベガス?

 梅雨の傘たてでは生け花し
 マラソン大会では、折り返し地点でポール・ダンスした事も…!

 画面外でもスタリッシュだった坂本君! いちいち、クラスのリアクションもおかしい!

 こんなの、絶対おかしいYO!

『焼き増ししてェー!』『あたしもーーー!』

イメージ 49

 そして、しれっと「焼き増し希望」に手を挙げ、自重するあっちゃん!
 その憧れ、既に無意識レベル!
 制御「不」能!

ケンケン『あっちゃん、ここに居たか! バリバリ最強緊急集会だ!』

『場所はいつものアジトに集合だ!』

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 アジトって、ケンケンのノリが完全に小学生だよ!

深瀬サンは動かない
 一方、「日数不足」で留年が決まった深瀬さんが、本当はIQ180の天才児だった事が語られる
 つまり彼は、卒業“しない”のだ
 何故か?

 いいか、お前ら。それがしょうもなくとも正しくなくとも良い、たった一つ、ブレねえ何かを持っていろ。

 何かを察する8823.
 彼は、深瀬が当分卒業しないと考え、彼への警戒を新たにする。

 さすが子沢山兄妹の長兄、見事な気配りである!

 しかし――――

藤田恵『坂本君にフォーカスを当てたのは、これくらいかなあ?』

『(ウチに腐るくらいあるけど…)』

イメージ 55

 一方、隠し撮りの女王、心の声が洒落になってなかった!
 デジカメって便利!

瀬良『お、臨海学校の写真? ハハ、この時の俺の腹、だらしなすぎッショ!』

モブ『いや、いつもと同じだよ……』

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

 久保田君、臨海学校では地元の海女さんと勘違いされたそうな。違和感なさすぎィ!

1-2メモリー
 また、坂本君の水着姿も話題となるが、臨海学校のときは海に飛び込んだっきりだったそうで
 水中カメラがなかった事が、悔やまれるのだった…!
 が

 映っている…、ビーナスが、誕生してるゥーーーーーーーーーーッ!?

 実は映ってた!
 遠近法で面白写真と化していた坂本君!

 いずれにせよ誰もが、やらかしたすっとこどっこいズ含む誰もが思うのが、“楽しかった”って事だ…!

 そりゃそうさ!

元イケメン瀬良『俺、このクラスで良かったのかもしンない…』

イメージ 71

 まとめの台詞が、「お前どう考えても人生踏み外しただろ!」って、瀬良なのは笑えますが
 彼は、“注目されたい”って気持ちは一貫してますし
 転向して正解だったのか…

 いや、やっぱり人生踏み外した気がするけど、それはそれとして!

『私も』『坂本君と同じクラスになれて良かった……』

『二年も、同じクラスになれたら良いな……』

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

 いくら飛び続けても、月には届くはず無いのに飛び続ける……、哀れな虫さ。

あっちゃん原点回帰
 同じくアツシも、元々は不良だったのに、坂本への対抗意識からいつしか「普通」になっていた
 深瀬は誘う、“自分”を取り戻すべきだと
 舞台は卒業式

 坂本…、消えてくれ!

 金属バット!
 つまり坂本への憧れが、君を狂わせたのだと。

 深瀬の提案するたった一つの冴えてないやり方、“不良”への返り咲きを図るアツシ!

 チキショウ、先輩さすがの年の功だ!

次回最終回、さよなら坂本君

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

 カッコイイ不良、本来の路線に立ち返ってしまったあっちゃんの行方は…?

ヘイ空気なんて読むなよ!
 前回のハイテンションな予告からは想像もつかない、あっちゃんダークトーンな最終回へ!
 でもあっちゃん、「対等でいたい」って気持ちは大切だ!
 他の子みたいに諦めない!

 久保田君の独白、「来年も」というクラスメイトの台詞、坂本君との別れを示唆する最終回とは…?

 予想もつかない展開の連続で
 一貫して、坂本は「気遣いの鬼」「常に本気」「学生」を貫いた本作、最終話に何が起こるのか!

 次回、第12話「さよなら坂本君」