GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『マクロスΔ 第8話』感想、論点そこ!? 覚醒×空戦×ゲリラ・ライブ! メッサーの真実!:脱出 レゾナンス

 急制動で「勝った!」と思った瞬間、銃口を吹き飛ばされるボーグ! ハヤテマン成長しすぎィ!?

“食べ物を粗末にしちゃいけん!” 農民フレイア、怒りのゲリラ・ライブ!!

イメージ 60

イメージ 1

 ハヤテとフレイア、追い詰めに追い詰められた結果、共鳴するように急成長したレゾナンス回!
 逆手を食らわせ、かつボーグを落とさなかったハヤテの決断
 完勝ってヤツだった!

 が、メッサーが「ヴァール症候群経験者」であり、再び活性化しつつあると判明…!

遺跡争奪戦!
 なるほど、「ヴァール化は治る」と散々描写されてます、仲間にいても不思議は無いんやね!
 考えもせんかった!

 土壇場は、フレイアに「平和の為に歌う」と決意を促し、大きな転機に! 農民の怒りも可愛かった!!

ボーグ・コンファールト『風を汚す、裏切り者…!』

イメージ 2

 メルトランディ、戦闘民族の血を引くミラージュさんが瞬殺!?

覚醒レゾナンス
 惑星ヴォルドールで捕らわれた三人は、美雲の文字通りのゲリラ・ライブによって救われるが
 兵士の制御を失い、ウィンダミアは“風の歌”を発動
 ワルキューレの歌と拮抗する

 中でも、未熟なフレイアの覚醒は目覚しく、祖国ごと平和をもたらすべく激しく歌った!

 歌はハヤテと彼女を互いに高めあい
 デルタ小隊は脱出に成功するが、「ヴァール化」が再進行したメッサーは、既に虫の息となっていた。

 次回、第9話「限界 アンコントロール」。

ハヤテ『―――ハッ! 丸腰の女に剣を向けるのが“空中騎士団”かよ!』

ボーグ『なんだと…?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 地球への敵意が激しいボーグ、彼の動機とは…?

猫も逃がさぬ防衛網
 ハヤテ達は挑発して脱出を図ったが、悲しいかな、俯瞰していた騎士には“閃光弾”は丸見えだった!
 瞬時にボコられ、たった一人で三人護衛するメッサーも限界
 脱出不能

 まるで哨戒機のバーゲンセールだな…、さて、猫が出るか鮫が出るか…!

 助けるのも不可能!
 かと思いきや、隊長は山と為す偵察を前に突入を覚悟!?

 そういや、ウィンダミア人は短命だが、身体能力が高いとか言ってた気がしますね。

 エリート強ェ!

フレイア『アンタら…、なんでこんな事するんね…』

『あたしが気に入らんのなら、あたしだけボコボコにすれば良いね!』

イメージ 9

 とはフレイアの叫びですが、ミラージュへの暴行も最小限に留めているようですし
 女は手にかけない主義なんでしょうか

 ハヤテに「ヴァールに頼ってる」と言われ、図星だったのかもですが。

 彼らにしても、“開放した”はずの他所の星の政府が従わず、戸惑ってそうですしね。

ボーグ『これは戦争だ』

『俺たちはセイ風圏を確立し、ブリージンガルの星々を開放する大儀がある』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

 だからって……、食べ物を粗末にしちゃいけん!

風が変わった!?
 事実、「開放した」星を不幸にしてるだろうが、と痛いところを突くハヤテだったが
 もっと、問題の根っこを突いたのはフレイア!
 論点そこ!?

 皆が! 皆が一生懸命作った林檎を戦争に使うなんて…、林檎と皆に、謝らんかい!

 果樹栽培は大変なんよ!
 そうかそうか、前回みたいに、林檎が大好きだから許せない!

 林檎を育てる苦労、美味しく食べて欲しいって「民の気持ち」を、踏みにじっちゃいかんのだな!

 そりゃマスター・へルマンも笑うわ!

ヘルマン『ふ…っ、はっはっは! 一本とられたな、ボーグ!』

カシム『―――…俺の家も、林檎農家だったよ。だが畑も両親も兄弟も…』

イメージ 15

 しかし林檎農家ながら、独立戦争で全てを失い、軍に身を投じたカシムが反論
 若きボーグの言葉を、再び繰り返す。

 これは戦争なのだ

 重い…。

キース『茶番は終わりだ…、祖国を捨てて、何故穢れた者たちの歌を歌う?』

フレイア『祖国を…、捨てて……!?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 始めるわよ…、私たちの、ワルキューレのステージを!

故郷の問い、美雲の問い
 一方、メッサー中尉が“ヴァール化の経験者だった”と示唆…、そりゃ恨むはずだ、怒るのも当然だよ!
 そしてフレイアは、奇しくも同じ問いを受けた
 根本

 では何故歌う、憎むべき者たちの歌を……

 決意を問うキース
 が、意外や「ロイド宰相」が自ら割って入ったんだコレが!!

 血を流したくないという感情なのか、“遺跡調査”、ハインツの後釜を欲してなのか?

 この人に助けられるとは!

ミラージュ『―――この曲は!』

ハヤテ・インメルマン『ったく…、遅ェよ!』

イメージ 23

 そして戦い自体を中断させたのは、懐かしい曲、ワルキューレによるゲリラ・ライブ!
 ゲリラ・ライブ(文字通り)!

 こんなところで歌うとか、美雲さん本当ハンパないッス!!

 前回の“歌”は何だったの!?

マスター・ヘルマン『惑わされるな、ルンで感じろ!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 実は録音を流してただけだったのだが、美雲さんだけはガチ!! 流石すぎィ!

時には出前のように
 予想外の状況、「いけないボーダーライン」に翻弄される騎士団、翻弄されなきゃどうかしてる!
 乗じ、実は録音に任せている三人が助けに入り
 撤退成功!

 我が風を読んだな…、貴様が死神か! 貴様との決着は、空で着けよう!

 初の生身戦!
 また、惑星の防衛網自体が混乱しデルタ小隊合流!

 もしやウィンダミア軍は、彼ら、たった数人しか生身の兵士は来ていなかったのでしょうか。

 あっさり突破しちゃったよ!

ロイド『分かっている…、ハインツ様の御力を…、明日の風の為に…!』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 しかしウィンダミアも、王子の命を削る「風の歌」を発動、再びヴァール兵が制御された事で
 脱出不能、大気圏内戦闘に!
 緑の星の開戦!

 歌が聞こえるって事は、俺達までヴァールになっちまうって事なのか!?

 恐怖するチャック
 今回は、「受信機」である遺跡に近いせいか歌が聞こえた

 そりゃ怖いよ!

アラド『戻ったらクラゲラーメン奢ってやるぞ! ラグナ海老も乗せてやる!』

チャック『毎度あり!』

イメージ 37

 お前が注文される側かよ!という視聴者ツッコミと共に、ワルキューレを信じ戦列を立て直すデルタ小隊
 ボルチーニ茸ものっけてもらおう!

 が、実はメッサーは尋常じゃない表情、ここから“ヴァール化”が急進行…!

 エースを欠いた状態、遺跡をステージに第2幕スタート!

フレイア『な、なんね…!?』

カナメ『―――遺跡が、あたし達の歌に反応してる!?』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 ミサイル!と言われて即座に防戦できるアイドルすげえ!!

帰ってやれよ!
 事実、メッサーは著しく精彩を欠き、キースは“自分達の作戦”で不満な戦いを強いられるという
 なんとも皮肉な状況に
 更に!

 ガキ達が寂しがってただろ! 帰ってやれよ、待ってんだろ…、帰ってやれよッ!

 前回の親子エース!
 対する、ハヤテの叫びは迫真の一言でした

 いまだ生まれ育ちが不明のハヤテ、彼も、「家族が帰ってこなかった」のでしょうか?

 が、説得は通じない!

フレイア『いけん! 撃っちゃいけん!!』

『歌はきっと届くから、歌は幻なんかじゃないから!!』

イメージ 57

 反撃でバトロイド用センサーが半壊、もはや、さっきのような精密照準は出来ない状況
 しかし、割って入ったフレイアによって
 ハヤテの手は止まる事に

 前回、ワルキューレの歌なんて届かないといわれ、堪えていたフレイア。

 ここで歌わず、なんとするって奴よ!

はやて『フレイア、お前…』

フレイア『届いて、あたしの願い! 届け、あたしの歌!!』

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

 ここで、マキナさんの胸から目が離せなかった人は、正直にヴァール化すべき。

フレイア・ヴィオン
 一度は届かず銃弾の嵐に晒されたものの、ハヤテに庇われ、命がけで歌い続けたフレイアは
 今度こそ歌を届かせ、知らずメッサーも治癒
 戦局を変える

 ほう…、面白い。

 とは眼鏡の談
 さて、この人に目を付けられてしまった事はどう転ぶのか?

 王や王子にも注目されるフレイア、ヴォルドールのエース、アルベルト・ララサーバル大尉も正気に!

 メッサーに討たれる、とかじゃなくて良かった…!

ボーグ『―――穢れた歌を、やめろぉぉぉッ!』

ハヤテ『邪魔は、させないッ!』

イメージ 73

イメージ 74

 しかし、歌嫌いに定評のあるボーグが再び乱入し、大出力のランチャーを斉射!
 咄嗟に庇ったハヤテ機は、シールドごと左腕が爆砕!
 火力高ェ!

 しかし、ハヤテもフレイアも、満身創痍にも全く怯えず突撃を敢行――――

 また、ハヤテの謎ペンダントも反応し……?

ボーグ『…しつこい奴め! ならばッ!!』

ミラージュ『ハヤテ!?』

イメージ 81

イメージ 82

 手負いのハヤテに追いすがられ、苛立ったボーグは急制動、変形を織り交ぜた空戦テクニックに
 勝利を確信するが―――

カナメ『―――何、この…、ハヤテ君!? フレイアと共鳴して!?』

美雲『やっとお目覚め?』

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85

イメージ 86

イメージ 87

イメージ 88

イメージ 90

イメージ 90

イメージ 91

イメージ 92

イメージ 93

 なんという事でしょう、ハヤテはボーグより一手早く制動、既に銃口を構えていた……!

共鳴レゾナンス
 ハヤテは、フレイアと互いを高めあい、遥かに熟練しているはずのボーグを「殺さず」撃墜!
 アラド隊長に、“あの人に似ている”と言わしめる
 完勝!

 歌を銀河中に届ける事が出来れば、きっと皆、ごり楽しくなって、そうすれば戦争だって…!

 だから歌います
 脱出に成功、フレイアも「憧れ」から「平和の為」に成長。

 歌う理由を手にしたフレイア、一方、遺跡が活性化を始めたという状況も

 前回、美雲が歌ったのも影響してる…?

ハヤテ『―――あんた、まさか……!?』

イメージ 94

 しかし、フレイアの歌で治まったかに見えた「ヴァール化」が再進行していると発覚。
 次回、メッサー回。

 アンコントロール、制御不能……?

次回、“制御不能”に陥るのは? メッサーは助かるのか、それとも…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85

イメージ 86

イメージ 87

イメージ 88

イメージ 89

イメージ 90

イメージ 91

イメージ 92

イメージ 93

イメージ 94

 林檎大好きフレイア、食べ物を粗末にしちゃいけん!って叫び、唐突だし納得だった!!

フレイアかわいい!
 今週、もう少し悲劇的な場合、歌が通じず、メッサーが「大尉」を撃ち殺す流れも有り得ましたが
 フレイア、ハヤテ組の覚醒が最大限に描かれ
 なんとか無事生還に。

 また、これまでのメッサーの態度、彼がヴァール経験者なら色々納得ですよね。

 ごつい死亡フラグですが
 たとえメッサーが自分を許せなくても、ハヤテ達が彼を尊敬してると伝わるのか、そこが気になります

 次回、第9話「限界 アンコントロール