GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『HG IBO ガンダムアスタロト』ランナー写真、外伝主役機! ギャラルホルンが“近年まで保有していた”ガンダム:ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼

 鉄血のオルフェンズ公式にて、第1話前半を試し読みできる http://bandai-hobby.net/tekketsu/

失われた“特殊武器”を前提にしたフレーム! ウォーレン家のガンダム

イメージ 1

イメージ 2

 ガンダムを討ち、ガンダムを取り戻せ。鉄血外伝「月鋼」主役機。

HG IBO-019 ガンダムアスタロト
 2015年10月「HG IBO バルバトス」のフレームを流用、装甲をすべて新規金型&スイッチなしで成型。
 左右非対称、民生機で装甲をでっち上げたという
 ジャンクなガンダム

 定価1000円と安価ながら、大判ランナーほぼ4枚分、ボリュームと買い得感のある外伝主役機!

 専用の大型ナイフ
 また、可動指を持つ左腕サブナックルと武装も豊富。

 手首は指・手の甲の2パーツが左右、PC-002と軟質樹脂関節で、鉄血系では標準の構造。

 今後、ライバル機らしき「赤いガンダム」も商品化予定。

11歳にして、“家族をガンダムに奪われた少年”。その5年後の物語

イメージ 3

 頭部のシルエットは酷似、アスタロトこそ仇という可能性も?

ASW-G-29 ガンダムアスタロト
 大戦で所在不明となるも、ギャラルホルン「ウォーレン家」が発見し、以来300年受け継いできたガンダム
 同家が取り潰され、闇市場に流れた機体を再入手した時は
 フレーム同然の姿となっていた

 ウォーレン家の生き残り、ヴォルコ・ウォーレンは、家の象徴だった本機を復元したいと考えている

 ひとまず暫定的な装甲を施したが
 不幸にも、身を寄せていた組織のトップが殺害されてしまう。

 何より自身の身体が不自由な為、トップの娘であるリアリナ、パイロットのアルジと協力するようになる。

シールは主に、腰部「ブーストアーマー」に使用

イメージ 4

 不足する色はほぼ補えますが、腰部左右のアーマーが、白一色なのは寂しいところ。
 シールに加えて、しっかりスミ入れが必須

 というか全体に明色なので、スミ入れの効果が大きいガンプラです。

 あと、スネの黒が足りません。

ランナーA1、A2「ガンダムフレーム1」

イメージ 5

 A1,軟質グレー
 A2,同上

 HG ガンダムバルバトスのランナーから、余計なパーツを「スイッチ」で削ぎ落としたランナー

 何気に、シリーズ初の「ガンダムフレーム」流用キットです。

ランナーB「ガンダムアスタロト

イメージ 6

 B,ホワイト

 フェイスパーツなど非常に細かく、対象年齢8歳としては割とハードルが高い。

 スイッチは一切ない
 設定上も、外装は「本来の姿」とは別物なので、パーツ流用の予定がないのも妥当なところ。

ランナーC

イメージ 7

 C,ブルー(インディブルー60%+ホワイト40%他)

 サワヤカな色!
 正直、サンプルの「落ち着いた青」と違いすぎ、面食らうパーツです。

 でも指定色、たっぷりホワイトが入ってるのね。

ランナーD

イメージ 8

 d、軟質グレー

 本機の特色、折りたたみ実体剣「デモリッションナイフ」を含む軟質ランナー。
 その磨り減り防止に軟質樹脂!

 いかにも量産機然としたライフルですが、逆に、唯一“散逸する以前からの武器”なんだそうな。

ランナーE

イメージ 9

 E、レッド。
 PC-002ポリキャップ

 これもスイッチなし
 ふくらはぎの赤いパーツや「耳」など、ちゃんと分割して再現しています。

 ただ額の赤だけは足りず、シールに頼る事になります。

キットそのまま、シール使用のサンプルでは

イメージ 10

イメージ 11

 画像は電撃ホビーWEB「ガンプラジャーナル2016年5月号」より。

この爽やかな水色!
 とかく、素組みだと「水色」っぷりにビックリしますが、シールによる色再現はほぼ十分。
 膝、股間などの色分けもしっかり別パーツと
 豪勢な構造です

 初の「鉄血外伝」にして、HG 1/144としては当面の「打ち止め」キット。

 もっとも、8月から9月にかけてライバル・ガンダムが商品化の模様。

本来の機能をすっかり失い、“散逸した”ガンダム

イメージ 13

 悪魔のナイフ、という印象的な武器を持ちますが、この原始的ともいえる武器は後付けの模様
 本来は、とある“特殊な武装”を使う事が前提の機体らしく
 専用の機構を持ちます

 ガンダムフレームながら、一部に特殊なエネルギー伝達系を採用

 現在は無用の機構と化していますが、“ガンダム”の中でも特殊な機体だったようです。

仇討ちを目指す少年は、“ガンダム”と出会う

イメージ 14

 漫画版第一話前半がホビーサイトで試し読み可能 http://bandai-hobby.net/tekketsu/special.html

鉄血のオルフェンズ 月鋼
 ガンダム専門の漫画誌ガンダムエース」で漫画が、ホビー誌「ホビージャパン」で作例が展開
 原作に登場するMS、百錬のカスタマイズ機などが登場する
 本編同時期の別の物語

 始まったばかりで、単行本化もされてません。

「戦略兵器」として生まれたモビルスーツガンダム

イメージ 12

 ガンダム・フレームとは、阿頼耶識システム」を最大限に活かす為に生まれた機体であり
 同システムは、長い戦争を終わらせる技術として生まれ
 そして実際に終わらせた

 だが300年を経て、「阿頼耶識」「ガンダム」の伝説はすっかり風化。

 阿頼耶識は、「非道だが便利な技術」として、法治が届かない圏外圏で流通しているが
 その圧倒的な性能は、ギャラルホルン自体が忘れ去り
 近年は研究も中止されてしまった

 だが鉄華団」「ガンダムバルバトス」の出現は、そうした太平の眠りを起こしてしまったかもしれない

 阿頼耶識阿頼耶識でしか倒せない。
 非道だが、ギャラルホルンが“手痛い教訓”を得た事もまた間違いないだろう