GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『坂本ですが? 第9話』感想。茂美、完結編! 恋と母性と三人娘回!!:坂本君と私の出会い/一番近くて遠い人

茂美よ、母に帰れ! これは、疾走と疾風とおっぱいが導いた母性の物語…!

イメージ 67

イメージ 73

 珍しく「秘技!」が発動しなかった茂美回! てっきり、また己の欲望に負けるのかと思いきや
 BGMにスネオED、立ち返った彼女の原点
 母性あふれる回だった! 

 ああそうだ…、本当の私は……、お母さんだった………

風速60km=おっぱいの感触
 しかし、まさかあんな方法でおっぱいを実現するとか、またも発想がハンパなかった!
 男子高校生、見境なさすぎだろ!

 お株は奪われたけど、三人娘も可愛かったし有資格者だった!!

三人娘『ここが今、最高に良い眺めとは知らずにね―――』

イメージ 2

 アツアツ肉まんを冷ますのもスタイリッシュ!

乳よ母よおっぱいよ
 年明け、委員長の藤田恵ら三人娘は、自分と坂本君の出会いを互いに語り合ったしたのだが
 意外や意外、久保田君がラスボスだった。
 で、彼が風邪引いた

 坂本君が二次元から帰還したと知った久保田茂美は、愛息に化けて校内に潜入。

 正体に気付いた坂本の機転で
 彼女は、自分は「母」なんだと気付かされ、淡い恋に別れを告げる。

 次回、第10話「魔王」「足りないもの」。

藤田恵『何か…、思い出しちゃうな。坂本君に初めて出会った日の事を』

『あれは去年の二月上旬、高校受験当日―――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 落とした消しゴムを…、勝手に使い始めちゃったの、豪快に。

坂本君と藤田さんの出会い
 いつの間にか年を越し、ふと、こんな風に寒く緊張していた入学受験の日を思い出す藤田さん。
 指が触れる間もなく拾われ、しかも勝手に使いまくられ―――
 結果!

 ぽっかぽか―――!?

 納得の摩擦力!
 って、どんだけ超高速で動かしたんだよ!?

 しかも感想に「甘酸っぱい!」は解るが、弁当の酢豚並みとか適切すぎんだろ!

 クラスの子もおかしいだろ!

みーちゃん『じゃあ私! 次、私っ!!』

イメージ 12

 なるほど、サブタイの「私と」ってのは、そういう意味か!
 てっきり茂美かと!

 オバサン扱いされてキレたみーちゃん!

みーちゃん『あれは、忘れもしない嵐の入学式……』

『生憎の大荒れの天気は、登校する新入生を蝕んでいった―――』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 お気に入りの傘が壊れ、高校生活に、暗い影を落とすには十分だった――――

一年物の、春驟雨ですね!
 今度は入学時、やたら深刻な物言いから始まったのは、「傘が壊れる」というガッカリ案件……
 だが、それすらワイングラスのように!
 ええ!? 

 そこには…、惨めとは程遠い、雨ソムリエの姿があったの――――…!

 そうかな!?
 でも、対して「ステキー!」って反応は解る!

 俺だって素敵だと思う! だが続いて「そんな資格持ってるんだー」って反応はおかしかった!

 やっぱこの子達おかしいよ!?

カナちゃん『はいっ! じゃあ最後は私っ!!』

イメージ 21

 みーちゃんの口調と、藤田さんのおかしさに圧倒された入学雨エピ!!
 そんでラストはカナちゃんさんだ!

 このカット、ちょっと作画が可愛いと思ったッ!

カナちゃん『あれは入学式前日、食堂で、教科書の受け取りに行った時の事…』

イメージ 22

 妙に気合入った表情ですが…?

カナちゃん『手提げを忘れた私は、教科書を、両手に積み上げていたの…』

『前も見えない状態で歩いていたら―――』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 私の教科書は、お姫さま抱っこされていたの―――!

お損傷はありませんか?
 事件もおかしいが、「物を大事にしよう」って、そこで得た教訓がそれなのかよ! 満たされし者!!
 さて、三人とも内心“自分の思い出が一番”と思っていた
 のだが!

 そういや入学説明会の時、ここで初めて会った時の事、覚えてる?

 真のオチは久保田!
 入学説明会、イボを隠す為に絆創膏を巻いていた

 が、うっかり落っことした彼は、坂本君に、指に嵌めて貰ったのであった――――

 結婚指輪かよ!

三者三様『『『アンタの出会いが、一番ロマンチックだよ……!』』』

イメージ 1

 人知れず、完敗するのも乙女チック!

目が節穴先生『久保田! どうした、好きな子にでも見とれとったのか?』

久保田さん『―――いやあ、たはは…、そのぉ……』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 坂本君が、こっちの世界に舞い戻ってきた……!

溢れる誤解はそのままに
 三者面談に際し、小林先生がうっかりポロッと口を滑らせた事で、茂美の情熱に火がついたッ!
 さながら熱い肉汁のように、溢れだす恋の蜃気楼!!
 が

 いけない茂美、今日の私は久保田吉伸! 坂本君のお友達……!

 自重した!
 あの、恋愛ホラー映画茂美が自重した!?

 いまだに二次元のエトランゼと誤解している茂美は、見守るだけにクラスチェンジしたのである!

 鉄の自制心、節穴のクラスメイト!!

坂本君『芳醇で、素材本来の味が出てますね…!』

みーちゃん&藤田さん『さすが…!』『味噌ムリエ……!』

イメージ 44

 坂本君、資格保持しすぎ疑惑。

坂本君『久保田君も、テイスティングしますか?』

久保田茂美くん『えっ…!?』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

 意外! それはあいなッ!! 茂美の野生を呼び覚ますッ!!

眠れる愛の獅子
 その後も、茂美は溢れる肉欲を抑え、プラトニックな「お友達」であろうと徹するのだったが……
 て、瀬良君また太った……?
 体育!

 くっそ、坂本の奴! またもダーウィンの進化論走りをしよって……!

 癖になってる!?
 体育祭、その爪あとは大きかった!!

 なのにクラスで一番速いって、このクラスに、ポンコツばかりなのかよ!?

※ただしあいなを除く。

角田先生『何ィ!? 嘘やろ、あの久保田が!?』

イメージ 54

 だが、角田先生に電流走る―――!

角田先生『あの久保田が、坂本の“進化論”に付いていってるやと……!?』

情熱の茂美『(友達で良い!)』

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 友達で良いから! せめて誰よりも、傍に居させてェーーーーーーーーーッ!

久保田君らしくないですね?
 坂本! 後ろ後ろ!? とツッコむどころか「太りすぎで乳揺れてたぞ」と言ってのけるバカ二人!
 ダイナミック転倒茂美、手を貸す坂本君だったが―――
 切ない…!

 あの瞳に、私は映ってなかった―――、解ってたはずなのに

 茂美のアン☆ポン☆タン!
 近くにいたい、それだけで良いと思っていた。

 だが近付くほど、近付けない事が辛く、切なさを増してしまうものなのだ―――

 そして貝殻が割れたのだ…!

すっとこどっこいズ『あいにゃんのランニング見た? すげえ揺れてたな!』

『でも案外、委員長もデカいんだよな、Dはある!』

イメージ 62

 おっと空気が読めてないアホが二人揃って登場~

飢えた野獣『あー、乳揉みてー! この際、男子でも良いッ!』

『あ、瀬良は良い! 揉み飽きた!!』

イメージ 63

 さっきの台詞がまさかの伏線! しかも、瀬良のバストは揉み飽きてるとか男子の闇は深い!
 深すぎて久保田ヤバい!

 着替え中も坂本腹筋談義してたし、ちょっと男子距離感近すぎンよー!

茂美『(まあ…、良いか……、坂本君が本当の姿を見てくれるなら…)』

モブ男子『お、おい待てよ…! 久保田よりデッケエのがあるじゃあねーの!』

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

 ここでスネオヘアーは卑怯!

乳よ母よ目覚めの時よ
 ここで坂本君は、「カーテンが鬱陶しかったので」と、巨大バストを形成! 男子の興味を引いてしまう
 時速60kmの風圧は、Dカップの乳圧に等しい―――
 乳よ…!

 ああそうだ…、本当の私は……、お母さんだった………

 茂美も思い出す
 自分は乳、子供の「母」だったのだと…。

 否応なしに温かい家庭を連想させるED、良き母であった茂美……。

 イイハナシダナー…?

久保田君『―――これからも、“僕”と仲良くしてね、坂本君……!』

坂本『ええ…、もちろんですよ』

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

 うーん、お母さんの作るおじや美味しい~~~♪

お母さんだもの
 別れ際、より「久保田口調」に徹する母、これまでは“気付いて欲しがってた”のかもしれません
 また、壊してしまった貝殻を坂本君は補修し
 贈ります 

 そんなの当たり前じゃない? だって、お母さんだもの…♪

 箸置きに。
 もう、肌身離さず身に着ける事はしない

 身を焦がす恋を終え、けれど大切な思い出に変わった、久保田茂美の小さな革命は終わりを告げる

 うん、きっとそんな回だった多分!

予告『あの眼鏡の高校生、クリスマスに何やってんだ?』

『よし、アイツを合コンに連れて行こう!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 1

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

 次回予告のヒト、棒読みっぽいと思ったら物凄く聞き覚えがあるような声もしてなんだろう…?

私、母なんだ
 いつかの肉欲が、嘘のようにプラトニックになった茂美の奮闘譚! 後ろ後ろーー!!
 憑き物が落ちたら、良いお母さんなんですね
 ラストが本当に微笑ましい

 Aパートも、てっきり茂美回だと思ってたので、三人娘だったのもちょっと意外でした。オチもな!

 やたら壮大な語りのみーちゃん
 ロマンチックな言葉に反し、ダイナミックな力走を見せた茂美とか小ネタも楽しかった!

 次回、第10話「魔王」「足りないもの」