GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『銀平飯科帳 3巻』感想、大江戸食べ歩き! 絶対あたらない“フグ料理”たあ面白い!!:河合 単

 不思議な井戸で、江戸時代1820年と現代を行き来する、ちゃらんぽらんな料理人漫画。一巻感想はこちら

面白かった! 3巻は“飯科帳作り“をメインに、大江戸食べ歩き巻だった!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 ラストの急展開にビックリしましたし、すげえ心配! そんな3巻は食べ歩き&将軍巻でしたね!
 前巻から続いた、“妙に美味しい天ぷら蕎麦”の回答も面白く
 ますます面白くなってる!

 正体を隠し、銀次に同行する時の将軍・家斉様も、カッコ良かったり笑えたり素敵だった!

からづつ料理
 前後編の、絶対あたらないふぐ料理回も、まさかカワハギで代用してるとか面白い!
 これは食べてみたいな!

 相棒・蔵女史もタガが外れ、うまい連呼で微笑ましい!

「将軍だから知っていた」料理、家康公の料理法!!

イメージ 1

 安価で美味しいトロロ料理、そこにレンコンをすりいれ、味を上げるイデアも楽しかった!
 実は、家康公の料理だったというオチで
 家さんの意外な知識

 この回で、「家斉様だから」こそ、味見・解説役に適してるんだなーとも痛感しました

 庶民料理への感動だけでなく、料理知識が豊富なんですものね。

江戸料理」といえば寿司! 当時は、寿司の創成期!!

イメージ 5

 寿司回も聞いた事のない調理や、その調理への説得力が面白くて楽しかったです。
 この頃、まだ寿司が出始めたばっかりなのね
 なるほど

 この他、おでん回も食欲中枢を刺激しましたね!

 豆腐おでんで、ご飯を食べたい!

某料理漫画でも活躍した、「糠漬け」の応用編!

イメージ 6

 少し前に麹が流行りましたが、糠漬けに、野菜以外をつけるというのも結構色々あったのね
 これを応用し、なんとラードを漬け込んだ銀次
 そのアイデアは無かった!

 江戸風チャーハン、アレは意外だったし美味しそうでしたね!!

収録

イメージ 7

 しかしラストは急展開、色んな人に愛されてると伝わった家斉公、無事帰ってこれるんでしょうか…?

 小学館ビッグコミックス『銀平飯科帳 3巻』、河合 単。
 ビッグコミックスペリオール連載
 2016年6月(前巻2015年11月)