GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第9話』感想。無表情不憫の鉄壁ヒロイン! この二人、見てると和むと思ったらコレだよ!?:うつくしき人は寂として石像の如く

 今回、ポンコツ異能扱いされた芥川先輩、ホント神出鬼没である!!

強襲・芥川! 若い者達と太宰、ついでに元相棒! 次回、激戦必至って奴だ!

イメージ 30

イメージ 41

 自身の罪と刑死を覚悟した少女が、不憫極まる少年を連れまわすヨコハマの休日! 幸せと悲壮の逢瀬回!
 不憫でも罪は罪、敦、お前は自分で手一杯だろと諭されてますが
 果たして生存できるのか!

 乱歩、もし恙無く新人を取り戻せたら…、褒 め て や る !

そのスイッチはおかしい!?
 一方、目をかっ開いた乱歩さん、何だかんだで必死になってくれる独歩さん良いですよね!
 お前のやる気、そこかよ!

 自分が生きるので精一杯だろって事は、“羅生門”にも通じるテーマ、どう決着するのでしょうか?

独歩『異能力が当人を幸せにするとは限らん。お前なら知っているだろう』

イメージ 3

 この六ヶ月、暗殺者・鏡花は、顔も名前も知られすぎた―――。

生きる事そのものが罪
 国木田は、軍警にもポートマフィアにも追われる鏡花を、“助ける覚悟があるのか”と敦に問い
 お前は、自分の事だけで精一杯だろうと諭すと
 警察へ突き出すように命じる。

 が、悩みながら彼女に連れまわされた敦は、ポートマフィアに連れ去られてしまう。

 さあ頃合と動き出す太宰
 が、マフィア時代の相棒・中原中也に見抜かれ決闘を挑まれる

 外国への船に乗せられた敦、武装探偵社は総力を結集し、海外旅行などさせてたまるかと追撃する!

 次回、第十話「羅生門と虎」

泉 鏡花『橘堂の湯豆腐―――、おいしい』

国木田独歩『―――食べたら話す、という事か』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 あらまあかわいらしい! が!!

一杯の湯豆腐(おかわり)
 さて、まずは調書をと言ったところ、鏡花は、「最後の贅沢」なのか湯豆腐を所望。
 あらまあ控えめな、と思ったら高級料亭だったという
 貧乏ストレイドッグス!

 なら、お前が助けるか? その全てを、肩代わりする覚悟がお前にあるのか?

 異能は携帯にしか従わない
 でも生きる為、芥川に殺されない為には従うしかなかった。

 助けたい敦だったが、法の上では極刑極悪犯、ポートマフィアからも刺客が出るだろうという

 どっちから庇える力もなく―――

独歩『小僧、このテは溢れている』

『お前のボートは一人乗りだ、救えぬ者を救って乗せては、共に沈むぞ』

イメージ 11

 厳しくも正論、困って犯罪を犯した者は、「武装探偵社」の周りにはこってりと溢れている
 いちいち手を差し伸べては、お前も沈むだけだ
 助けるな

 そうでなくとも、お前はお前一人だけで手一杯だろうと諭し、去って行く国木田。

 現実をゆく理想主義者、国木田らしい諭しであったが―――

中島 敦『でも、だとしたら…』

『太宰さんは、なぜ僕を助けてくれたんだ――――』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 作中屈指の羅生門を、ポンコツな能力だ」と呼ぶ太宰、その真実とは?

死にたがり二人
 もっとも、「他人を助けちゃならない」なら、なぜ太宰は、中島敦を救ったのであろうか?
 と敦が救いを求めていた頃、当人は元気に捕まっていた
 煽る煽る!

 出来るかなあキミに? 私の新しい部下は、キミなんかよりよっぽど優秀だよ―――

 殴られる殴られる!
 マフィア時代、幹部太宰は芥川を「指導」したのだ

 未練拳の芥川は、まず探偵社を滅ぼし、そのニコニコ顔を歪ませてから殺してやると先送る。

 が、余裕綽々太宰治―――

泉 鏡花『どこへ、行くの? 私をどこへ連れてゆくの…?』

イメージ 17

イメージ 18

 一方、国木田は「鏡花に勘付かれずに」、軍警に引き渡せと中島敦に命令する。
 独歩的には、これも一つの教育のだったのでしょうか
 元・教師的に考えて

 ただ国木田も敦も、彼女が「自分が裁かれると思っていない」前提で話を進め、そして惑います。

 シンプルに、問われた敦は――― 

中島敦『も、もちろん君が行きたいところだよっ!』

『ほら、君くらいの女の子が好きなところ…、デートスポット、とか!?』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

 敦君のがまぐち、案外足りたようで本当に何より。

「地図」に見た知らない世界
 咄嗟に、デートに行こうと誘われ、鏡花は“地図で見て構造も知っている”各所へ彼を連れまわします
 知っている、けれど見た事もない楽しい世界
 美味しい世界―――

 食べたい…、別腹っ!

 かわいい!
 そして、悲惨に過ぎるぜ貧乏・ザ・敦!!

 初めてだと言わんばかりの鏡花、その子供らしい表情に、つい緩む中島敦

 この二人、見ててホント和みますが―――

鏡花『もう一つだけ、行きたいところがある』

敦『はいはい…(すごい行動力だ)』

イメージ 39

イメージ 40

 でも敦が失念してたのは、彼女が、「もう殺したくないから」投降したという事。
 つまり鏡花は、自分の罪を良く知っている
 死刑だとも知っていた

 ホントは湯豆腐だけのはずだったのに―――、生きている事が、罪だから。

 だから“すごい行動力”だった
 未練で、でも覚悟を忘れないで「最期」を楽しんでた、と

 ちきしょう泣ける!

鏡花『それに、ポートマフィアに戻っても、私は処刑される』

??『……処刑?』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 処刑などせぬ、お前は任務をし果せた

夢の終わり
 が、武装探偵社は気付かなかったが、鏡花の体には発信機が埋め込まれていたと芥川は語り
 さあ、「教育だ」とばかりに連れ帰らされてしまう
 敦君もご一緒に!

 助ける? なんで? 彼の個人的な問題で、ウチは彼の養護施設じゃないし―――

 そして放置!
 武偵社は、折悪しく政府がらみの案件の最中!

 というかそもそも乱歩からして、徹底的な個人主義謳われてしまう。

 この天才、まったく思い入れてなかったのか…

ナオミ『あのー、皆さんの「筋」「べき」とかじゃ、何も決まらなそうなので』

『この方をお呼びしました♪』

イメージ 52

 ところがぎっちょん、久々の社長、ホイホイ出てきちゃったよ! やだこの人腰が軽い!!
 で、開口一番鶴の一声!
 お墨付き!

 全員聞け、新人がかどわかされた。無事連れ戻すまで、現任務は凍結とする!

 清々しいまでに言い切った!

福沢諭吉『案ずるな、小役人を待たせる程度の貸しは作ってある(※幕僚です)』

『仲間が窮地、助けねばならぬ、それ以上の理屈がこの世にあるのか?』

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

 さすが万札、シンプルすぎる! この決断力こそ異能力の類だよ!!

三時間で連れ戻せ!
 ただ、「理屈」を重ねて推理する天才・乱歩には、そういうウェットな感情は性に合わないようだったが
 見かねた社長は、再びスパッと口を開く
 褒美!

 乱歩、もし恙無く新人を取り戻せたら…、褒 め て や る !

 ハイやる気入りました!
 立った! 乱歩さんのやる気フラグが立った!!

 芥川の口封じにより、断たれたかに思われた捜査の糸口は、あっと言う間にひっ掴まれる!

 運ばれた先は―――

諭吉『輸送先は、外つ国か…』

国木田『不味い…、国外に運ばれたら、手の出しようが無い!』

イメージ 69

イメージ 70

 なんと敦君、手早く船に押し込められたと判明、しかし社長もさっそく高速艇の鍵を寄越し
 国木田が、その足で救出に向かう事となった
 海外旅行などさせるか!

 必ず、連れて戻れ!

 何でも手配する社長の激励、口は冷たくも熱い国木田、救出作戦は佳境に!

太宰治『(そろそろあっちも…)頃合かな』

??『―――相変らずの悪巧みかあ? 良い眺めだ、百億の名画にも勝るぜェ!』

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 ただの仲良しのケンカじゃねェか!(ただし現時点)

旧・国木田ポジション
 一方その頃、どうも「この事態」を見越して捕まってた感の太宰さんは、予想外の来客を受けていた
 そう、太宰のポートマフィア時代の被害者だった男!
 もとい元相棒!

 俺と闘え、太宰! テメーの腹の計画ごと、叩き潰してやるッ!

 太宰捕縛と聞き
 あ、そりゃ罠だと現れたのである

 しかし太宰ももう捕まってる暇は無いんだと、自ら縛を解き、相棒vs元相棒の幕が上がった!

 さて、この戦いもどう転ぶのか!

予告・敦『勝負だ、芥川! お前は赦せない!』

芥川『やつがれとて同じ事!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

 次回、どっちが太宰先輩の後輩か! 後輩超常決戦、ファイッ!!
 
汚れちまった悲しみに
 いやー、元相棒・中也さんがド真っ直ぐな好漢過ぎて、来週ゼロコマ負けしてそうな雰囲気ッスね!
 また、屈指の兇悪異能を「ポンコツ」と太宰が呼んだのって
 ただの挑発なんでしょうか?

 それとも、人を殺し傷付ける以外には、応用性の低い異能である為なのか?

 罪を犯さねば死んでいた
 それこそ、羅生門」に通じるものがある鏡花、自分だけで精一杯な敦くんが辿る結末は…?

 次回、第十話「羅生門と虎」