GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『僕のヒーローアカデミア 第7話』感想、たった一つの冴えてないやり方!:デクVSかっちゃん

 不覚ゥーーーーーー!とか、今週、ヴィラン飯田がめっちゃ良い味だしてた!!

これしか“試合に勝つ”方法はなかった。デクの決断、かっちゃんは何を思う!

イメージ 21

イメージ 61

 試験の際に別会場、かっちゃんが“リスク”を知らなかった事が、ここまで尾を引く流れとは!
 デクが、“実力を隠して”内心でバカにしてたんだろう
 ってのが怒りのポイント!

 使わない…、つもりだったんだ…、身体が、衝撃に耐えられないから…!

たった一つの解決策
 それが真逆、あれほどの痛みを負ってでも自分に勝とうとしたんだ、と理解した爆豪少年!
 この衝撃はちょっとアツいぞ!

 あと回を増すごとに可愛くなるお茶子さん、笑わせてくる飯田君も、凄く良いキャラって感じだった!

デク『自信に満ちたかっちゃんの背中は、かっこいいものだった―――』

イメージ 2

 しかし「個性発現」以降、悪い部分が加速しちゃったのね。

凄い奴だから
 勝己は、デクが自分を「ナメて」力を出さないのかと誤解、力を引き出す為に執拗に攻撃し
 クラスメイトをドン引きさせる

 対し、いつでも本気のデクは「凄いと思ってる」だから勝ちたいんだと絶叫

 勝己は本気にしなかったが
 戦いの末、「自分に勝つ」為にボロボロになったデクに、彼が本気だった事に衝撃を受ける

 戦いで勝てないと判断したデクは、チームプレイに徹して勝利をもぎ取ったのだった。不覚!

 次回、第8話「スタートライン、爆豪の。」。

大マイト『何年にも渡って書き溜めて、頭に染みこませたオタク知識が』

『背を押された事によって、報われているんだ…!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 知る人も少ないイレイザーヘッドも、ちゃんと知ってた緑谷少年!

爆豪怒りの正面決戦(希望)
 勝己との付き合いの長さと、膨大なヒーロー戦術知識が融合、デクの対応力は格段に良好だった!
 が、長年の“怒り”が爆発したのが爆豪だ!!
 怒っちゃってるんだ!

 なあオイ! 俺を騙してたんだな! 楽しかったか、ずっとォ!!

 騙されていた
 その怒りは、正面からデクの個性を破ることでしか、勝己の心を癒せない!

 自分はデクより凄い、そう証明しないと収まらないんだ彼は!

 暴走しちゃってるんだ!

オールマイト『緑谷少年から聞いた感じ、自尊心の塊だったが――』

『肥大化しすぎてるぞ…!』

イメージ 10

 そして今回の描写を見るに、「自尊心」を育てちゃったのはデクなんですよね。
 育てちゃってる、って感じのデクだ!

 今、爆豪少年は、文字通り爆発寸前なんだな!

デク『大丈夫、手の平に気をつければイケる…!』

イメージ 11

 一方デクは、この時点では“勝己に勝つ気マンマン”なんですよねっていう。
 現状、戦いはデク優勢で進んでますし

 オマケに勝己は、“移動速度に優れた”飯田君を、敢えて一箇所に足止めする戦術ミスも。

 核を守る為に一箇所に縛られ、飯田君は戦力半減状態!

なんで知らねえの…? なんで出来ねえの…?

あ、そっか、俺がすげえんだ…

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 爆豪少年を誰よりも尊敬しながらも、誰よりも対等に“友達”として接してた、それがデクである。

「肥大化」の要因
 回想、勝己が文武共に“人並み以上”だったのも事実、そして彼の対比となってきたのがデク
 人並み以下、そんなデクが傍に居た事によって
 自尊心が肥大化した

 俺をそんな顔で見てンじゃねえ…、やめろ、俺が、俺の方が上だ………!

 コイツは下という安心感
 それでいて、誰よりも「対等」に接してくる苛立ち。

 そんな気持ちが、“実は凄い実力を隠してた”という誤解で引火して、大爆発しちゃってるんだな!

 青春大爆発!

飯田君『―――僕もヴィランに徹するべきなのだ。飯田家の試練!』

イメージ 20

 一方、クソ真面目な飯田君も、ヴィランを演じるという科目に燃えていた!
 この子ホント真面目だ!

 ヒーローになる為に、悪に染まれ!

 やだカッコイイ!

ヴィラン飯田『俺はァ! 至極悪いぞォォーーーーーーー!』

お茶子さん『(真面目やーーーーー!)』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 悪の為なら掃除もする!

ヴィラン飯田!
 結果的に、お茶子さんに気付くことが出来たり、「対策」としてお方付けをしてたり
 抜かりない飯田君!

 様に…、なってる!?

 ヴィランがめっちゃ様になってる!?
 高笑いする飯田君、お茶子さんのお尻が気になる笑える展開だ!

オールマイト『まさかそれって…、ストップだ爆豪くん! 殺す気か!?』

爆豪少年『当たんなきゃ、死なねえよーーー!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 37

イメージ 38

 日頃、手にちょっと滲んでる汗でも引火する、溜め込んだのがこちらです!

ヒーローコスチューム
 一方、デクvs勝己は新展開に突入、勝己は“分泌液が引火する”個性をコスチュームで応用
 溜め込み、指向性を持たせる事に成功!
 遠距離攻撃!

 なあ、個性使えよデク…、全力のてめえをねじ伏せる……!

 目算が崩れたデク!
 生徒も、オールマイトもびっくりの火力!

 その一方で敢えて当てないなど、妙な部分で冷静なのも、勝己の怖いところであった。

 みみっちいとも言う!

飯田ヴィラン『このまま、時間いっぱいまで粘らせて貰うぜ! グヘヘヘ!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 同じくみみっちいというか、「女子には手を上げない」という紳士精神なんでしょうか
 ヴィラン飯田は、ハリボテを持って逃げ回る事に集中
 攻撃はしてきません

 また、お茶子さんは「自分に触れる」事で、自身への重力も消せる事も披露!

 なかなかの応用範囲だ! グヘヘヘ!!

マイト『<ヒーローとしては勿論、ヴィランとしても愚策だそれは!』

イメージ 39

 幸い、勝己のスーパー爆破も、ビル崩壊を招く危険があるからとマイトが制止。
 今回の彼は、“核を隠し持つヴィラン”を演じてるのに
 ビル壊すなんて愚策だ!

 合理的な理由により、なんとか殺傷能力は封印されるワケですが―――

 デクの方が覚悟完了しちゃった!

『リンチだよこれ! テープ巻きつけたら捕えた事になるのに!』

常闇 踏陰『ヒーローの所業に非ず…!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 才能マンだよ才能マン、などなど言われ放題であった!

デクの未来
 今回、どうしても「デクの個性に正面から勝ちたい」勝己は、敢えてトドメを刺さずに戦闘を続行
 が、クラスメイトには“私刑”にしか見えなかった
 ドン引きの帝王!

 君が凄い人だから、勝ちたいんじゃないか、越えたいんじゃないか! 馬鹿野郎ーーーーーー!

 叫ぶデク!
 勝己は、デクにとっても「越えたい壁」なのだ!

 遂に覚悟を完了してしまったデクは、真正面から殴りあう事を選択!

 知らない勝己は正面から迎撃!

オールマイト『双方、ちゅう―――』

イメージ 50

 今、間違いなく成長しようとしている緑谷少年、オールマイトは躊躇いに躊躇った
 こちらも、遂に「中止」を命令しようとする

 が!

デク&お茶子『いまだ、麗日さん!』『はい!』

オールマイト『!?』

イメージ 51

イメージ 1

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

 ホームランではなく無いかーーーーーーーー!?からの、不覚ゥーーーーーーーーー!

真意と真実
 実は「勝てない」と判断していたデクは、天井を破壊、“瓦礫を作る”事によってお茶子を勝利!
 デクが、自分をナメて殴らなかったと誤解した勝己はキレる!
 が

 使わない…、つもりだったんだ…、身体が、衝撃に耐えられないから…!

 違うそうじゃない
 ここまで、ここまで自分の体をブッ壊してまで、デクは自分に勝とうとしたと理解したのか?

 凄まじい顔で硬直する勝己、マイトの勝利宣言でエンド…!

 素晴らしいチームプレイだったぞ少年!

予告・オールマイト『爆豪少年が涙目になってしまうぞ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 1

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

 まさかホントにベースボールするとは!

スタートライン!
 いちいち、デクにやられたのと同じ背負い投げを返すなど、執念深くみみっちいカッちゃんの猛攻!
 能力の応用も、繊細な制御も兼ね備えるなど
 とにかく強い爆豪勝己

 対し、絶対勝てないと結論したり、控えめなデクを“誤解する”のが話の肝なんですね。

 今回ので誤解が解けたのか?
 次回、サブタイがちょっと面白いのと、飯田君が面白すぎて不覚だった!

 次回、第8話「スタートライン、爆豪の。」