GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム『鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼』は、本編その後? “市販版”百錬改修機など、公式サイトが更新!

鉄華団が倒した“海賊機マン・ロディ”の再利用機など、公式更新!

イメージ 2

イメージ 3

 外伝公式サイトはこちら http://g-tekketsu.com/MSV/index.php

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
 現在、模型誌ホビージャパン」と漫画誌ガンダムエース」でダブル連載中の外伝、公式も更新!
 プラモ化された主役機、アスタロトの重装バージョンや
 各種のモビルスーツ等が公開!

 登場機は、ガンプラ化されている「百錬」「マン・ロディ」ベースなんだそうな。

 まだ単行本化されてませんが
 話を追って行く限り、どうも本編の少し後の時間軸っぽいですね。

 8月発売の紅いガンダムも名称判明

ガンダム・アスタロトオリジン

イメージ 4

イメージ 1

 フレームは勿論ガンダムタイプ。

オリジナル機
 名称のみ発表、アスタロトが「失った装甲を持つ別の機体」なのか、失う前の姿なのか?
 一応、型式上は同一機体だと示唆していますが
 まだ分かりません

 散っていった装甲を集め、この姿を取り戻す旅なのか、この機体を倒す旅となるのか…?

 仮に「装甲つけた別の機体」なら、ガンダムフレーム機なのか?

本編第一話を連想させる、「暗殺用モビルスーツ」というカテゴリ

イメージ 5

 誤字は気にするな! 俺はそうした!!

トリアイナ
 鉄血世界はモビルスーツ」が希少かつ最強、だからこそ、MSで護衛をぶち破って確実に殺す!
 大雑把に思えますが、MSを阻めるのはモビルスーツだけであり
 MSが貴重なのはご存知の通り

 鉄華団その母体だった、それなりの規模の傭兵会社でも持ってなかったんですから。

 問題は動力炉で識別させる事ですが
 それこそ、マフィア同士の抗争のような、司法が出てこない場所であれば有効なんでしょうね

ベースは「百錬」の市販版

イメージ 6

 本編の最終話、第一期25話で語られたところによると、鉄華団とクーデリアの活躍によって
 ギャラルホルンの権威は失墜、各勢力は「自衛」をはじめ
 莫大な利権が生まれ、ウッシッシ状態

 どうもテイワズは、さっそく“百錬”の市販版を打ち出している模様。

 治安維持の一極集中は確かに問題でしたが、結果的に、市民は余計な負担を強いられてもいるワケですね

でも「百錬」ってテイワズの看板でしょ? 売って良いの!?

イメージ 9

 現実でも「モンキーモデル」といって、販売版(輸出版)は、低性能にする事があるんだとか
 特に、冷戦時代のロシアは大胆にこれをやらかしており
 大幅にスペックダウン

 とある戦車なんか、一方的にイスラエルや米国にヤられまくり、売れなくなった逸話も。

 その後は、本国同等仕様で売るようになったとか。

三日月たちが倒した「マン・ロディ」の改修機にして、回収機!

イメージ 10

イメージ 7

イメージ 8

 グシオン用にプラモ化された「チョッパー」「ハルバード」を装備するとかいうご愛嬌。

マン・ロディ
 こちらは、本編で散々アタマとコクピットを潰しまくり、そのまま宇宙に放置した残骸の回収機!
 あの戦いは、数が多く、鉄華団の受けた人員的損失も大きかった為か
 回収する暇がなかった模様

 色が変わるだけで、結構イメージが変わるもんですね

 ちなみに「フレーム」のロディ型は、割と普及してるらしいので、改修は容易だったと思われます。