GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『BAMBOO BLADE C 6巻』感想、タマちゃんvsキキ! 新旧主人公戦、決着!:土塚理弘&高尾じんぐ

 バンブーブレード一年後、タマと同い年、別の剣道少年&少女たちを描く2本目の外伝作品。

“二年の夏”、怒涛の決着! キキの戦いもこれにて終わりに……?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 原作バンブーブレードで自ら室江を去り、すっかり立派な“指導者”になったコジロー先生が再登場!
 誠心誠意の指導を重ね、教え子達に慕われる姿には
 グータラの面影はありません

 それもタマ達と出会い、己を鍛えなおせたから! その想いがまたタマちゃんを強くした!!

死闘、決着!
 が、「現主人公」、努力の凡才・キキが勝利をもぎ取る格好に。
 寂しいですが納得の結末

 ですが、そうした積み重ねすら瞬殺する「真の天才」って、高校女子剣道界、深すぎィ!!

真っ向から激突したタマvsキキ、長い死闘に決着!

イメージ 4

 まさかキキの方が勝つとは…。

凡才なりの満足
 タマキはコジローとの再会に「原点」に戻り、素の剣道でキキに一本返す事に成功。
 互いに読みあいを捨て、真っ向からぶつかったキキとタマキ
 その勝利はキキがもぎ取った

 が、そのキキをカグヤは秒殺、女王・榊ウラにも終始優勢を崩さず、ウラが彼女を気遣った瞬間に決着した

 自分を出し切ったと引退を決意するキキ
 カグヤが「再来年、ライバルになる」と評した飛鈴中二年、大木戸優のコーチを始める

 一方、キキの想いを継ぎ成長したスズハルは、快進撃を始めるが、「詰めの甘さ」を克服する余地があり…?

努力の果て、「天才」タマちゃんを破ったキキ! しかし…!!

イメージ 5

 まるでタマ戦に費やした尺を取り返すかのごとく、見開き五連発での瞬殺…!
 この試合、互角になる!と“周囲に予想させ”つつ
 一瞬で覆す決着に

 なんだか「カグヤ>>>タマちゃん」と言われたようで、少し複雑です

 ですが納得の決着なのかもしれません。

「本当の挫折」を越えた先で、絶対に勝てないと泣いた

イメージ 6

 むしろ、この試合で、「自分は絶対にカグヤに勝てない」と結論してしまった事が一番寂しかったです
 死ぬほど努力したといっても、長いブランクがあった後ですし
 その間も、皆は努力しています

 タマちゃんだって、キキが凹んでた間も、ずっと鍛錬を欠かしていなかったのですし……。

 読者、外野だからこそ言えるのかもしれません
 しかし…。

 とまれ、キキは早くも引退宣言。

キキの引退は、“主人公”を譲る為?

イメージ 8

 ともあれ、キキの思いと技術を受け継ぐ格好で、再びスズハルが“主人公”に戻る格好に。
 また、キキは「バンブーブレードB」の主人公・優と出あい
 彼女の教官も始めます

 キキは、公式戦と「主人公」を譲り、後進を育てる役割へと完全にスイッチ。

 その為の引退なのでしょうけれど、少し納得いかないものが。

初代「バンブーブレード」きっての問題児、すっかり先輩になる

イメージ 7

 性格はともかく圧倒的な実力を発揮したウラ、三年生であるという「優位」を以ってさえ
 カグヤを抑えきれず敗北―――

 その最大の敗因は、カグヤの身体を気遣ったゆえという。

 大人になったな榊さん…。
 団体戦勝利し、有終の美を飾ってはいるんですが、「原作組」敗退は、やはり少し寂しかったですね。

ABC,三作主人公揃い踏み!!

イメージ 9

 収録分の最終話、正確にはその一話前で顔合わせはしているんですが、「二年の冬」にして
 Aのタマキ、Bの優、Cのキキ(スズハル?)が揃い
 主人公揃い踏みの展開に!

 Bの主人公、優をカグヤと対比にし、キキが評するシーンは「なるほどなぁ」って思いました!

 懐かしい「B」の持田顧問も再登場!
 当面、キキは優にかかりっきりになるようですが、不良剣士とスズハルの行方はどうなるんでしょうね。

収録

イメージ 10

 勝つにはひたすら努力、それさえ折られた結論は「勝てない」という満足。キキの戦いはこれで終わり…?

 ビッグガンガンコミックス「BAMBOO BLADE C 6巻」。
 原作・土塚理弘、作画・高尾じんぐ月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2016年2月(前巻2015年6月)

 2年の夏17~20、2年の秋・冬、2年の冬2まで収録。

■同作者さま作品
 BAMBOO BLADE C 4巻
 BAMBOO BLADE C 5巻