GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『七つの大罪 21巻』感想、“茶番”終了? 事態、風雲急!!:鈴木央

 英雄と姫様と豚の旅路を描く、バトルファンジー 2014年、14巻相当までアニメ化。

  “イメージだ”と思っても良い表情だった! エスカノールが、マーリンに抱く思い

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 アーサー王キャメロット陥落や、“ゴウセルの正体”が王国に伝播するなど風雲急を告げる中
 祭りを終わらせた、エスカノールの一撃が熱かった!
 そっちかよ!

 

 またギルサンダーの父、ある意味“本作の発端”にいる前聖騎士長に、生存が示唆…!?

 

メリオダスの罪!
 次巻は、妖精&巨人の始祖とのガチな戦いと、メリオダス離反の理由が!
 一気に話が動くっぽい。

 

 エスカノールの境遇も語られ、傲慢なのは、自分を卑下する裏返しなのかなーみたいな面も…?

  現代の「妖精&巨人トップ」コンビ、始祖のコピーに挑む!

イメージ 5

 コピー相手に辛勝、やっぱり初代の強さは別格なのね

 

キャメロット陥落
 妖精と巨人の始祖にして十戒のニ柱、グロールとグロキシニアの主催するバイセル大喧嘩祭りは
 キングとディアンヌゴウセルエスカノールらの絆を深めつつ
 唐突に幕引きの一撃が下る

 

 人の心を弄ぶ二体の十戒に、エスカノールが不意に一撃を喰らわしたのだ!

 

 一方アーサー王の「キャメロット」が陥落
 リオネス北部でも、大小の町と村が瞬く間に壊滅、事態は悪化の一途を辿っていた。

 

 対し、ゴウセルを“十戒”と知ったリオネス王弟デンゼルは、彼を討伐するよう王国に呼びかける。

  アーサー王の「キャメロット」陥落す

イメージ 1

 この忙しい時に、実力派の王弟・デンゼル叔父様がゴウセル退治に始動!
 今回、ゴウセルは間違いなく“成長”したはず
 その折に…?

 

 結局、ドレファスに殺されたかと思われた「誘惑使い」など、デンゼル隊も全員健在の模様。

 

 ベロニカ姫も合流、デンゼル叔父貴の表情も和らぎましたね。

  “物語の発端”、生存か?

イメージ 6

 何故か亡霊が現れない事から、ギルサンダーの父、前聖騎士長に生存の可能性が。
 元々、彼が暗殺され、その罪を着せられたことで
 七つの大罪は悪人扱いに

 

 もしや殺されたフリをする事で、大罪を追い込もうとしたのか?

 

 ホント、どんなヒトなんでしょうね。

  メリオダスエスカノールを信じろ…、バン!』

イメージ 7

 エスカノールの異常な強さも、何らかの“呪い”と判明しましたが、一体その正体とは?
 十戒をも一蹴、与えられた力だとすれば
 相当に異常です

 

 彼を逃がした女性「ローザ」、彼女が何かの鍵を握るのでしょうか?

 

 そもそも、彼女こそ呪いの張本人だったりして?

  収録

イメージ 8

 巻末では新たにコンビとなったギーラ&ベロニカ姫のエピソードも。

 

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 21巻」。鈴木央
 週刊少年マガジン連載、講談社発行。
 2016年6月(前巻2016年2月)

 

収録
 第163話「王女と聖女」
 第164話「譲らぬ者共」
 第165話「ちぐはぐラバーズ」
 第166話「そこに芽吹くもの」
 第167話「キミの中の大切な」
 第168話「<十戒>殲滅作戦」
 第169話「伝説の最弱聖騎士」
 第170話「その光は誰が為に」
 番外編「ハダカのココロ」
 読者投稿イラストコーナー