GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『東京喰種:re 7巻』感想。再会、血縁、敵! 一気に物語が動いた!?:石田スイ

 人を喰う怪物「喰種」が闊歩する世界を描く、東京喰種の直接の続編(アニメ2期からでも良)。

“カネキ”の孤独な戦い! ヒデ、お前そんな事になってたのか……

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 色々明かされすぎて頭がパンクしそうですが、最後の最後、ヒデのかっこよさが全部持ってった!
 カネキ、前巻の時点でブッ壊れたのかと思ったら
 真逆だったのね…。

 聴こえるまで言ってやる―――、かっこ悪くても、いきろ。

俺を喰え
 ラスト、唐突にヒデと日常会話し始めて笑える辺り、本作らしいなあとも思いました。
 董香、ヒナミとも再会したし…

 でも何より、六月が心配すぎるというか、このままじゃ無惨すぎるぞ、あの子……。そらウリ坊も心配するわ!

CCGを裏から管理し、人類をも手玉に取る“喰種”組織、V?

イメージ 4

 全ての黒幕は喰種、彼らを打倒する隻眼の王って…? カネキの事?

エトの暴露
 11月、CCGはアオギリ掃討に出るが、エトの告白で「喰種の人間性」が世間に知られてしまった上
 CCG指導者、和修一族が“喰種に仕えている”と暴露され
 士気は非情に怪しかった

 一方混乱に乗じ、捨て身の覚悟でヒナミを助けようとしたカネキは、董香たちと再会

 彼女らの為に戦うカネキは
 やがて肉体が変異し、赫子を纏った異形の姿へと変質する。

ラスボス組織「V」

イメージ 13

 Vは喰種で、「月山財閥」などの“敵”をでっち上げ、自分達への追及をそらしてきたらしい
 CCGも、実は彼らの手駒だった…
 皮肉ですねえ

 店長も若い頃に所属し、妻ウキナは「V」を探る為に近付いた、ともエトは語る。

 さて、本当にそれだけなのか…?

瓜江くん、六月を心配しすぎ問題

イメージ 5

 かっこつけて何考えてんの!

六月トオル
 オマケで、「六月がジューゾー班に出向して以来、ずっと心配してた」という瓜江くんの裏話も
 瓜江、ハイセのオカン属性が移ってますね…
 心配しすぎ!

 ガ、当の六月はトルソーにより四肢を切断、父にも虐待されていたと判明―――。

 運命なんだ
 と、受け入れる六月っちゃんが悲しすぎる…

 瓜江は白馬の王子になれるのか、何より手足を失った六月に、明るい未来なんてあるのか…?

有馬特等、ハイセをめちゃくちゃ可愛がる

イメージ 6

 本巻中盤からは、有馬によるカネキフルボッコ祭り状態と化してましたが
 内心、めちゃくちゃ心配してて悲しい
 有馬さん…

 お前の目は死人のそれだ、死人に、俺は殺せない

 玉砕覚悟のカネキ
 それじゃダメだ、生き残れるビジョンを想像しろという有馬さんの底知れぬ優しさ!

 容赦のなさ! 

「表返る」カネキ・ケン

イメージ 8

イメージ 7

 ヒナミに一切接触しなくなったのは、本心を悟らせない為だったワケね。

カネキの葛藤
 前巻でキレたと思ったら、「ヒナミ達を助けたい」と、内心でふっ切れていたと判明するカネキ!
 事件以降、副官になってた“旧多”の野郎に至っては
 葛藤を楽しんでたらしい

 ヒナミがまず真っ先に怒ったのも、良くも悪くも彼女らしかったですね!

 立派になっちゃって!
 アオギリでも、絢都がずっと気にかけてたらしい。

カネキ、あとでね

イメージ 12

 待望の再会を果たしたカネキ、しかし、エトを喰った影響かえらいことになり始めており
 この後、一体どうなってしまうのか

 多分、エトの育ての親「ノロ」が怪物になったのと、同様の状況?

 これを乗り越えれば
 カネキが、「隻眼の王」になるのでしょうか?

 CCGに対して、“隻眼の王は、お前らの腹の中だ”って、エトは言ってますし。

実は、「母」を有馬に殺されていた董香姉弟

イメージ 9

 こちらも久々の再会、董香は、弟・絢都がアオギリで「姉を守ろう」としてたと悟っており
 そんな「義務感」じゃなく、自分に素直になりなさい 
 ヒナミを助けなさいと促す

 男の子だから、ねーちゃんを守るのは自分だ、みたいに思ってたんでしょうか。

 董香ちゃんも立派になったなぁ…。

次こそ―――、守るぞ、俺は

イメージ 11

 直後、カネキに救われてホッとした!

見守るだけで良い
 そして董香たちの「母」、一時期、凶暴喰種として暴れまわった「姉さん」はヨモさんの実姉
 ヨモさん、二人の叔父さんだったのね。
 まさかの血縁

 暴れたツケが回り、姉は有馬の手により討伐、おそらく「フクロウ」に改造

 やけに気遣うと思ったら、そんな過去があったのか…。 

収録

イメージ 10

 大活躍だったサイコ野郎の旧多、実は“和修一族”ってどういう事……?

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 7巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2016年6月(前巻2016年3月)

収録
 64:喰う腑
 65:重歩
 66:古き護り
 67:器移
 68:Sのそれ
 69:施浄
 70:カミナリウサギ
 71:望苦
 72:失神と伝導
 73:花
 74:EF
 75:Kの卵

 巻末オマケ四コマ「四方叔父さんの胸中」ほか収録

関連記事

 東京喰種:re 1巻
 東京喰種:re 2巻
 東京喰種:re 3巻
 東京喰種:re 4巻
 東京喰種:re 5巻
 東京喰種:re 6巻