GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ばらかもん 13巻』感想、帰省と出会いと大きな決意! “東京に、戻ってきてくれるか?”:ヨシノサツキ

 事情があって、田舎に住むことになった残念な青年のトラブル日常譚。2014年アニメ化。

先生&なる、in東京! まさかの対面、そして決意! 先生、そりゃ無謀だ!?

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 自他とも認める「お手本のような字」を得意とし、父に憧れ、父に“倣って”書いてきた先生の決意巻!
 少子化のご時勢、無謀な結論にビビる他ありませんが
 先生、この後どうなるの!?

 書道家青年半田清、“清”自身で下した決断が尊い! だが現実との折り合いは…!?

廃校問題!
 ここで、「高校もなくなる子供不足の島」、という話が絡んでくるのもおおって感じだった!
 書道家をやめ、五島で“書道の先生”を目指す!

 先生らしい無謀な決断、まさかの対面「お見合いの人」も可愛かった!

何かを選ぶということは、何かを捨てるということだ

イメージ 7

 まさかの「お見合い」さん!

らしさ
 なるを連れて帰省した清は、川藤の父・桐恵にコキ使われる中、「お見合い相手」、譲と対面
 彼女自身、周囲が先走ったからなんですと謝られ
 仲良くなっていく

 そんな清は、父の仕事や、新人書道家の個展を手伝う中、一つの答えを得た。

 これは「自分」とは違う気がする
 では、自分は何だとなるに問い、得たのは「先生になる」という事。

 自分は書道家より、他人に教える「書道の先生」に向いている、清の結論を父は支持してくれるが――――。

川藤パパ、今巻ひたすら男前

イメージ 6

 手を貸してあげたいと思わせる人は大成する、先生も「放っておけない人」ですが…?

川藤八面六臂!
 東京編、せっかく帰省したのにあれこれ肉体労働させられ、「サポート役」の苦労を知る清舟。
 頻繁にふて腐れる彼も、多くのヒトに支えられてる
 ホント良い教師

 それに、実は「大半田」と呼んでいいくらい、見た目に反してダメ人間な父!

 彼が芸術家やれてるのも、桐恵さんあってなのね。

実はめっちゃ痩せてた「お見合いの人」、すごくかわいい

イメージ 1

イメージ 9

 元々デブで、そんな自分が嫌いだったのか、めちゃくちゃネガティブ思考という変人。

ホッとしますね…
 だが実際に先生と会わせてみると、めちゃくちゃ素朴で、凄く先生の嫁にピッタリだと判明。
 変なところで、プロ意識が強いのも先生と似てて
 お似合いの美人であった

 でも、彼女と出会って「イヤな気分だ」と、なるが言い出す場面も。

 父親を取られる気分なのか
 それとも、やっぱり無自覚な恋心なんでしょうか?

 イヤ、ホントわからんわ

「大半田」こと、父親も歳の差カップルですしねえ

イメージ 8

 本作も大胆に新展開に入りましたが、最後の最後は、なると結婚して終わったりするんでしょうか?
 歳の差がありすぎて、お嬢と引っ付くほうが妥当ですが
 この子、良い子すぎて…。

 半田先生と結婚一歩手前まで行っても、彼の為に身を引くと思えてならぬ!

 そういう子だからこそ、くっ付いて欲しい気もね!!

ビッグ半田お父さん、今巻大活躍!

イメージ 10

 一見渋くて厳格なヒトなんですが、実は息子に甘く、その事が解りくいという難儀な人。
 かつ、仕事に詰まって部屋から出てこなかったり
 夜中に冷蔵庫漁ったり

 いやホント、この人ってば先生のお父さんとしか言いようがないわ!

 ラスト、寂しそうな姿も印象的です。

キミは…、その字が素晴らしいと思うか?

イメージ 12

 冷酷な一言。

「半田清明」の仕事
 今回、書道家を辞めると言い出した清さんですが、このシーンもすごく大きいんですよね
 自分には、こんな仕事は出来ない
 それが解った

 でも、もちろん清さんにも、清さんの「仕事スタイル」は絶対あるはず!

 お手本の字を書くだけじゃない
 清さんだって、色んな型破りをしてきた、彼だって立派に「書道家」だと思えてなりません。

 絶対、書道家を目指したほうが良いと思うんですが――――。

川藤、何を思う

イメージ 13

 清さんが書道家を止める」と言い出してからの一連の流れ、川藤の態度が気になります。
 まず、清さんが“ここまで来れた”のも一人の力じゃない
 川藤が居た

 彼が何も言わず、それこそ掛け軸を整えたり、何もかもやってくれていた。

 彼を裏切る格好じゃないでしょうか
 でも一方で、「あの半田が、自分の力でやってみたいと言い出した」のが嬉しくもあるのかなと

 この時、何を考えてたのかが気になりますホント。

「書道教室の先生」を目指す半田清、しかし――――

イメージ 5

 仮に大人達まで入校してくれたとしても…、「字をキレイに書く」のは大人にも需要があるはず! 
 それでも、絶対的に人が少なすぎる
 自立とは程遠い?

 高校がなくなるくらい人が居ない島、しかも書道教

 電気代などの多少の現金があれば、後は現物支給でも生きていけそうですが…?

収録

イメージ 11

 スピンオフはんだくん」のキャラ、ダッシュ東野がまさかの登場! 輝いてるぜ!!

 ガンガンコミックオンライン「ばらかもん 13巻」。ヨシノサツキ
 ガンガンONLINE連載、エニックス出版
 2016年3月(前巻2015年5月)

収録
 Act94「東京に行くよ!」
 Act95「手伝い」
 Act96「動物園」
 Act97「康介はひまそんしちょっ」
 Act98「父の仕事を見る」
 Act99「帰る?」
 Act100「こるかる」