GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『クロムクロ 第5話』感想、視線がやらしい! “片角”vsクロムクロ、再戦!!:学び舎に来た男

 公式で全26話と発表。今週、美夏ちゃんのふとももの作画がとても素晴らしかったです(真顔)。

めっちゃ良いところで続いた!? 由希奈、戦いに恐怖を覚える…?

イメージ 45

イメージ 1

 前回に続き「現代」に戸惑う剣之介、また、天才少女・ソフィーが日本文化に造詣が深かった事や
 由希奈に惚れてる少年、可愛すぎる養護教諭の登場など
 どんどん賑やかになる回!

 世界はまた、侍を必要としている―――!

美夏ちゃん大人気!
 今回、よっしゃバトルだ!と思ったら続く焦らしプレイ、これは頂けなかったでござるよ!
 時間すぎるのが早かった!

 そして学内人気が高いという美夏への、嘗め回すような視線がやらしかった!

『青馬 剣之介 時貞である…、以後、見知り置かれたい!』

イメージ 8

 善哉善哉、侍、入学回でござるよ!

ハイスクール侍
 剣之介と由希奈は軍の所属となり、唯一の対抗兵器、クロムクロを操る役割を与えられた。
 やがて、剣之介は高校に編入する事となり
 現代文化に戸惑う

 また、ガウス隊の一人ソフィーは、剣之介が「侍」らしからぬと不満顔。

 そんな中ふたたび“黄鬼”が襲来
 剣之介と由希奈は、クロムクロを駆って対峙する事となる。

 次回、第6話「神通の川原に舞う」。

『由希奈さんと剣之介君には、“回路”がナノマシンで形成されています…』

『我々の技術で引き剥がそうとすると、致命的となりかねません』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 やはり人気のある由希奈嬢、バンダナ君にホれられてるらしいので真っ二つにしなけりゃでござるよ!

侍、「鬼」を語る
 編入40時間前、二人が“クロムクロ”と外科的に接続され、専用化されている事が説明
 少尉待遇にて、軍属が決まった

 鬼だ! 由希奈の父上が会ったというのは、コイツに相違ない。

 そして鬼
 奇怪! オープニングの仮面の怪物か?

 その人相書きはさっそく国連レベルで共有され、お偉いさんの頭を抱えさせるのだった…!

 こんなの論じにゃアカンのか!

ソフィー『セバスチャン? 折ってはダメです。貴重な戦力なのですから』

イメージ 19

 また連携する「ガウス」二機、計四名とも面通しとなりますが、ソフィーとの再会は最悪…!
 こないだ、思い切り胸を揉みましたから
 柔らかな胸をね!

 その執事、ヤクザにしか見えないがセバスチャンというそうな。

 と思ったら、アダ名らしい。

セバスチャン『自衛官とは仮の姿、あくまで執事でございますから』

由希奈『はあ……?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 スカートから無造作に伸びる、健康的なふとももの作画の良さ!

視点がいやらしい!
 再び学内、ただ「人気」にかけては、グラマラスな親友・荻布美夏の方が人気であるらしい。
 マニアック扱いかよ!

 きゃら…、きやらくたーの略…? また知らない言葉が……。

 困惑する侍
 そして、二人のラノベみたいな関係に飛ぶ黄色い声、怒りのバンダナ!!

 見た目によらず純情ボーイだというバンダナ君「赤城」君、見てて甘酸っぱいな少年!

 盗撮少年、度が過ぎるぞ少年!

トム隊長『という訳で、今日からお前は“ケン”だ!』

イメージ 20

 あと呼びづらいという事で、ケン!というあだ名が付く剣之介であった。
 アキタ・ケン等、ご当地ヒーローにも多いケン!

 KENN!

『<ふええ…、ノブナガ、出陣しまーーーーーすっ!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 怒るかと思いきや、意外に食い入るように見つめるケンさんであった。

図書館戦争
 その後も、歴史研究会で“ジャイアント・ロボ”を見たり、変わり果てた“剣道”に首を傾げたり
 剣之介は、彼なりに現代へ馴染もうと努力する
 だが

 侍の世は、終わったのか……。

 寂しい結論…。
 奇異の目、自分の生きてきた道が、とっくに終わっていたと知る剣之介。

 また、トホホな感じで可愛い「宇波 茉莉奈」先生は、カウンセラーをやっているんだそうな

 なんか可愛い。

剣之介『―――そこな奴ッ!』

イメージ 43

 何かあったら相談して欲しいという先生に頭を下げ、直後に眼光鋭く叫ぶケン!
 やはり、尾行に気付いていたらしい
 と思ったら―――

剣之介『お主も相談役殿に面談か、それともこの俺に用があるのか!』

ソフィー・ノエル『―――お見事です』

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 1

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 由希奈に「何で貴方なんかに」と呟くソフィー、何か可愛い。 

ソフィー・ノエル、侍を語る
 彼女、実は人一倍「侍」文化に造詣が深く、侍とはかくあるべき、と理想を長々と突きつける!
 が、剣さんまったく解らず!
 残念!

 世界はまた、侍を必要としている―――!

 圧倒的四文字熟語!
 ソフィーは、「敵討ち」という個人的な目的は許せないとも語った。

 どうも、彼女なりに思い描く「侍像」があるらしく、小春に近い趣味なのかもしれない。

 二人が出会う日が楽しみである!

白羽所長『<臨時編成で、現場はしっちゃかめっちゃかだけど……>』

イメージ 50

 一方、クロムクロは「ガウス」用トレーナーで移送中、二台を連結した特製らしい。
 いかにデカいか判りますね。

※全高は19.5m、一般的な「ガンダム」が18mなので結構デカいジェガン並み。

リタ『侵略者母艦は射出口を展開!』

ベス『効果予想地点、富山県富山市! 確率は95%です!』

イメージ 51

 しかし、衛星軌道上の敵母艦が射出、平穏な時間は打ち切りに――――。
 今度の敵は…?

 てなワケで颯爽とセバスが登場!

先生『―――誰だ、携帯を鳴らしたのは』

ソフィー『申し訳ありません先生、緊急事態が発生したようです』

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

 乗れ、由希奈! お前が必要だ…!
 
ケンさん格好良い!
 あまりに男前な誘いと共に出撃する二人、現れたのは応急処置された“黄鬼”であった!
 なんと性懲りもねえ!

 怖いか? 案ずるな、俺に任せろ…!

 参る!
 が、敵もま無策でやってきたはず等あるわけない!

 色の統一もままならない程、突貫で改修したらしい“黄鬼”の新たな能力とは!

 気になるところで続きやがった!

由希奈『この子は、首がないから“ヘッドレス”!』

『国連の人のネーミングセンスも、けっこうザックリだねえ~』

イメージ 66

 角を除けばクロムクロとほぼ同サイズ、同様に二刀を懸架するなど類似性が感じられる敵無人
 不可視の盾を持ち、遠距離から攻撃しても弾いてしまうが
 近距離には無いらしい

 そこで、ガウス」は懐にもぐりこみ、これを撃破する事に成功していた。

 また“盾”には限界アリ
 一方で、「黄鬼」同等の大型機は核攻撃にも耐えたらしく、両機の性能差が窺えます。

余談ですが

イメージ 67

 第一話で何やら読んでいたソフィー、もしかして時代小説でも読んでいたんでしょうか。
 当初、「天才少女」と聞いて実用一点張りかと思ったんですが
 意外に趣味人っぽい…?

 繰り返しますが、由希奈の妹、小春と意気投合しそうでちょっと気になります。

次回、グラハム司令が呆れる理由は…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 1

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 巻き込まれた前回と違い、「戦う事」を恐れ始めた由希奈。剣さんが頼りになるが…?

次回めっちゃ楽しみ!
 校内の'人間関係、ソフィーの知らなかった一面などを知り、また楽しさを増す回でしたね!
 養護教諭の先生かわいい!

 剣之介も懸命に時代に馴染み、仇討ちをしようと今週も奮闘。

 ですが「貴重な機体」
 まさに人類の財産とも呼ぶべき存在に、色々振り回されるのかと思うと、由希奈とは別の意味で不憫かも。

 次回、第6話「神通の川原に舞う」