GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『僕のヒーローアカデミア 第10話』感想、vsヴィラン連合! “くっつくだけ”の使い道!!:未知との遭遇

正面決戦ダメ、ゼッタイ! デクの応用戦術が光った!

イメージ 64

イメージ 23

 ホント、なぜ「くっつくだけ」の個性で入学できたんだ!? そんな峰田くんと組んでの大脱出!
 遠投の時といい、デクの発想と素直な怒りが輝いてましたね!
 敵のターンも楽しみ!

 理由なんて…、知るかッ!

この校長ツヤツヤである
 また、校長が「気付いて」アレをやってるのか、ただの天然なのかも気になりますね
 彼の株が乱高下するぞ!

 敵の策も、単に「時間制限に気付いただけ」なのか、それとも…?

轟『バカだが阿呆じゃねえ…、これは用意周到な奇襲だ…!』

イメージ 2

 前回のマスコミ騒ぎは、“時間割”を手に入れる為だったワケか!

対策済み
 先日のマスコミ騒ぎでカリキュラムを奪い、周到に人員を集め、マイト抹殺を図るヴィラン連合
 生徒達も侮れぬと、7つに分断してきた彼らに対し
 デク達と轟、2組がまず突破する

 一方、肝心のマイトは校長の長話に捕まり、身動き取れなくなっていた。

 相澤は独りでヴィランを駆逐し続け
 また、「有名ヒーロー」13号の庇護下のチームは、飯田の俊足に外部への連絡を託そうとするが…?

 次回、第11話「ゲームオーバー」。

デク『あの数じゃ!? 幾ら個性を消すといっても…!?』

イレイザーヘッド『一芸だけじゃ、ヒーローは務まらん』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 なるほど、あのゴーグルは「視線を隠す」為だったワケね!
 
近くて強くてイレイザーへッド!
 通信を絶たれ、生徒を13号に任せた相澤先生だったが、そこからが彼の本領発揮だった!
 敵の個性を消す、明らかに“一対一”向きの個性!
 が

 すごい…、多対一こそ、先生の得意分野だったんだ!

 相手の個性を消す相澤
 それは、敵から見れば唐突に味方が無力化され、「連携」が困難となるワケね!

 何より彼は、純粋に肉弾戦に強かったのだった!

 なんという相澤無双!

黒霧『僭越ながら、本日、雄英高校に入らせて頂いたのは――――』

『平和の象徴、オールマイトに息絶えて頂きたい、と思っての事でして…』

イメージ 10

 しかし慇懃無礼を突き詰めたようなヴィラン、“黒霧”は、味方を移送したのと同じく転送系!
 相澤の突破は難しい、と見た「首領格」の彼らにより
 生徒の多くは散り散りに!

 また今回、デクを“飛ばした”って事は、気付いてないのか…?

黒霧『危ない危ない…、生徒といえど金の卵』

『そう…、私の役目は…、あなた達を散らして、なぶり殺すッ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 おっぱいを感じとる場合か!!

梅雨ちゃんと呼んで?
 しかし、「硬化」による切島物理パンチはともかく、かっちゃんの爆破にも無傷とは黒霧も相当なモノ
 さすが人気焼酎と名前が似ているだけはある!
 また―――

 殺せる算段があるから、連中、こんな無茶してるんじゃないの?

 戦慄する三人!
 水難エリア、梅雨ちゃんの仮説は視聴者も頷けるところ

 実際、マイトに活動限界がありそうだ、なんて、ちょっと統計とれば気付けそうですしね

 いつもギリギリまで働くだろうし。

デク『いや…、って言うか……』

イメージ 23

 そしてこの状況、元々参謀向けのデクは、冷静に頭を働かせた結果、熱くブチ切れる事に!
 既にマイトは、デクにとって“ヒーロー”である以上に恩人!
 かけがえない人!

 理由なんて…、知るかッ!

 大切な人の危機、そりゃ燃えるさ!

デク『策略があるなら…、僕らが今すべき事は…、戦って勝つ事!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 しっかりしろよ、大人だろ!とかいう轟君の印象的な挑発!!

計算外
 敵に「マイトを殺す算段がある」なら、それを崩す為、自分達も手を尽くそうと結論するデク
 一方、当のマイトは“戦えない”状態にあった
 何故なら―――

 お茶を淹れている…!

 雄英出身!
 即ち、校長は「学生時代の教官」だったのねマイトにとって!

 知ってか知らずか、校長は“マイトの無理”を指摘し、彼の足止めを始めてくれる…!

 ナイスな毛艶だprincipal!

13号『委員長、キミに託します!』

イメージ 36

 その頃、もっとも多くの生徒が残った「13号組」では、俊足を誇る飯田君に白羽のアローが!
 既に、相当ヴィランを倒したのに“通信障害”が止まらない
 戦列に居ないと考えるべきだ

 ここは、走って外に伝えるのが確実!

 飯田君の十八番だ!

飯田『しかし、クラスの皆を置いて行くなど委員長の風上にも!』

砂藤『行けって非常口!』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 1

イメージ 43

 そして問題は、敵が「13号がいる」と知って襲ってきた事だよね…?

委員長、走る!
 有名ヒーローである13号、彼の危機を予感させる流れ、そして非常口が定着した飯田君の疾走!
 一方、デクは“梅雨が水場に飛ばされた”事から
 仮説を立てた

 ヴィラン達に、僕らの個性は分かってないんじゃない?

 それが最大の武器!
 しかし、敵は「水中戦対応型」を複数、過剰すぎるほどに配備してている。

 敵の本気さ、子供と侮っていない事も分かる!

 これは手ごわい…。

デク『勝利の鍵は一つ、僕らの個性が、相手にとって未知である事!』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

 ああ…、分泌…!とか言っとる場合か!! 

すごい個性だ!
 てなワケで、相手が警戒してる内に「個性を把握しよう」と、それぞれ語り合う三人でしたが
 梅雨ちゃん、なんでそんなにカエルなんだ…。
 で

 オイラの個性は、超くっつく。もぎった傍から生えてくるけど、もぎりすぎると血が出る…!

 すげえ(真顔)
 と、デクは感心するけど使いどころが難しいぜ!!

 極めてトリッキーな、入学試験でも、かなり頭を使ったらしい個性!

 ホントどうやって入学したんだ!

『じれったいだけだ、さっさと終わらせよう!』

イメージ 53

 しかし、いい加減に焦れた「水を手足のようにする」個性使いに船が破壊!
 すげえパワー!

 水場限定、その制約ゆえの強みってヤツだ!

梅雨『―――峰田ちゃん、本当にヒーロー志望で来たの?』

峰田『うっせー! ついこの間まで中学生だったんだぞ!』

イメージ 54

イメージ 55

 せめて八百万のヤオヨロッパイに触れてから!とか何言ってんだ、峰田ァ!
 が、彼も「デクが震えている」事に気付き
 協力を決める

 勝つには…、これしかない!

 平然としているデクが「実は怖いのを押し隠してる」と気付けただけ、峰田君、良いヤツじゃないか!

峰田『震えながら…、オイラと同じクセに…、怖いくせに、なんで…、なんで…!』

デク『デラウェア、スマーーーーーーーーッシュ!』

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 ちくしょう緑谷…、かっこいい事ばっかしやがって…、オイラだって、オイラだって!

鍵は「ひっつき玉」
 デクの策とは、最小限の“デコピン”で水面を穿つ事で、水流で敵を一点に集めると共に
 ひっつき玉でまとめてしまう事!
 肉玉!

 とりあえず、第一関門突破って感じね…、スゴいわ、二人とも!!

 一番ビミョーな個性が!
 要は接着剤、これを応用した足止め殺法ってワケか!

 梅雨ちゃんの優れた身体能力も手伝い、「水難」と「土砂(轟)」は勝利!

 この戦い、何の犠牲を出す事になるのか…?

予告・お茶子『八百万さんの発育の暴力が炸裂するよ♪』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 1

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 敵のモブに、明らかにプレゼント・マイクっぽい声が聞こえてちょっと笑う!

ゲームの終わり
 いきなりヒーロー側の二勝で始まった対ヴィラン戦、「次はヴィラン優勢」の予感がしますね!
 デクの回答を、次週に続かず一気に描いてくれたのも嬉しい!
 峰田君スゲー優秀だよ!

 ある意味、「敵を殺さず捕える」プロヒーローに、一番向いてるのかもですね。

 梅雨ちゃんも思った以上にカエル!
 そんで、敵が“USJ”を狙ったって事は、担当ヒーロー13号も対策済みな気がしてハラハラする!

 次回、第11話「ゲームオーバー」