GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『マクロスΔ 第11話』感想、冷血男の熱い真意。決戦の“遺跡”、シグルヴァレンスすげえ!?:追憶 ジェリーフィッシュ

 距離を取ろうとしてたのかもな…、暴走した時、トドメをさせなくなるかもって……。

雪の星より現れた“遺跡艦”、死して明かされたメッサーの真意、“正体”が熱い!

イメージ 75

イメージ 71

 前半は「遺跡」の本体がワクワクする程カッコよく、後半は、メッサーの背中が気遣ってたと知らされた!
 普段の冷徹さが、全部、隊を思う気持ちの裏返しだったとか
 どんだけ熱い人なんだよ!

 私の歌を、大切に思ってくれる人が居る…、だから私は歌うわ、誰よりも強く!

舞台は「一話目の星」へ!
 ここで原点回帰! ウィンダミア勢の高揚と、ケイオス勢の悲しみと決意がギャップで好きだ!
 タイヤ引いてる場合じゃなかった!

 タイトルがラグナ星の風習というのも、意外だし納得だった!

ミラージュ『“帰ってきた”って…、メッサー中尉』

イメージ 5

 そうか…、棺でか……。

決戦の星団
 死んだメッサーに「くらげ送り」で祈る中、ハヤテ、カナメは、今度こそ強くなってやろうと決意!
 彼の遺品から、メッサーが自分たちに気を配っていたと知るハヤテ
 彼の思いに応えようとするカナメ

 一方、美雲とフレイアを危惧したウィンダミア王は、全軍を動員し決戦に出た!

 後たった二つ
 ラグナ、アルシャハルが陥落すれば星団全域がヴァール圏と化すのだ。

 稼動可能となったウィンダミア遺跡の本体、“シグルヴァレンス”を移動要塞化し、アルシャハルに侵攻する

 次回、第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」。

マキナ『…本当に見えたの?』

フレイア『歌ってたら、急に変な景色が……、ぶっちゃ、怖かった…』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 死は最大の不幸、しかし、これだけ想われるのは幸せな事です。メッサー君……。

「歌い手」との遭遇
 冒頭、“帰ってきた”の一言に沸き立ちましたが、そうですよね、お棺ってそう言いますよねっていう…。
 また前回、垣間見えた風景は“意識を覗かれた”らしい
 共鳴

 カナメさん…、その、大丈夫ですか? 休まなくて……。

 メンタル・ハッカー現象
 フレイアと美雲、見せられた「風景」はやはり謎、あれ王子様の記憶なんでしょうか?

 その解析に自ら望んで追われるカナメ、消沈したアラド隊長…。

 メッサーの傷痕は大きい…。

ハヤテ『―――狙ったんだ…、白騎士……ッ!』

イメージ 12

 また、整備中のメッサー機、何事かと思えば「正確に心臓を射抜かれた」事が判明。
 誰もが、偶然だろうと思い込みたがりますが
 ハヤテは確信

 なるほど、それであそこまで勢い良くビチャって……。

 しかしどうやって…?

ヘルマン『無理もない、それほど激しく、見事な立ち合いだったからな…』

ボーグ『―――ハッ、あんなの、キース様の足元にも及びませんでしたよっ!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 お前に、あれほどの風が吹かせられるか? 白騎士、カッコイイよ……。

キング・オブ・ウィンド
 メッサーに敬意を払う白騎士、また“共鳴”で、何かが燃え落ちたフレイアの過去や
 美雲の過去、“壮大な銀河を幻視した”王子は震える
 流石美雲!

 ワルキューレとやらがそれ程の力を持つのであれば、我らも相応の覚悟であたらねばならぬ…!

 なんてこった!
 あの共鳴は、瀕死の王に危機感を抱かせる結果に。

 王子を気遣うロイド司令では決断は下せないと、“先代白騎士”が出陣を決意!

 この状況で決戦!?

王『これより、全軍の指揮は私が執る!』

イメージ 19

 燃える王、王子を気遣った結果、恩人を死地に赴かせることになったと唇をかむロイド司令…
 また遺跡技術、「シグルヴァレンス」を六割まで解明
 起動可能になったと報告

 おそらくは切り札、メッサーを失い、しかも敵には「二人の白騎士」と遺跡兵器!?

 ハヤテ達「ケイオス支部」、絶体絶命…!?

白騎士キース『お前は、大事なことを忘れている』

『我らの命は短い、という事だ―――』

イメージ 20

イメージ 21

 そして「決断できなかった」ロイド司令は、学者として、ハインツ王子に可能性を感じていると語る
 彼は遺跡を操れる、古代文明“プロトカルチャー”の王になるかも
 そんな予感がするのだと

 対し相棒として、自分たちには時間がないと諭すキース、彼なりの優しさ。

 でも技術解析できれば、或いは寿命も「時間」さえも…?

『荷物も私物も、全部処分するよう、業者に手配していったそうだ』

『用意が良いっつーか、なんつーか……』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 メッサー中尉、どこまでもキッチリした人だった…。

立ち止まる暇なんてない
 アラド隊長いわく、撃墜王メッサーの死は、「生前」よりチーム戦力を37%も下げたという。
 チームというのは、一機欠ければ連携も乱れますし…
 デカいぜ…

 私たちが、もっと強ければ、救えたかも…!

 補充を急ぐ隊長
 衝突し、尊敬した仲間の死に混乱しつつも理解はしているハヤテ。

 そんでいまどき、オモイコンダラしてるワルキューレ 宇宙とは昭和だった!?

 アイカツかよ!

アラド『では、これは!?』

艦長『ウィンダミアの、真の狙いだろう―――』

イメージ 29

 そして艦長が気付いた事実とは、“遺跡惑星”同士がリンクし、星団全体をカバーしていた事だった
 先史文明の狙いに、ウィンダミアはいち早く気付き
 軍事利用を狙ったのだ

 この惑星ラグナ、そしてアル・シャハルが奪われれば、星団80億が支配下に落ちる―――

 でも、ラグナ辺りに「二個」も遺跡星がある理由って…?

『これより我が軍は全戦力を持って、全遺跡を奪還し、制風圏を確立するッ!』

『風よ、我らに勝利を!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 ロイド司令、「学者」として至福の一時…ッ!!

シグルヴァレンス
 そして、遺跡リンクこそ「絶対制風圏」の正体! これを確立すべくウィンダミアは総力戦!!
 噂の遺跡とは、古代の“宇宙母艦”であった!
 嘘!?

 シグルヴァレンス、飛翔! 目標、アル・シャハルッ!!

 やだカッコイイ…!
 ただ古代人が、コレを作った意図とは…?

 また察するに、「遺跡リンク」は一旦完成してしまえば、歌い手も不要なのでしょうか?

 決戦の地は、“第一話の惑星”!

ハヤテ『…何やってんだよ?』

チャック『決まってンだろ、“クラゲ送り”だ!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 ラグナでは、死んだ者の魂は海に還って、光クラゲになるって言い伝えがあるんだ

おくりびと
 一方それと知らぬケイオス組は、死者は海で少しずつ癒され、帰ってくるというくらげ送りを開き
 主要クルー総出で、メッサーに祈っていた。
 宴会だ!

 だから、ちゃんとくらげになれるよう、船に乗せて送ってやるんだ…、飲んで歌って盛大にな。

 良い行事だ…。
 死者は、きっと幸せになって還ってくる。

 そしてもし自分が死者なら、残した人を不幸にしちゃ、幸せになんてなれないでしょう。

 だから、大丈夫だよってね!

チャック『はァ!? 20年物のバナナ酒!? こんな酒、どうしてェ!?』

アラド『ははっ…、いつか、メッサーと飲ろうと思ってな?』

イメージ 45

イメージ 46

 ここでブワッときたのが隊長の酒、だってホラ、メッサーさんいつも断ってたじゃないですか。
 アレって、隊長とカナメさんの邪魔をしたくなかったとか
 二人一緒を見るのが辛いとか

 色々あったと思うんですが、隊長自身は、ずっと一緒に飲みたがってたんだなって。

 だからいつか応えた時の為に
 その時は、「とっておきの酒で乾杯しよう」って思ってたのかなって。

 飲ん兵衛の隊長らしくて、少し切なかったです。

ミラージュ『中尉のこと、みんなに相談できてたら…』

フレイア『―――あたしが、けしかけるような事、言うたから…』

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 人が死んだ時、思い浮かぶのは後悔ばかり―――

時間は戻らない
 でも、やっぱり遺された面々は後悔ばかり、「ああしていれば」ばかりが浮かんでしまう。
 何より隊長は、“自分がアイツを空に戻した”と
 誰よりも悔いていた

 彼と艦長だけはメッサーのヴァール経験を知り、それでも彼の意志を汲み、強引に許可までとってやった。

 そりゃ後悔します
 でも、彼が居たからこそ皆、ここまでやってこれた。

機付き長のおやっさん『中尉の機体から、こんなものを見つけたんですが……』

『フライト・ログが出てきたもので』

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 メッサーさんも、同じやったんやね…、そうでないと、こんなに皆の事、見てないもんね……。

大好きだから無関心
 出てきたのは、ハヤテ達の飛行の難点を、事細かに書き記したメッサーの記録帳だった
 飛ぶ事が好きで、だから皆の事も良く分かってた
 見てた

 距離を取ろうとしてたのかもな…、暴走した時、トドメをさせなくなるかもって……。

 どんだけ心配してたんだよ!
 ハヤテの楽しげな姿も、フレイアの生真面目さも気に入ってた!

 憎まれ役を演じたのも、いつか自分が暴走した時、躊躇いなく撃ってくれるようにって気遣いだった!

 どんだけデカい背中なんだよ!

ハヤテ『―――そんなの…、一人で勝手に、決め付けてんじゃねえよ……!』

チャック『…送ってやろうぜ、あいつを』

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

 くらげ丸呑みなんてもうしない、絶対!

弱さを認めて強くなれ!
 送るに際し、ハヤテは「メッサーの死」にビビってた事、彼より強い奴の存在とか諸々の全てに
 ビビッてたと認め、決意を新たにする!
 越える!

 決めたぜ…、補充なんて要らねえ、メッサーの分まで俺が飛ぶッ!

 その結論は待て!
 いや確かに男前だが、それこそメッサーの存在を軽んじてるとも言えるぞ!?

 彼は憎まれ役を買ってでも「現実的」に、生還率を上げようとしてたのに、精神論じゃダメっしょ!?

 どうなの!?

美雲『あの日のメッサーは誰よりも輝いていた…、カナメ、あなたもね?』

カナメ『私の歌を、大切に思ってくれる人が居る…、私は歌うわ、誰よりも強く!』

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

 凡才を自認したカナメ、美雲とフレイアにライバル宣言!

アルシャハル侵攻
 一度はアイドルとして失敗に終わり、自分を卑下していたカナメも、今度は「戦う」事を決意!
 彼女も、フォールド因子を持ってるんですもんね!
 が

 幕をあげよ、ハインツ!

 でけえ!?
 実は、並みの宇宙戦艦に数倍する大きさだった!?

 お馴染みのウィンダミア遺跡、その本体だった、シグルヴァレンツの猛威とは……?

 陥ちたな(アルシャハルが)。

次回、「先代白騎士」ウィンダミア王、その猛威が…!?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

 ただ「制風圏」を確立しても、王子が死ねば無意味では…? 一度確立すれば、持続するって事?
 
彼らの正体
 ますます、ウィンダミアを利用する、外部組織が胡散臭くもなる壮大決戦前夜回!
 いやあ、やっぱ発掘戦艦って燃えますね!
 でけえよ!

 また、「星団全体をカバーする為」にしては、アルシャハルとラグナ、近すぎるのも気になります

 何か意味があるのか?
 そして、王は明らかにアラド隊長の知己、隊長まで死なないか心配です!

 次回、第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」