GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第6話』感想、彼女の格好がエロい…。理想高い系独歩の後悔・前編:蒼の使徒

 初の前後編、状況が錯綜し、“種明かし”が楽しみな前編だった!

唯一、“生還”した佐々木女史! 被害者か加害者か? その格好がエロい…!

イメージ 37

イメージ 1

 謎のサブタイ「蒼の使徒」とは、過去存在した“爆弾テロリスト”の信奉者、って事なんでしょうか?
 誘拐事件の解明に、協力してくれたらしき“使徒”ですが
 今度は彼らの爆破事件に…?

 二転三転の状況、そして国木田君の「女の人に見せられない」理想の女性像とは…!?

薄幸の美女・佐々木女史!
 何気に美人揃いの文スト、ただ状況的に犯人くさいですよね
 予告に異能と筋肉男も出てますが。

 状況の錯綜が面白く、芥川とのショートバトルも見逃せない鮮やかさだった! 国木田さん強ェ! 

国木田『“理想”…、この手帳が、俺の未来の全てだ』

イメージ 3

 理想とは何か、彼なりの未来図を書き記した手帳を持つ眼鏡・国木田回。

誘拐⇒過去⇒爆破の復讐
 横浜で誘拐事件が連続発生、武装探偵社は、「蒼の使徒」のタレ込みで“被害者”を発見するが
 何故か、一人だけ溺死させられかけた佐々木女史しか救えず
 被害者たちを殺害される

 誘拐犯を追い詰めた国木田、だが犯人はポートマフィアの関係者を攫っており芥川龍之介とも戦闘に

 切り抜けて「誘拐犯」アジトに向かった三人
 そこは、かつて国木田が自害に追い込んだ、“蒼の王”という爆弾魔が拠点にしていたビル。

 三人は「蒼の使徒」からの、爆弾を止めろという依頼を発見する。

 次回、第七話「理想という病を愛す」

国木田『10秒も早く着いてしまった…』

『俺は現実をゆく理想主義者にして、理想を往く現実主義者―――』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 国木田さん、助けてください!

いつだって“理想”外
 そう、常に秒単位で「理想」を貫こうとする国木田だが、現実は常に彼の理想の行く手を阻む!
 具体的には太宰さんがな!

 こんなに相性悪い二人が、どうしてコンビを組んでゐるんだろう―――…?

 とは自然な疑問
 今度は毒キノコを食し、「虹色ゾウリムシ!」と騒ぎ出した太宰!

 敢えて“理想”を優先する国木田だが、その勇戦虚しく、今日も振り回されるのである。

 ま、物理的にブン回されるのは太宰だが!

春野 綺羅子『太宰さーん、社長より、本日の依頼です♪』

イメージ 12

 にしても春野秘書は出番多いし、キャラ名付いてるし「綺羅星!」って感じだし
 ミョーに、事務方では存在感がありますね
 眼鏡美人だし

 何かあるのでしょうか?

国木田『太宰、急げ! 約束の時間まで後2分15秒しかないのだぞ』

太宰治『そりゃあ大変だ―――』

イメージ 13

 てなワケで「ヨコハマ☆連続失踪事件」を追う事になった国木田太宰コンビ+貧乏少年。
 舞台は港、ポート、即ち……?

 被害者は「横浜に来た旅行者たち」、外部から来た者が次々失踪している。

 人が消える街ヨコハマ、まさに風評被害であるが―――

国木田『匿名のタレ込みがあったのだ、ある場所に、監禁されているそうなのだ』

太宰『“匿名のタレ込み”、実に胡散臭くてステキな響きだ―――』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 なお「理想」によれば、4年後に愛する人と出会い、6年後に結婚する「理想」だそうな。

お父上が泣く「情報屋」
 さて国木田の初手は、“依頼人”に裏がないか情報屋に探らせる、という堅実な一手だった。
 依頼人が「蒼の使徒」と知り、国木田は動揺する。
 が

 オイラの名前は田口六蔵、情報屋だ…。

 まず誘拐事件優先!
 蒼の使徒何故「味方するのか」が謎らしいが…?

 ともかく、国木田の事を良く知る情報屋、彼は“ハッカー”を生業としているそうな。 

 当然、非合法ですが――――

太宰『国木田君は何故、“田口少年の面倒を”見ているの…?』

『―――父親代わりのつもり?』

イメージ 20

 また、電話で済むはずの話を敢えて対面で行うなど、あの生意気な少年に対し
 国木田が気をかけているのは確か

 彼が「逮捕されれば悲しむ」という父親は、既に世を去っているそうな。

 クソ真面目国木田
 彼が、敢えて非合法ハッカーを頼るのも、田口少年の“面倒を見る”一環であると太宰は推理。

 もちろん、国木田ははぐらかすのですが―――

国木田『この運転手も情報屋で、元・舞台役者だ―――――』

『彼は誰よりも横浜の地理に詳しく、11人の被害者のうち、2人を目撃している』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 1

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 30

 この状況をどう見る?と問う相棒に、「佐々木さんの格好がエロい」と即答する太宰さんホント自殺魔!

武装探偵の失策
 国木田達は、失踪者の幾人かを「前日」運んだタクシーに乗り、タレ込みが示した廃病院へ。
 確かに、そこには“失踪者たち”がいた
 過去形となった

 横浜連続失踪事件の被害者、民間の探偵社が独断で踏み込んだ為、死亡、か……

 水死寸前の女性は助けた
 だが、他の「失踪者たち」は毒ガスにより全員殺害。

 その失態は中継されており、武装探偵社の失態、として広く喧伝されてしまった。

 男性モブに厳しい社会!!!!

『探偵社を陥れるのが、目的だったって事ですか…?』

イメージ 29

 問題は「誘拐犯」がそれをやったのか、或いは「蒼の使徒」の仕業かって事ですね。
 後述しますが、誘拐犯は“営利目的”で攫っており
 殺すのはおかしい

 蒼の使徒が、被害者の捕まってる場所を教えてくれたのは、“陥れる為”だったのでしょうか?

 つまりよくわからん! 

中島敦『? (佐々木女史は)どこに泊まったんですか?』

太宰さん『ウチ♪』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 41

イメージ 42

 佐々木さんの「昨晩お世話になりました」が意味深、個人情報も意味深。

理想論者の気付き
 翌日、佐々木女史&太宰さんの爆弾発言や、「国木田の理想の女性像」に一騒動が持ち上がったが
 ともかく、“犯人”も見つかった
 タクシーだ!

 被害者の身長体格が、ほぼ全員同じなのは、“お前が変装可能な客”を選んでいたからだ……

 元役者の運転手。
 彼は攫った「翌日」、被害者に成り済ましていた。

 すると、防犯カメラに映像が残り、“攫われた日時”を誤認させられたワケだ。

 それで全裸だったのね。

太宰治『佐々木女子の誘拐は、もっと簡単だったでしょう?』

イメージ 40

 ただし、「女性」の佐々木女史だけは、駅前で気分を悪くして救急車代わりに使われた為。
 彼女だけは例外。

運転手『―――全て、状況証拠です』

『取引を致しましょう、僕を保護して下さったら自首します!』

イメージ 43

 しかし風向きは急転、発案者は彼ではなく、“臓器売買”に売り飛ばしたいという黒幕の為の
 彼は、ただの実行犯に過ぎなかったのだ
 黒幕は別

 そして「攫った人間」の中に、運悪く“ポートマフィア”関係者が!!

 なんという事でしょう!

国木田独歩『ポートマフィアの連中か!』

運転手『たすけて! 死にたくないーーーーーーーーー!!』

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 バトル短けえ! だがカッケエ!!

やつがれvs国木田独歩
 運転手への報復を図るポートマフィアに狙われ、独歩・太宰・敦君は三手に分かれるが
 直後、マフィア一めんどくさい男が襲来し
 独歩を襲う!

 金属は脆い、人心も脆い…、貴様らはどうだ? 武装探偵社!

 スタンガンすげえ!
 正面火力で、独歩の劣勢は明白!

 だが芥川龍之介」を狙ったと見せかけ、水道管を破壊、スタンガンを放り込む事で感電攻撃!

 意表を突かれ警察を呼ばれ、芥川は早々に後退する。

中島敦『ここが、臓器密売人が取引に使っていたっていうビルですか…』

国木田独歩『―――逃げた後か』

イメージ 56

イメージ 57

 てな訳で、「誘拐事件の黒幕」との連絡拠点に向かうが、もぬけのカラとなっていた。
 ただ、このビル自体にも因縁が

 このビルは、「蒼の王」というテロリストが、自爆した場所だったのだ

 蒼の王とは爆弾魔
 であるなら、使徒」は彼の主義への賛同者なのか?

 テロなら主張があるはずですから。

国木田独歩『あの時、俺は、奴のアジトがここだと突き止め警察に報告した』

『―――俺が殺したようなものだ』

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

 王が自爆した時、指揮系統混乱で「田口少年の父」を含む、5人の刑事が巻き添えとなってしまった

使徒」の宣戦布告
 理想主義者の国木田は、己の判断を責め、以来ずっと田口少年の親代わりを務めてきた。
 亡父は刑事、だから“逮捕されたら親が泣く”と
 そういう事か

 武装探偵社への依頼文だ…、依頼は“爆弾解除”、できねば数百人が死ぬ!

 現在は誘拐犯アジト
 だが、待っていたのは「蒼の使徒」からの依頼。

 依頼という名の宣戦布告、明日の日没までに、“ここで作られた”爆弾を解除してみせろと!

 王を“殺した”探偵への、復讐って事なのか?

国木田『心配するな、爆発などさせん。今度こそ、必ず俺達が止める!』

イメージ 64

 不安がる敦に請け負う国木田ですが、どこか冷めたような太宰の様子からしても
 勝算でなく、責任感ゆえの断言なんでしょうか

 次回、事件の真相とは…?

予告・社長『解決できねば、探偵を名乗る資格なし!』

敦『こんな時に、太宰さんはどこに行っちゃったんだろう?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 1

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 基本、素直で他人を信じすぎる国木田、今回も「誰かを信じすぎている」のでしょうか?

理想主義者の業は深い
 誘拐事件を追っていたはずが、いつしか爆破阻止となる急展開! どういう事か考えるのが楽しい!
 また、国木田の「理想の女性像」にドン引きしてましたが
 その条件とは?

 それは女性に見せるなと言ってましたし、理想が高すぎるんでしょうか?

 状況的に怪しい佐々木女史
 予告で、国木田も花を供えていたという事は、“五人の刑事”の関係者でもあるんでしょうか?

 次回、第七話「理想という病を愛す」