GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムBF『DIアダガ・オーディン』、登場! フェリーニのライバル、グレコが“第6回大会”で試合した非・ガンダム、ガンプラ!!

 初代ガンダムBFの一つ前の世界大会、第6回世界大会を描くユウキ会長の外伝!

グレコ・ローガンの愛機は、“デスティニーインパルス”の随伴機!

イメージ 1

イメージ 2

 電撃ホビーwebにて公開 http://hobby.dengeki.com/reviews/205843/

ガンダムビルドファイターズA-R
 電ホの機体解説連載、本編では「ニルス・ニールセン」の世界デビューに際し、戦国アストレイ敗れた
 フェリーニの宿敵、アメリカの強豪“グレコ”の愛機が公開!
 チョイスは「非ガンダム

 原型は、機動戦士ガンダムSEED DESTINYのMSVで、デスティニー・インパルスの随伴機!

 頭部がモノアイ&ゴーグル
 それ以外は、機体性能含めて同等という随伴モビルスーツ

 その名も「DIアダガ」を原型に、グレコがチューニングを施したという専用機!

 モノアイ=単眼=オーディンなのね。

本編では「トールギスワルキューレ」を使用

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 下は原型機、カラーリング以外はそのままである事がわかります。

グレコ・ローガン
 本編八話、彼と当時の世界王者「カイザー」が為す術なく敗れ、パワーバランスの変動を描いた男!
 しかし、彼とほぼ互角の試合を繰り広げたフェリーニは奮戦し
 新勢力に食い下がります

 同様に、古豪ルワン・ダラーラなど「従来の強豪」もすぐに対応しました

 彼もカイザーも
 単に、「初見殺し」に敗れたに過ぎず、アブソーブ・シールドのように「対策」できる実力があった

 そうした面も後々で感じさせられ、結果的に株を上げていったキャラだと思います。

今回の形態は「素体」に過ぎない!

イメージ 7

イメージ 8

 毎回新作らしいグレコ、一本気なフェリーニ、傾向が真逆なのも見どころ。

DIアダカ・オーディン
 また、今回の「原型そのまま」の姿はあくまで素体、フェリーニとの決戦に際しては
 更にパワーアップするとの事!
 楽しみですね!

 私見ですが、私は「古豪」がちゃんと強い事が、競技自体の厚みを増し、物語を楽しくすると思います

 主人公勢や仲間の強さも必要
 けど「従来の強豪たち」が一蹴されるだけで終わるのは、それはそれで…、と。

 その点で旧作のフェリーニは、本当に格好良いと思いました。彼との決戦はベストバウトの一つだと思います。

「ミキシング」の作り方!

イメージ 9

 また、この記事 http://hobby.dengeki.com/reviews/205843/ では、ザクアメ改造の制作方法も
 既存キット流用で作れる作例ということで
 制作紹介が開始!

 この形態は、ユウキ先輩が「敵の得意な戦場で、それを上回って勝つ」為カスタマイズしたという設定。