GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第7話』感想、正しいという間違いを貫く男には、敵も壁も悲恋も多い系・独歩:理想という病を愛す

 何故こんな事になる! 何が間違いだった!? 誰が悪かった!

救いたかった少年も、恋した女性も、全て失う独歩の悲恋…!

イメージ 49

イメージ 53

 やはりこの結末しかありえなかったと思ったら、「少年」まで喪うやるせない結末…! だって正しいから!
 動機はどうあれ、佐々城女史も少年も“罪を犯した”訳であり 
 正しい事と、納得とは別問題!

 それでも! それでも進んで突き抜けてやる!! 俺の理想をナメるなよ!

理想を追えば現実を失う
 ラスト、独歩の「宿敵」ともいえる蒼の王も、独歩と同じcv細谷さんだったのがまた憎い。
 国木田くんの未来かもしれない過去

 ええ、「無駄に」美女が落命したのもまた悲しいのですが!!

『もし発見叶わず人命が失われたなら、我らに探偵を名乗る資格は無い!』

イメージ 2

 社長・福沢諭吉も吼える決戦回! 万札もってこい!!

「正しい結末」は誰も救われない
 乱歩の超推理で爆弾は発見されるが、彼が出張中ゆえ初動が遅れ、また爆弾は制御装置が存在し
 止める為、“数字使い”の異能者と、荷運びの才能を持つ巨漢と戦い
 大騒動となった国木田

 だが太宰は、「真犯人・佐々城信子」の望み通り、彼女が事件をコントロールしていたと看破

 蒼の王の理想に、愛ゆえに「理想なく」従い疲れ果てていた
 佐々城信子は望み通り、“犠牲者の息子”六蔵の手にかかり、罪を清算するかのように息絶える

 罪の清算「正しい結末」、理想、正しさの代償を国木田は見せ付けられ、なおも理想を貫くと吼えた。

 次回、第八話「人を殺して死ねよとて」

田口 六蔵『<偉っそうに…、お前はオイラの父親かよっ>』

独歩『――――違う。俺はお前の父親にはなれん』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 異常極まる状況に、割と平然と受け答えする佐々城女史。
 
悲しくも理想、現実はコメディ
 と、国木田が「少年」に悲しい独白を告げていた頃、太宰は元気に“佐々城女史”を口説いてた
 今日も今日とてナンパの極み、それが太宰である
 が

 だーから、初日も隣室で休んだし、とーぜん指一本触れてナイ♪

 実は手を出してなかった!
 って、それなら何で前回は顔を赤らめたのかな!?

 シリアスに決め切れない独歩、またなんと、例の「理想の女性」も見られてしまう!!

 太宰先生これはひどい

佐々城女史『国木田さん…、これは無いです(真顔)』

イメージ 15

イメージ 16

 結果は轟沈であったが、「理想に燃える人が好き」で、国木田は好みのタイプなんだそうな。
 また、彼氏とは“別れた”後であり
 脈も有る

 国木田氏に春が訪れそうで、「でも無さそうだよなあ…」という一瞬。

 理想に燃える(物理)。

『希求しよう、理想の世界を。神の御手ではなく、我らの血塗られた手によって』

イメージ 9

イメージ 10

 また、「蒼の王」の生涯と映像も登場、前回チラッと新聞に書いてありましたが
 単なる爆弾魔ではなく、彼はテロリスト
 政治的思想がありました

 官僚出身で、それゆえ政治的腐敗に怒り、「法に守られた悪」を爆殺し続けた理想狂だったと。

 対象は汚職政治家や不起訴になった殺人犯
 罪を犯しながらも、「法律」に守られ裁かれない、そんな悪を許せなかったと。

『<ダメだねえ皆? 僕がいないとまともに捜査も出来ないんだから~♪>』

イメージ 18

 とまれ、捜査に転機をもたらしたのは乱歩、不運にも(或いは計算して?)九州に出向していたが
 連絡がついた彼は、安楽椅子探偵よろしく
 一発で看破してしまう

 爆弾の設置場所とは――――

中島敦『百貨店? 学校? どこでも何百人単位の犠牲者が出る…』

乱歩『<―――釣具屋さん、根岸町の釣具屋さんだ>』

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 罪には報い、それが「正しい結末」。そんな回でもある。

港湾都市」ヨコハマ
 意外で納得、輸入され貯蓄された“石油と天然ガス”の集積所、それが敵の狙いだったワケだ。
 かつ、“警戒厳重な敷地内”に入らず着火できる場所
 それが釣具屋!

 私の連絡は社長からだ、軍警からの連絡で「運転手が死んだ」。

 事件の進展と暗雲!
 誘拐、事実上の殺人の片棒を担ぎ、司法取引で保護された「運転手」が死んだ!

 手の平には奇妙な数字が浮かんでおり、異能殺害は明らか!

 この忙しい時に!

国木田『どうやら、ここで間違いないようだ…』

『二人は二階へ! 通信機を探し、停止信号を送るんだ!』

イメージ 24

 爆弾は当然セキュリティで保護され、解体するには、あまりに時間が足りなさ過ぎた。
 が、非常用の停止設備が「軍施設跡地」にあると超推理!
 向かった先には武装犯!

 国木田は、有象無象の相手を引き受け、二人を先行させる判断を下すが―――

国木田『何だ!?』

金髪『君の数字をおくれよ? 元気で素敵だねぇ、さぞ良い数字なんだろうねぇ』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 数字魔は、「金髪」としてクレジット。誰だったんでしょ。

地獄のコンビネーション
 当然、そこにはカウントが出た者を自在に操り、ゼロになったら自動的に死ぬという異能者が!
 チート過ぎってか、強すぎィ!?
 が

 残念ながら、キミの異能力はもう効かない…、それと相棒は荷運びに転職させた方が良い!

 もっとチートが!
 得意のワイヤーガンで瞬時に位置を入れ替える二人!

 どうも太宰、「自分に触れる事」で、自分への異能力の影響をキャンセルできるのでしょうか?

 敵に触れることなく異能力を無効化!

中島敦『体重差関係なし…、このコンビ、すごい……』

イメージ 32

 また、マフィア戦で見せたとおり「体術」に優れた国木田は、パワー任せの肉達磨を瞬殺!
 異能頼み、力任せ、それぞれの天敵である二人により
 あっさりと爆弾魔は捕縛―――

 毎度ながら、国木田さんの体術は異常。

 柔能く剛を制す!

中島敦『国木田さん、キーは!?』

国木田『ヤツが壊した』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 落ち着け小僧!が半ば口癖の独歩さん、そこが好き。

「理想を実現する」ツール
 また、破壊された解除キーは“一度見て、形と機能を理解した手帳大のモノ”を再現できるという
 独歩吟客であっさり複製、爆弾解除に成功。
 事件は終幕―――

 仰る通りです。死んだ人の時はもう止まっていて、今から何をしても喜ばず、微笑みません―――

 犠牲者に手向ける国木田
 そこに現れたのは、実は「恋人とは死別だった」という佐々木女史。

 てっきり国木田は気付いているのかと思いましたが、他人を信じやすい彼は、今回も気付きません。

 どころか、“後悔の言葉”すら気付く事が出来ず―――

太宰治『実は、真犯人にメールを出した…、証拠を握っているとね』

イメージ 38

 事件後、今回の事件は、誰もが偽情報で踊らされていたのだと太宰が語る。
 その証拠も、既に入手しており
 真犯人へ連絡済

 がなんと、現れたのは「田口六蔵」少年であった!?

 これは予想もしてなかった!?

独歩『―――真逆、お前がそうなのか六蔵!?』

六蔵『ナニ言ってんだよ、まだ始まってねえのかよ?』

イメージ 39

 と思いきや、単に「電子メールを盗み見たからだ」という、だって彼は無関係じゃないですしね
 思えば、“メールを使わなければ”六蔵は助かったのでしょう
 でも太宰はそうしなかった

 太宰がそこに気付かなかったとは思えませんし、まるで招くかのようにメールを放っていた。

 彼もまた、当時者だったからでしょうか

国木田 独歩『本当にお前じゃないんだな!?』

六蔵『危ねえメガネ!!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 1

イメージ 46

イメージ 47

 現れた佐々城信子は銃を下ろし、過剰防衛するなよ、自分は「法律に守られる」と薄く笑うが―――

「正しく」罪の報いを
 田口少年は、咄嗟に独歩庇って銃弾を受け、また「佐々城信子」が父の仇だと知るや
 彼女を撃ち殺してしまう

 彼女こそ蒼の使徒、タレ込みと“被害者のフリ”で事件を操った黒幕。

 蒼の王の恋人であり
 当時も、恋心から彼をバックアップした参謀担当。

 事件後も彼の事を忘れられず、踏ん切りをつける為、“裁かれる為に”事件を起こしたらしい

 彼女は、彼女の望み通り殺害される―――。

国木田『何故こんな事になる! 何が間違いだった!? 誰が悪かった!』

太宰『誰も悪くない、この結果しかありえなかったんだ』

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

 正しさとは武器だ、それは傷つける事は出来ても、守り救済する事は出来ない。

彼女を殺したのは正しさだ
 恋した佐々城女史も、守るべき六蔵少年も失った国木田、太宰は「事件の根底」とは正しさだと言う
 蒼の王が、理想を追った事で彼女は巻き込まれてしまった
 国木田も同様だと

 それでも! それでも進んで突き抜けてやる!! 俺の理想をナメるなよ!

 正しい結果
 それは、罪を犯した二人が「報いを受ける」事も含まれる

 正しさを追究する事は死屍累々という事、太宰なりの助言なんでしょうが国木田も折れない!

 心は救われ命は失われる、寂しい結末だった…!

予告・与謝野晶子『篤、どっか怪我してないかい? つまんないねえ…』

敦『先生の治療って、具体的には何をするんですか?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 1

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

 次回、檸檬」「和服少女」「与謝野先生」、三異能回とは豪華だな!

正しいと良いは別腹
 てっきり「刑事」と思ったらテロリスト側、それゆえ罪の意識、因果応報から逃れられなかった国木田回!
 最初っから、彼女は罪に手を染めていたんですね
 六蔵の結末も納得

 辻褄が合う、当人が納得して奇麗に終わるのと、「良い結末」かは別問題という話。

 いや六蔵は生きてるかもですが。
 でも、「正しい結末」となると死んでるよねっていう、それこそ「正しい」「良い」は別問題という話!

 次回、第八話「人を殺して死ねよとて」