GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『HGCE フォースインパルスガンダム』ランナー、ファン評価真っ二つの“主役機”! 戦後条約の申し子って奴だ!!:ガンダムSEED DESTINY

機体とパイロットの評価はともかく、キットは実にREVIVE! 色分けすげえ!!

イメージ 23

イメージ 2

 あんたは俺が討つんだ! 今日、ここで!!

HGCE-198 フォースインパルスガンダム
 完全新規金型、放映当時のキットから、待望の「REVIVE」枠で最新HG化! 圧倒的な可動の進歩!!
 ただ、印象的な「エクスカリバー」は今回は付属せず
 ソード版が待たれる!

 前期主役機、フリーダムガンダムキラ・ヤマトに挑み、彼を倒した逸話から賛否両論な主役機!

 ブラスト版はプレバン限定に
 そうした、別タイプを想定したランナーになっています。

 関節はもちろんPC-002と軟質樹脂併用、変形も、差し替えによって再現されています。

 手首は指+甲の簡易タイプ。

「戦後条約」を前提に開発された、ザフト、セカンドステージの一機

イメージ 14

イメージ 3

 他の「換装型」と一番違うのは、戦場での即時換装が可能である、という事。

ZGMF-X56Sインパルスガンダム
 戦後、「核禁止」「保有MS数上限」など、激化に歯止めをかけるべく条約が締結されました
 対し本機は、母艦からの送電で、核に代わる無制限な動力を
 分離機構も条約対策

 本機は「MSじゃなくて航宙機だ」と主張する事で、MS数を増やそうとしたのです。

 戦闘中の換装という機能も
 MS単機の性能を上げ、少数のエースを最大限に活用する機体と言えます

 また損傷しても、即座の戦線復帰が可能。

 本機は、“少数のエースが戦局を変えた”前大戦への、答えのひとつでもあったのではないでしょうか

本体の色分けはほぼ完璧、ツインアイもクリアパーツ成型!

イメージ 4

 しかし、背部フォースシルエット主翼は「真っ黒」で、赤い部分はシールで補います。
 下方二枚の尾翼は、ちゃんと赤で成型。

ランナーA1

イメージ 5

イメージ 6

 A1,ホワイト
 A2,同上

 グレー感が強い、主役機らしからぬ白。
 A2は、余計な部品をそぎ落とした、「二個作る」パーツのランナー。

ランナーB1、B2

イメージ 7

イメージ 8

 B1、軟質グレー
 B2、同上

 これも「二個作る」為にスイッチで除外。
 シールドは、差し替えによって、「格納」「展開」形態を再現。

 同じザフト製なので、本機以下「セカンドステージ」は、フリーダムのライフルの発展型を装備。

ランナーC1

イメージ 9

 C1、ブルー

 注目は胸部、穴だらけになっており、黄色やパープルを別パーツ化して再現!

ランナーC2

イメージ 10

 C2、ライトパープル

 本キットの特色、腰アーマー下方、両肩のパープルを成型色で再現!

ランナーD1

イメージ 11

 D1、レッド

 ランナー「D2」は、派生キットに存在するんでしょうね。

ランナーE

イメージ 12

 問題の主翼、赤い部分はシールで補う事に。

ランナーF1、F2、ポリキャップ

イメージ 13

 F1、イエロー
 F2、クリアグリーン
 SB-13ビームサーベル
 PC-002

 金型共有の別色ランナー
 ツインアイもクリアパーツ化され、シールは上に貼るか、下に貼ってクリア部を活かすか選択性に。

 主役機らしい豪華さ!

「シール反映」の未塗装サンプルでは

イメージ 15

イメージ 16

■付属品
 高エネルギービームライフル×1、機動防盾×1
 ヴァジュラビームサーベル×2、コアスプレンダー×1、シルエットフライヤー×1

■商品内容
 成形品×12、ホイルシール×1、組立説明書×1
 電撃ホビーweb ガンプラジャーナル6月号より http://hobby.dengeki.com/news/208225/

REVIVE
 HGUCギャンといい、RG化されてない、「久々のキット化」となるとテンションが上がりますね!
 色分けは、フォースシルエットが目立ちます
 そこだけシール多め

 というのも、「この部分を切り替えて」派生キットを出すので、コストのかけ方が違うんでしょうね

 他の形態では、いらないパーツですものねー。

新旧主人公対決を実現した、“機動戦士ガンダムSEED DESTINY”主役機!

イメージ 22

イメージ 18

 換装パーツの使い捨て、分離機構を最大限に活かし、フリーダムとの戦いを制した。

「衝撃」のガンダム
 特にフリーダム撃墜事件での戦法、勝利で、良くも悪くもその名を轟かした「戦後」モビルスーツ
 その戦法、パーツを使い捨てながら前進する事によって
 キラ・ヤマトの弱点を突いた

 キラは「相手を可能な限り殺さない」ように、手足の破壊などを優先していたからだ。

 破損した部位を即座に補充
 その「再生」戦術は、フリーダムの兄弟機“リジェネレイト”を髣髴とさせる。

 開発意図にあったかはともかく、ザフトを悩ませたフリーダム、その対抗機として大きな活躍を残した。

※なおキラさんは迷ってたとかどうとか。

条約に縛られながらも、「万能」を目指した機体

イメージ 1

イメージ 17

 たぐると、「大戦期」の機体をしっかり引き継いでいるんですよね。 

究極の万能機
 分離は条約回避の為の機構だが、「一つの中枢機で、無数の子機を統括する機体」には前例がある
 これも大戦期、ザフトが開発した“プロヴィデンスガンダム”と
 そのドラグーンシステムだ

 最終的には「子機」をドラグーンで無線制御し、より有機的に換装を行う構想もあった

 ともあれ一機に詰め込むのではなく
 状況に応じ、最適の特化機へと換装するインパルスは、パイロットへの負担が非常に大きい。

 少数のエースが猛威を振るった、前大戦を連想させる機体とも言える。

「機体換装」とかいう無駄システム

イメージ 19

 結局「ザク」の路線で良いじゃん!という結論

人と技術と
 しかし、「万能」には、パイロットも白兵戦から砲撃戦まであらゆる達人である必要があり
 結局、“パイロットの得意分野”で戦う事が優先されるなら
 単なる「換装型」で良かった

 戦闘中に換装できる利点が活かせなければ、コスト、機体構造の無駄とも言える。

 ストライクやザク
 ああした、よりシンプルな換装機構で良かったのだと。

 もちろん「戦闘機と言い張る」事での、機体保有数の誤魔化しも利点であるのだが。

「万能」へのアプローチ

イメージ 21

イメージ 20

 インパルスは、「条約」で縛られた機体だったが―――

デスティニーガンダム
 ストライク同様、「全シルエットを兼ね備える」計画で、デスティニーインパルスも試作されたが
 換装の必要が希薄になる上、換装機構に伴う精密な機体構造に
 重武装化は負担が大きすぎた。

 エネルギー問題もあり、「核動力搭載」も含めた、一切の制約のない新型へと開発は舵を切る事となる。

 デュランダル議長肝煎りの新型
 シン・アスカ搭乗を前提に、「デスティニーガンダム」開発はスタートするのだった。

 インパルス開発は、ザフトに様々な技術を考えさせたと言える。

一人のパイロットに、多数のメカニックを御させる

イメージ 24

 画像は電撃ホビーwebよりhttp://hobby.dengeki.com/reviews/205843/

無人機構想
 また、ドラグーンとはまた別に、教育型の人工知能による「無人機」開発も計画されており
 インパルスの派生、デスティニーインパルスRの随伴機として
 DIアダガが誕生している

 これは、軍で開発中止となった「デスティニーインパルス」を、民間企業が受け継いだ計画で生まれた

 頭部と「無人機」である以外、デスティニーインパルスRと同一で
 まず有人機として運用されている。