GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『かくしごと 1巻』感想、漫画家の漫画。コメント欄がいちいち自嘲しすぎです先生!!:久米田康治

 愛娘にバレないよう隠し続ける、「漫画家」の漫画。

    隠し事は、描く仕事でした。カラーページでネタバレしてるよ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 前作の「せっかち伯爵」は何となくスルーしましたが、アニメPVに釣られて買ってしまいました。
 面白いです、久米田先生の自虐テイストが溢れまくってて面白いです
 半笑いだけじゃなくて爆笑もします

 

 PVにも使われたカラーページって、“18歳になった姫”だったんですね!

 

隠さなくても良いのに
 巻末には、続き部分が収録されており、劇中で住んでいる家が売却されてるショッキングなラスト
 18歳までバレない、という事も確定なんですね

 

 もちろん、本作の面白いところは先生の変なテンションなので、バレないと分かっても全く問題ないんですが!

    アニメPVも制作

イメージ 12

イメージ 13

 動画URLはこちら https://www.youtube.com/watch?v=9fahIu3T7xw

 

姫、18歳
 巻頭と巻末にはカラーページが収録、PV見たときは、「ファンが押しかけてくる」内容かと思いましたが
 18歳になった姫が、父の隠し場所に辿り着く話
 10歳だから、8年後なのね。

 

 隠し場所はすっかり荒れ果ててますが、何があったんでしょうね?

 

 一話完結ギャグですが、何があったのか気になります。

    唐突な藤田和日郎(先生)!

イメージ 6

 ご存知「うしおととら」の富士鷹ジュビロ先生!

 

漫画家漫画
 この手は、島本和彦先生の「吼えろペン」が真っ先に連想されるんですが、こっちにも出ちゃったよ!
 ダークファンタジーを描きたいと思い立ち
 会いに行った漫豪!

 

 すごいピカピカに美化しつつも、「昔は売れてたろ」から入る仲の良さ!

 

 漫画の柱部分では
 きっちり、先生の新作をアピールするなど抜け目なくて笑えました。扱いはともかく!

    ページ間には、先生と姫を除く、各キャラの自己紹介が収録

イメージ 5

 娘の担任教師が「ファンです」って、良いんだか悪いんだか!
 ネタが古い!

 

    なんか「似てる子」がポロポロ出ると思ったら

イメージ 7

 お遊び要素か、「さよなら絶望先生」時代のキャラと、そっくりな子供たちもポロポロ登場
 登場したと思ったら、集結した上に名前まで!
 良かった、別人だった!

 

 てっきりアレ? 彼女達の子供時代なの?とか思っちゃいましたよ、ハハッ!

 

※或いは、全員苗字が同じとか。

    結局、そこに帰結する

イメージ 8

 結局、セルフ軟禁事件になってしまった「鎌倉病」事件、怒涛のオチがちょっと好きです。
 後、過激派と誤解されたエピソードも笑えました
 笑えましたが

 

 一番笑えたのは、「過激派と誤解された話」が、ほぼ事実というオチ!

 

 オチというかお馴染みの懺悔ページ。
 実話かよ!

 

 各話のあとがきっぽい自嘲が添えられており、なんかもう笑うしかないエピソードばかりでした

    しかし、「お母さん」って……?

イメージ 9

 劇中何度も言及されるも出てこないお母さん、死んだような感じで描かれてるので
 そのうち、笑って出てくるんでしょう
 先生は泣くんでしょう

 

 きちっと残されていた娘の衣装、先生は何を思ったのでしょうか?

 

 こういうところで、時折ぐいっと話を引っ張っているので、どうしても先が気になってしまいます。

    帯問題

イメージ 10

 後、「昔は帯が付くのは名誉だったけど、今は付いてるのがフツーだよね」という話も。
 むしろ、帯がないと不安になるくらいなんですよね
 どうなんでしょう

 

 なお同じ講談社で、帯が付かなくなってしばらくしたアニメ化が決定した作品も。

 

 たまに予想もしない人からの応援文で、笑える事もありますよね。

    どんどん惚れるよ!

イメージ 11

 アイドル志望の子に惚れられたと思ったら、次の回では、無限増殖する勢いで惚れられる!
 天丼チックな流れ、ミョーに好きです
 そんで姫に癒されます

 

 じゃあ「しゃっきん」はどこの筋肉?

 

 ふところかなぁ
 と、とっさに返せる人って素敵だなあと思いました。

    収録

イメージ 1

 毎回の扉絵が、どことなくノスタルジーがあって好きです。

 

 講談社コミックスマガジン「かくしごと 1巻」。久米田康治
 月刊少年マガジン連載、講談社発行。
 2016年6月

 

収録
 かくしごと
 ひめごと
 ねがいごと
 なやみごと
 たずねびと
 etc

 

 カバー下あり。