GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『マクロスΔ 第6話』感想、VF31スーパーパック! 熱い“宇宙戦”に決断するヒマは無かった!:決断 オーバーロード

 せり上がってくるワルキューレの背中、宇宙ダンス、今週のバトルも見応えあった!

ハヤテ、ナイスキック! 味方護衛機のミサイル乱射かっけえ!!

イメージ 32

イメージ 41

 無我夢中の活躍を見せるハヤテ、ライブ、連携、ミサイル乱射が美しい味方部隊に見とれていたら
 あっ…、と思う暇もなく「撃ち殺してしまう」ハヤテ
 無我夢中の戦いだった!

 命がけで、何の為に、どんな想いで……!

初の「人殺し」
 既に、メッサーが散々叱りつけてくれた後だけに、ハヤテの立ち直りが早かったのも印象的です
 ミラージュ曰く、“平気なフリ”なのでしょうけれども

 いつしか「命がけ」である事に、ハヤテと熱意が逆転してしまったフレイア、頑張れ!

メッサー『お前たちには“技術”が無い…、今のままでは必ず死ぬ』

イメージ 3

 既に三回の戦闘を経験、「相手を殺すまい」と徹した二人を厳しく叱るメッサー。

命がけで
 激化する戦争の中、実質、独りでウィンダミアの屋台骨を支えるハインツ王子は疲労膝をつくが
 キースは、ウィンダミアが戦う理由である“破壊跡”を見せ
 弟であるハインツを鼓舞する

 彼らとの戦いの中、初の「宇宙戦闘」を経験したハヤテは、ミラージュを救う為に無我夢中で敵を撃墜

 だが今は「他のみんなも必死だ」と分かる
 ハヤテは負けてられないと立ち直り、ミラージュと共に“戦争”に立ち向かう。

 一方、ウィンダミア人に「裏切者」と罵られたフレイアは、己が歌う理由を再び深く考えるのだった。

 次回、第7話「潜入 エネミーライン」。

美雲『だって気になるじゃない? (風の歌い手の)歌から迸る“命の輝き”―――』

『不思議ね、あなたからは何も感じないのにね』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 あ、ラグ娘々のナイスバディな店員さんも、チャックさんの妹(姉?)なのね。

「戦い」の余波
 開戦以来、既に三つの戦いを経験し、ハヤテもフレイアもミラージュも厳しい忠告を受けていた
 また軍事拠点である惑星ラグナは、“特需”に沸く―――
 一方

 昔は説教すらなかったんだけどなあ、ミスしたら“じっとり睨んで”終わり…

 酒盛りする面々
 やはり、メッサーの厳しさは優しさの裏返しのようで。

 また軍需景気はイヤだと言っても、“ケイオス”だって間組織だから他人ごとじゃありません

 傍から見れば同類。

フレイア『あの目で、“何も感じない”なんて言われると…、はあ』

マキナ中島『あらあら~』

イメージ 13

 フレイアも、「厳しい先輩モード」に入ってきた美雲に反論できずこのザマだよ! かわいい!
 メッサー&ハヤテとはまた違う関係

 彼女の場合、本気で尊敬してるからガチで凹むってアレね!

 かわいい!

フレイア『美雲さんもキビシーかんねー、ステージは格好良いけどっ!』

ハヤテ『アイツの…、メッサーの飛び方もな』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 二人揃って「絶対見返してやる!」とか言うハヤテ&フレイア、なにこれ微笑ましい!

テクニックのザ・メッサー!
 またハヤテの中でも、彼は「尊敬すべき男」に変わりつつあり、だからこそ負けたくないってね!
 いいね、若者はこうでなくっちゃね!
 年寄もな!

 悔しいけどな…、でもよ……、絶対に負けん! 明日の訓練で見返してやるんだかんね!!

 当のメッサーに不調も
 どうも、持病か古傷があるらしく死亡フラグビンビンに…!

 今後、彼の死亡、また空中騎士団と共闘し「本当の脅威」に立ち向かう流れもあるんでしょうか?

 ヴァール現象、発生自体は謎らしいし。

カナメ『アラド隊長、こんなものが手に入ったんですが♪』

アラド隊長『おおっ、バレッタ・ネコクラゲっ!』

イメージ 21

 ていうかケイオスのメンバー、酒盛り好きにも程があるだろホント! 人生楽しそう!!
 だからこそ、酒を断りがちなメッサー
 異色ですよね

 ちなみにバレッタネコクラゲ」のスルメ、最高級品なんだそーな。

守備隊『<78飛行隊との通信も途絶えました! 奴らも精神操作を!>』

隊長『仲間同士で、殺し合いかよ!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 イオニデスの名も無い守備隊、叫びが悲痛…!

時空を越える歌声
 また、ミラージュも「名家の血筋」という重圧に歯を食いしばり、ハヤテの軽さに救われている面も
 が、そうこうする間も侵略は続く
 一方

 共鳴率が下ってきている…、ハインツ様、しばらく歌はお控えに……。

 侵略側の苦悩
 あの美雲も感動する歌、王子は命がけで歌い続けていた。

 彼の歌は、別惑星の「遺跡」を起動させ、更に遠い惑星へと伝播しているらしい。

 遺跡のある惑星が狙い?

ハヤテ『良い感じだ!』

オペレータ『<ユニット接続! MMBブースターパック、接続!>』

イメージ 31

 訓練を切り上げ、窮地の惑星イオニデスに飛び立つ母艦“アイテール”、その艦内では
 VF-31に、シリーズ定番の“追加パック”が装着!
 宇宙戦闘の始まりだ!

 今までと違い、最初から「戦闘」を目的とした飛行の始まり!!

 かっこいいぞ“VF-31 ジークフリード”!

艦長『α、β小隊はポイント“チャーリー”の防衛を! デルタ小隊はエコーへ!』

『これまでの借りを返して来い!』

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 エレベーターで競りあがってくるワルキューレかっけえ!

Walküre Attack!
 既に、統合軍の七割が操られている中での飛翔、ワルキューレは“チャーリー”地点で歌に徹し
 Δ小隊は、その姿を投影しながら戦闘に介入!
 ライブ開始!

 すげえ…、小惑星帯を踏み台にして……、よっしゃあっ!!

 腕だけ切り落とす隊長!
 鮮やかなΔ隊に、空中騎士団も介入、たちまち始まる「白騎士vs死神」のアステロイド高速戦闘!

 ハヤテなんかゴリゴリ岩で擦ってるし、メッサーさんかっけえ!

 何この戦場!

騎士団の双子『かわした!?』『バカな!?』

イメージ 51

 初の宇宙戦闘、苦戦続きのハヤテマンでしたが、投影されたフレイアの姿に奮起!
 ぶち当たる寸前、バトロイド形態へ変形
 駆け抜けるVF-31!

テオ・ユッシラ『風と…!?』

ザオ・ユッシラ『踊っている?!』

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 1

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

 防衛担当のα小隊、ミサイル一斉射撃が「マクロス」って感じでかっけえ!

キック、キック、キック!
 ハヤテのインメルマン・ダンスは、「風を読む」ウィンダミア人にこそ、むしろ驚くものだった
 双子をかいくぐり、“味方”を蹴っ飛ばすハヤテ!
 が

 見つけたぞ、裏切者ォーーーーーーーーッ!

 強襲するボーグ!
 敵の中でも、“ワルキューレ潰し”に最も拘る少年、再び強襲!

 からのハヤテ・キック、再び炸裂!

 ガンダムだコレ!

ミラージュ『ハヤテ! …私だって!!』

イメージ 63

 それこそ「予測不能」のハヤテの活躍に、今回、“教科書通りすぎる”と指摘されたミラージュ
 負けじと反撃に出る―――

 が、メッサーの忠告した「戦いなれた敵」に目を付けられてしまった!

 被弾するVF-31!

ヘルマン元教官『<貴様、戦果はまだだったな?>』

『<私が追い込む、仕留めて見せよ!>』

イメージ 64

 ミラージュに目をつけた「最年長パイロット」ヘルマンは、新米のグーラと共同撃墜を図る
 熟練者が追い込み、被弾させ脅威を削ぎ落とし
 新米が仕留める共同撃墜!

 が

ミラージュ『バカにしやがって!』

ハヤテ『まだ遠い! !? 推進剤まで!? ………ミラーーーージュ!!』

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

 彼も経験上 、十分に周囲と引き離していたつもりだったんでしょうか。

初の「撃墜」
 ヘルマンは、手馴れた様子でミラージュを追い詰めたが、無我夢中で追いつこうとしたハヤテは
 照準ギリギリの遠距離から乱射

 結果、ハヤテは彼女を救い、初めて「人殺し」を犯してしまう。

 時同じくして戦闘も終結
 今回の戦闘で、新統合軍に大打撃を与えたウィンダミア軍は、早々に撤退。

 殺したハヤテも、殺させてしまったミラージュも呆然。

 苦い生還を迎える事に。

美雲『早く行きなさい』

『下らない言葉に、足元をぐらつかせているような人間は必要ない』

イメージ 75

イメージ 76

 戦闘後、艦長や隊長もハヤテを気にかける中、またもフレイアにプレッシャーをかける美雲さん
 今回、「裏切者」と呼ばれ動揺したフレイアへ
 歌う意味を問う

 あなたは何故ステージに立つの? 何の為に? どんな想いで歌っているの…? もう一度考えなさい

 厳しいですが、彼女の動揺は全員を道連れにしかねないですしねえ……

ミラージュ『―――私が、初めて人を殺したのは、軍に入って一年目でした』

『覚悟はしていたつもりでした、でも―――』

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

 覚えるんです、平気なフリをする方法を――――、表に出さないだけで、みんな苦しんでいるはずです

戦士の責任
 戦後、同じく「殺す事」に躊躇いを覚えていたミラージュは、自分の経験と結論を伝え
 ハヤテと共に成長しようとする

 重荷を一つ背負う度に、誰かの幸せを一つ護る事が出来るなら、それは意味のある事だと思うんです…!

 ミラージュの理想主義
 正直、またハヤテになじられるかもとビクビクしながら見てました

 だがハヤテも覚悟していた、辛かったけど、ワルキューレも含めてみんな頑張ってるなら負けられない!

 負けてらんねえ、ってのがハヤテらしい。

フレイア『命がけで、何の為に、どんな想いで……!』

イメージ 82

 一方、ハヤテを励ましに来て、むしろ深く考えさせられたフレイアの姿が物陰に。
 歌でヴァールを鎮圧する、その凄さを讃えるハヤテ
 一話とか凄かったですもんね

 そこまで命をかける、何の為に、どんな思いでかけるのか?

 歌は元気、それがフレイアのモットーですが…?

キース・ウィンダミア『見るのです、我々の屈辱の印を…!』

イメージ 83

イメージ 84

 一方、ウィンダミア勢も「命がけで、何の為に、どんな想いで」と傷跡に目をやる姿が。
 この破壊跡が、彼らが戦う理由って事なのか
 何故こんな事に?

 放棄された街、ここで起きた事件が、“独立戦争”の原因なんでしょうか?

 最低でも七年前、未だに放電している理由は…?

艦長『“レディM”から新たな指令が下った』

イメージ 85

 今回、占領地の“遺跡”を調査・稼動させていたウィンダミア、そんな彼らを調べる為に
 潜入ミッションが決定!

 敵が占領した惑星、ボルドールで何をやっているか調査へ!

 先住民族は獣耳!
 この星系、どこも“異なる先住民族”がいるようですが、何かあったんでしょうか?

次回、獣耳ミラージュさん。占領された“敵地”へ潜入ミッション!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 1

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85

 前回で立ち直ったと思ったら、またもハイキックで叩き落されたフレイアの明日はどっちなんよ!

戦う理由は
 いや、今回もバトルライブが激しく、ハヤテの勇戦と触発されるミラージュが格好良かった!
 と、思ったらコレだよ!

 ですが前回、加えて三回の戦闘があったらしく、ハヤテにも覚悟が!

 メッサーの事情も深まり
 その一方で、今度は美雲さんがビッグな壁として立ちはだかる、新しい展開になってきましたね!

 次回、第7話「潜入 エネミーライン」