GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『学戦都市アスタリスク 第20話』感想、無敵の矛vs盾! メインヒロインさんステキー!!:覇凰決戦

 このアルディ、ノリノリである!!

“無敵の矛”セル=ベレスタ、圧勝! が、アルディにも奥の手があるっぽいぞ!

イメージ 48

イメージ 43

 遂に実現した「無敵の盾」と魔剣の激突! 結果は、魔剣セル=ベレスタの圧勝だったワケですが
 今回、“合体のカラクリ”に言及されている以上
 簡単には終わらない模様!

 フローラは無事です、ご安心下さい…。そして…、存分にどうぞ♪

これでは道化だよ!
 今回、八百長だと知らなかったアルディも若干不憫で、ここからの巻き返しに期待ですね!
 クローディアもまた、随分とド派手な真似を!

 人質を取られていた、と公言するパフォーマンス! その行方は…?

『でくの坊。ただでさえ燃費の悪い図体をしているのですから、自重しなさい』

イメージ 2

 穿った見方をすれば、ギャグでなく、ホントに燃費が悪いのか?

ファイナリスト達
 綾斗は、魔剣セル・ベレスタを最も活かせる「無敵防御」アルディに対し、その使用を禁じられた
 それでも陽動を駆使し、ユリスと果敢に切り込んでゆくが
 予想外の性能に攻めあぐねる

 しかし綺凛と紗夜が、黒学院の暗闘部隊ヴェルナーを撤退させ、フローラを救う事に成功

 魔剣で「無敵防御」を切り裂く綾斗
 合体状態の武器も防御も破られたアルディ、だが開発者エルネスタは、いまだ余裕の笑みを崩さない。

 次回、第21話「決着」

アルディ『ぬ、ハハハハ! 生憎と、その技のデータは既に持っているのである!』

綾斗『だろうねッ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 回避を綾斗に任せるユリス、踊りすぎィ!!

踊るマハラジャ
 綾斗達は、彼の“奥伝”で周囲の位置関係を認識、リムシィからの攻撃は回避に専念し
 全力、アルディ一点突破につぎ込む!
 が

 天霧選手は、リムシィ選手の攻撃を完全に読んでるッス……! 

 それも誘い
 準決勝、アルディは「防壁」を味方にも使えると判明している。

 アルディへの支援に専念し、防御が疎かになったリムシィに、一気に切り込んだ綾斗!

 その「防御」が狙い目だった

ユリス『この時を待っていたぞ! ほころべ、グロリオーサ!!』

イメージ 15

 つまりアルディ狙いと誤認させ、リムシィを無防備に、無防備になったリムシィへ斬り込み
 アルディが、「防壁」を咄嗟に使ってしまった瞬間
 それが狙い目!

 ユリス持ち前の地雷殺法か、最大級の火柱がアルディを襲う!

 合体機の弱点
 すなわち、「片割れ」を失わぬよう、互いをかばいあうと読んでの作戦であった。が。

リムシィ『アルディの防御障壁を、引き剥がす作戦でしたか……』

アルディ『なんと! 一連の動きは全て作戦であったか!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 装甲っていうか、熱に耐えた「校章」すげえ!

「進化」の歓喜
 火炎に耐え抜いたアルディは、リムシィの奥の手“持続する弾幕”に守られ、早くも合体!
 被弾覚悟の、綾斗の吶喊は“リムシィ”が盾になり
 阻止に失敗する

 残念でしたね、天霧綾斗――――!

 喋った!?
 前回、分離後は出てこなくなったリムシィ。

 ちゃんと独立稼動できるらしく、何故か「あっそうなんだ」と納得する瞬間であった。

 しかし、デケエなアルディ!

綺凛『紗夜さん、まずは私が……』

イメージ 25

 一方、「暗闘要員」の素顔を隠したい英士郎は、さっさと姿を消してしまったらしく
 紗夜と綺凛は、薄い本状態のフローラ(10歳)の下へ。

 どう考えても罠だが―――

綺凛『一階の人影といい、やはり影を武器にする能力者…!』

“猫”ヴェルナー『―――刀堂綺凛か? 随分と大物がやってきたものだ…』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 忘れがちですが、綺凛は本来、「六学園最強」の一角でした。

「影使い」ヴェルナー
 が、実は“人影”の人海戦術など技の一つに過ぎず、ヴェルナーは“影”を通じての移動も出来た!
 実に暗殺向けで、影を刃にして攻撃も可能という
 畜生の如き応用範囲!

 ここは、彼がその能力を最大限に発揮できる場所、という訳ですね……!

 強いにも程がある!
 ですが、武闘会」には全くの不向きなんですね。

 あの煌々としたステージでは、せっかくの高い性能も、フルに発揮できるとは言い難い才能。

 そう思うと、割と不憫なヒトかも。

ヴェルナー『終わりだ……!』

イメージ 35

 しかし、影が多い場所でなら、影に向かって逃げ込みつつ「影」を武器にして刺突なんて技も!
 手酷いカウンター!

 既に満身創痍である綺凛は、この攻撃を予測、避ける事が出来なかった!

 ホント強いぞ「黒学院」ヴェルナー! 

ヴェルナー『大人しくしていろ、急所だ…。早々に処置をしなければ命を落とす』

綺凛『まだ…、です……!』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

 意外に優しい気がする暗殺者、「暗闘でないと才能を活かせない」からなんでしょうか。

刀堂流抜刀術「折り羽」
 しかし、なおも屈しなかった綺凛の“抜刀術”に、敢えて正面から向かい合ったヴェルナーは
 彼女の術中、“結果の幻”で心を折る剣術に囚われ
 敗北を喫する

 そうだ、綾斗先輩たちの試合、どうなったんでしょうか―――?

 救出作戦は成功
 ヴェルナーは、影に紛れて姿を消し紗夜陣営の勝利に

 ただ、ここまで英士郎が姿を見せてないんですが、ここからが彼の出番なんでしょうか?

 第4話のラストみたいな。

ユリス『どうなっている!? いくら何でも強くなりすぎだ!』

綾斗『ホント…、準決勝の時とは、段違いの強さだ…』

イメージ 42

 一方、準決勝の時や「合体前」と違い、障壁を複数発生させてもまるで衰えないアルディに
 綾斗達は苦戦を強いられる

 これなら、障壁は「盾」だけでなく、相手の行動を制限する為にも使える!

 なんちゅうチート!

アルディ『この湧き上がる力を、以前より遥かに使いこなす事が出来る!』

『なんという歓喜、なんという感動!』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 1

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

 これぞマスターより与えられた、我輩の真実の力……!

リミッター解除
 以前、第10話で語られた通り「リムシィ」は制御装置、派手な合体はパフォーマンスに過ぎず
 今の性能こそ、リミッターを外した“アルディ本来の性能”らしい
 が

 フローラは無事です、ご安心下さい…。そして…、存分にどうぞ♪

 からくりに気付いた二人
 その時、マイク・パフォーマンスで現れる真ヒロイン!

 ようやく抜かれたセル=ベレスタ、「何でも切れる魔剣」は、無敵防壁を一蹴してしまう!

 やはり魔剣は格が違った!

綾斗『さあ…、行こうか! セル=ベレスタ!』

『反撃開始だ!』

イメージ 54

イメージ 55

 無敵の盾、そして自慢のハンマーを裂かれ、見た目には完封状態のアルディですが
 開発者、エルネスタに焦る様子はまったくない!
 むしろ楽しげ!

 もちろん、本作は「武器」が収納状態から一気に巨大化するので、何が隠れててもおかしくない!

 アルディの切り札とは…?

予告・アルディ『リムシィ! (予告の)大役は我輩が!!』

リムシィ『さて次回は! ……あっ』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 1

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

 姉の為に強くなったはずが、当人が姿を消し、中ぶらりんとなっていた綾斗の戦い。いよいよ佳境へ。

綾斗とアルディは似た者同士?
 準決勝より強くなっているアルディ、「アルディ」開発に懸けるエルネスタの目的からすると
 彼のAIが、自分の力をちゃんと使いこなせるようになるまで
 敢えて限界を設けてるのか?

 エルネスタ目的は、あくまで機械生命の創造と市民権、AIの成長は必須のはず。

 たぶん綾斗の「封印」も同じ理由
 彼も、強すぎる才能を“ちゃんと使いこなせるまで”、使えないようにされたって気がするんですよね…?

 次回、第21話「決着」。