GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第5話』感想、“超推理”! その違和感、意味があったワケだ!:Murder on D Street

“著作名に由来しない”乱歩の異能! 太宰さんの裏付けも光る推理回だった!

イメージ 58

イメージ 1

 終わって納得の乱歩回! 「そんな能力あるわけない」という言葉も含め、伏線だったのかもしれませんね!
 異能集団、だからこそ“一般人”が尊敬される逆転現象
 納得の回だった!

 だったら、脅し方を変える!

「脅し」の本当の威力
 私は、刑事二人の関係には最後まで気付きませんでしたので、言われてみるとなるほどなと。
 亡くなった山際さん、本気で焦るわけですよ…。

 そして次回、また強烈に国木田回らしくてこれも楽しみ!!

敬語国木田『(乱歩さんは)探偵社、いえ全異能力者の理想です!』

イメージ 2

 やたらめったらと「超推理」、乱歩を褒めちぎる探偵社だが…?

その名は超推理
 異能揃いで荒事無敵の武装探偵社にあって、「超推理」の異能を持つ江戸川乱歩尊敬の的。
 彼は「眼鏡」を引き金に、60秒で事件を解けると豪語
 事実、一つの殺人事件を解いてみせた

 だが実は、乱歩自身は「異能」だと思い込んでいるが、本当に純粋な推理力だった。

 太宰治中島敦に真相を語り
 その特殊性ゆえに、その特殊性を「彼自身以外は」全員知るゆえに、彼が誰より尊敬されていると語る。

 次回、第六話「蒼の使徒

江戸川乱歩『まさか? 二流探偵じゃあるまいし、助手なんて要らないよ』

『ほら僕、列車の乗り方わかんないから♪』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 今日は探偵になんか頼らない…、殺されたのは、俺の部下だからな…!

シリアスブレイカ
 が、不幸にも「乱歩の扱いに慣れた」警部が異動し、代わって、シリアス一徹な箕浦警部が担当していた 
 何せ今回、殺されたのは彼の部下なのだ―――
 が

 というワケで、一緒に心中してくれる美女をただいま募集中…♪

 溺死とあらば即参上!
 全視聴者に「ですよねー」と思わせる、太宰治見参!

 心中相手を求め、川を流れていた彼もまた「乱歩さん」と敬って応対するようである。

 人が死んでんねんで!

太宰『名探偵が必ずや、キミの無念を晴らすだろう―――! ね、乱歩さん?』

江戸川『ところが僕は、いまだに依頼を受けてはいないのだ』

イメージ 13

 が、エドガー・アラン・ポーさん、「依頼」を受けないと仕事できないらしい
 フツーの名探偵と違い、勝手に推理を始めたりしない
 それが乱歩先生であった!

 箕浦警部、真面目!

箕浦『必要ない、自分の部下は、私立探偵などより優秀だ…!』

江戸川乱歩『―――ほう』

イメージ 14

 が、売り言葉を即座に買った乱歩、なら「60秒で解決してみたまえ!」とかいう無茶振り!
 40秒で支度しな!

中島敦『普段の僕は、きっとこんな感じなんだろうな……』

杉本巡査『―…先輩は、政治家の汚職とポートマフィアの関連を追ってました!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 急にシリアスになる太宰先輩

僕は異能力者だからね?
 また、「ポートマフィアの仕業」と似ていますが、彼らは“敷石をかませて蹴り”顎を破壊
 トドメに胸に3発、というルールがあるらしい―――
 初耳…?

 ハッ、何の手がかりも無いこの難事件に、たいした自信じゃないか!

 売り言葉と買い言葉
 ようやくにして、「依頼」を引き出した江戸川乱歩

 それぞれ座右の銘が出てますが、敦君、ホントお茶漬けを奢りたくなる少年である

 生きてるだけで丸儲けよ!

箕浦『60秒、計ってやろうか?』

江戸川乱歩『―――そんなに要らない…!』

イメージ 25

 その異能は、「眼鏡をかける」トリガーを必要とし、手帳が必須の国木田君と似てますね
 太宰治も、相手に触れないと発動しない制約があり
 異能の制約もそれぞれ

 また、後から思えばその正体は、思い込みを補強するアイテムっぽいですね。

 あと敦君、“月”が条件かと思ったら、そうでもなかったですね!

江戸川乱歩『そう、犯人はキミだ―――――』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 事件をポートマフィアのせいにしようとした青年、杉本巡査!

異能「超推理」
 答えは一つ、この場で唯一、犯人の可能性を持った“名前付き”の青年・杉本巡査だった。
 彼は、“遺体に”二発撃たれていると口走った

 彼は今、懸命に考えている最中だよ…、使ってしまった“三発の銃弾”をどうやって言い訳するかをね

 事件現場も看破
 また乱歩は、彼が「犯人だからこそ」現場に戻ったとも指摘。

 かくて、あっさりと事件は収束してしまう。

 また――――

箕浦『続きは職場で聞こう、お前にとっては最後の職場になるかもしれんが…』

イメージ 38

 箕浦警部の台詞が渋かったですね、いや「捜査の邪魔しかしてない」とも言えますが
 ヘタにやらせて、現場を荒らされても困るしね!
 彼も仕事だからね!

杉本容疑者『撃つつもりは無かったんです……―』

『彼女は、政治家の汚職を追っていました。そこで証拠品を入手したんです…』

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 こんな頑張り屋の美人さんが死ぬとか…、太宰先輩とかあれほど死にたがってるのに…!

機転偶然悪徳の栄え
 実は、警察官試験に落第していた杉本は、「ならば」とくだんの議員の口利きで警官になっていた
 政治家の犬だったのだ

 だったら、脅し方を変える!

 その機転は本物!
 彼は「彼女を撃てなかった」が、自分自身を人質に脅す手に出た

 結果、もみ合いとなって彼女を撃ってしまい、偽装の為に「3発」になるよう弾を撃ち込んだのだと。

 その偽装も、また議員の指示だったそうな。

江戸川乱歩『ねえ杉本君? 彼女の最期の言葉、あててみせようか?』

イメージ 51

 乱歩さん、トドメの一言

江戸川乱歩『“ごめんなさい”、だね…?』

杉本『―――!』

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 なるほど、恋人同士だったから、“顔を踏み壊す”なんて出来なかったのか…。

彼が尊敬される理由
 帰り道、実は本当に「推理」であり、太宰が触っても阻害できない正真正銘の常人だと語られる
 傲岸不遜な乱歩、彼を“周囲が敬う”真実の理由は
 本当に優れているから―――

 ああ、キミはまだ知らなかったか……、実は乱歩さんは“異能力者じゃない”のだよ

 杉本の言動
 また、化粧もせず呼び出しに応じた理由や身なりなどなど…

 遺体や状況は多くの情報を持ち、乱歩は、無自覚にそれを頭で推理できる本当に優れた人だったのだ

 太宰先輩、あの時、判定なんてしてたのか…。

太宰『実に、偉大な御仁だね…』

中島敦『―――何となく分かりました、皆が乱歩さんを尊敬する理由が…』

イメージ 62

 江戸川乱歩26歳、何とも魅力的な御仁、そんな回だった!

予告『理想とは言葉である、思想である、この手帳は俺の理想の全てだ!』

『女性に理想を求めて何が悪い!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

 次回、国木田vs芥川先輩!? 勝てないと評した相手になぜ国木田は挑むのかという独歩!

全異能者の理想の能力です!
 冒頭、「すごい異能だ」と褒めちぎっていたのも、乱歩自身が異能だと信じてるから?
 探偵社内の、人間関係がまた一つ垣間見えたような
 面白い回でした

 ただ、ポートマフィア式殺害方式、これは今までの回で全く描写が感じられませんでした。

 報復専用のやり方?
 なので、太宰が「犯人」を騙す為に嘘をついたのかとも思いましたが、そこは杞憂でしたね。

 あと予告がはっちゃけすぎて楽しかったので、ぜひ女性の趣味とやらを知りたい!

 次回、第六話「蒼の使徒
 何の事…?