GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『僕のヒーローアカデミア 第6話』感想、ヒーローコス! デクにとって、彼も“凄いヒーロー”なんだよな!:猛れクソナード

お茶子さんの可愛い命名! 今の彼は、頑張っちゃってるデクなんだ!

イメージ 34

イメージ 1

 いつも卑屈だったデクが、“実は超スゴい実力を隠してた”と誤解するカッちゃん、烈火の怒り!
 対し、“凄い”と思ってたからこそ負けたくない!
 デクさんかっけえ!

 いつまでも雑魚で出来損ないのデクじゃないぞ……、僕は、頑張れって感じのデクだ!

「デク」誕生篇!
 双方熱く、そのまま続いちゃうとはズルい展開だ! オールマイトが普通に入って来るとかズルい展開だ!!
 改めてデクになる流れがカッコいいじゃない!

 お茶子さんの可愛さと良い子さ、飯田くんのクソ真面目さも輝いてるな!

お茶子さん『やっとヒーローらしい記録でたよーーーーーっ!』

イメージ 2

 などなど盛り上がるクラスメイト、スマートじゃないのも確かである。

凄いから負けない!
 勝己は、デクが「個性」を隠していたと誤解し、へりくだった態度もウソだったのかと激怒!
 翌日、オールマイトの実戦訓練でぶつかった事に歓喜
 全力で襲い掛かる!

 が、長年勝己を「凄い」と尊敬していたデクは、その動きを知り抜いた動きで逆手を食らわす!

 ヒーロー基礎学・実戦訓練
 デクはお茶子と組み、飯田と組んで「仮想ヴィラン」となった勝己と激突

 舞台は室内、核兵器を隠し持つ、狡猾なヴィランを演じる二人との“実戦”が幕を開けた!

 次回、第7話「デクVSかっちゃん」。

カッちゃん『(何だあのパワー!? 個性の発現はもれなく4歳までだ…!)』

『ワケを言え! デクてめえーーーーーー!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 ったく、何度も何度も個性使わせんなよ…、俺はドライアイなんだ!

もったいねえ!
 個性発動、試験では別会場だったカッちゃんは、石ころレベルだと侮ったデクの変貌に怒り
 突進し捕縛される

 ちなみに、相澤の個性は「見た者の個性を消し」「まばたきすると戻る」そうな

 しかもドライアイ!
 なるほど、それで前回も目薬してたのか!

 その後も体力測定は続き、出久は全競技参加にこそ成功したが、結果はズタズタに決まってる!

 おめでとう最下位、さようなら学校!

相澤『―――ちなみに、除籍はウソな?』

『キミ達の個性を引き出す、合理的虚偽――――』

イメージ 13

 とか、シリアスやっといてこのドヤ顔である。合理的虚偽!
 合理的好きだな!
 

『あんなのウソに決まってるじゃない、ちょっと考えれば分かりますわ』

『『『(気付かなかった……)))』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 ハンパに夢を追わせる事ほど、残酷なことは無い…!

最下位からの青春
 もっとも、相澤は昨年一クラスを丸ごと除籍し、彼なりの理念で“現実”を叩き付けている男だった
 マイトも感心しながらも「合わない」のは確か
 両極端

 でもデクって…、“頑張れ!”ってカンジで、何か好きだ私っ!

 一方、緑谷少年も極端!
 彼の中で、「デク」という呼び名がクラスチェンジした瞬間であった。

 おめでとうデク、ようこそ青春!

 好調スタートじゃないか!

マイト『―――安心している時間はないぞ少年、明日からが本番だ』

イメージ 26

 翌日から通常授業スタート、午前中は普通の勉学、そして普通に英語を教えるプレゼント・マイクである
 意外にフツーだ…!

 戦慄するほどフツーの授業! 

デク『―――昼は食堂で、一流の料理を安価で頂ける』

ランチラッシュ『白米に落ち着くよね、最終的に!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 41

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 落ち着いてるお茶子さん超かわいい

私が普通にドアから来たァ!
 午後! 圧倒的にドアから入室した大マイト! 担当教科は「ヒーロー基礎学」、根本にして王道!
 さっそく戦闘実技だ!

 格好から入るってのも大事な事だぜ、少年少女ッ! 威嚇するのだ、今日から自分はヒーローなんだと!

 始めようか有精卵共!
 なーんて、マイトの手荒い宣言とCMと共に「コスチューム」解禁!

 要望と個性に合わせ、学校サポートの会社が作ってくれるが、母の贈り物とマイトの外観をベースに制作!

 お茶子さんもパッツンパッツン!

電話マイト『個性登録…? アレ更新できるよ……?』

イメージ 40

 ただ、三週間前にマイトに電話した際、市の「個性登録」への説明を途中で中断。
 何かトラブルになるんでしょうか?

 何せ、突拍子も無い「個性」の発現ですし……。

母『これからは、手放し全力で応援するからねっ!』

イメージ 42

 そして溢れる母の愛、「無能力認定の日」の事を、ごめんねって謝ってしまった事さえも
 未だに覚え、悔いていてくれた母!
 ナイスヒロイン!

 本当、素敵だよお母さん!

オールマイト『統計で言えば、屋内の方が兇悪ヴィラン発生率は高いんだ!』

『監禁軟禁裏商売、心の賢しいヴィランは闇に潜む―――』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

 泣き顔の裏で、ずっとバカにされてたのかと誤解するカッちゃん!

実践実戦戦闘実技!
 対戦実技、2人1組で「ヒーロー」「ヴィラン」となり、核兵器の排除か敵全滅を狙うゲーム方式!
 無論、デクの相手はカッちゃんである!
 それ以外ない!

 この俺をダマしてたのか…、クソナードがァ――――…!

 意外なのは彼の誤解
 デクは「カッちゃんすげー!」と言いながら、腹の中で笑ってたのか、と誤解する!

 そりゃカッちゃんも怒るよ!

 そっちか!

デク『ちょっと…、だいぶ、身構えちゃって……』

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

 とはいえ、デクが勝己を尊敬する気持ちは、決してウソではない。
 デク自身と真逆ですし

 カッちゃんは僕なんかより何倍も凄いんだ……

 だから今は負けたくない!
 イヤな奴だけど圧倒的な自信、入試最強クラスの実力は、デクには真似できないものでした。

 男の因縁、デクが燃えてる!

オールマイト『<それでは、屋内対人訓練、スターーーーート!>』

『(緑谷少年…、成績は厳しくつけるからな…!)』

イメージ 68

イメージ 69

 身構えるマイト、そして「ワンフォアオールは使えない」と、厳しい戦いに制約を期すデク。
 あの力は、人間に振るったら即死させてしまう
 それは疑いない

 デク、強敵相手にハンデ戦、色んな意味で厳しい戦いに…。

 こういうところ、年季の差が出ますね。

デク『(フルで回せ…、屋内、狭い場所での戦いの記録……)』

『(思い出せ…!)』

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 1

イメージ 79

 年季の差で能力応用に勝る勝己、対し、デクには“分析”が味方する!

凄いヒーロー
 が、勝己得意の右ナックルを見事に避けるデク、「自分を狙ってくる」事は承知の上だった!
 何より、彼の戦闘スタイルは誰よりも熟知している
 彼が“凄い”から!

 いつまでも雑魚で出来損ないのデクじゃないぞ……、僕は、頑張れって感じのデクだ!

 凄いヒーローは分析してきた
 性格以外、勝己が同年代でズバ抜けてると誰より知ってるのは、他でもないデクなのだ!

 その戦法もまた熟知し、先手を奪って行くデク!

 が―――

勝己『デク…、ビビりながらよォ……、』

『そういうトコが、ムカつくなあーーーーーーーーーーーーッ!』

イメージ 80

 最低の動機で怒るカッちゃん! まったくヒーローらしくないのがカッちゃんの持ち味!
 だって、デクと色々と正反対ですもん!
 カッちゃん!

 次回、単に「性能ゴリ押し」するほど単純じゃない勝己に、デクはどう立ち向かうのでしょうか!

予告・ヴィラン飯田『フハハハッ! 俺は至極悪いぞ!!』

デク『なりきってる!?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 1

イメージ 79

イメージ 80

 次回、麗日くんの野球スキルが、どうベースボールするのでしょうか!

「凄い相手」を恐れない!
 以前、ヘドロヴィランに襲われた時もそうですが、「頭では」決してデクを認めようとしないカッちゃん!
 その点でも、デクとキレイに対になっている辺り
 カッちゃんは良きライバル!

 あとちょっと意外なのが、黒髪のスタイルの良い女生徒「八百万」さん。

 クールそうな見た目なんですが
 喋り出してみると、割と育ちの良い普通の真面目っ子ってカンジで、ミョーに印象的でした。

 次回、第7話「デクVSかっちゃん」