GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

電ホ『1/144 クランシェ★アスタ その2』、 “顔”は、操る少女に合わせてスペシャルに制作!:電撃ホビーweb/ガンダムBF

 【ガンダムビルドファイターズ連載】“てのひらで楽しむガンプラ”クランシェ★アスタを作る(その2)

変形の要、MS形態の太モモに“鳥型時に爪になる”パーツを配置!

イメージ 2

イメージ 1

 電撃ホビーweb該当ページはこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/191800/

ガンダムビルドファイターズA-R
 本機は、「アニメ第一作」以前に行われた世界大会を舞台とする、外伝漫画に登場するガンプラ
 作例第2回は、機構の要である“両膝の爪”制作と
 フェイス変更などが公開

 曰く、“理由は単純に「目があった方がスペシャル感があるから」です”とのこと。

 なるほど。
 バイザー型かツインアイか。

 迷ったそうですが、操るのが「世界大会覇者・カイザーの娘」と聞いてこうなったんだとか。

 目がやけに印象的なのも、使い手の幼さを「大きな目」で表現したそうな。

「変形」はクランシェの機構そのまま、ただし

イメージ 3

イメージ 4

 足をまげて、尻尾を表現してるのね。

胴体曲げ機構
 ライフルが「インコの頭部」になる変形ギミック、これは第一回で制作記が公開されました
 続いて、モモの爪の展開

 基本、エビぞリというか、「逆にブリッジしてる」状態なんですよね。

 モモが開いて爪に
 顔の部分にライフルがかぶさって、頭部を形成。

“爪”は製作後に複製、左右、同じパーツになるように製作

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 操るのはカルロス・カイザーの愛娘、単行本化が楽しみですね。

クランシェ★アスタ
 四肢など、かなり原型を活かした改造で、制作中の頭部も「あれ?」と思ってしまうほど。
 モモも、キットベースで製作されたそうですが
 原型は残ってないそうな

 また、太股の大型化で可動範囲が狭まったので、フロントアーマーも変更したそうで。

 元キットでも可動の弱点でしたものね
 太股が極端に大きいことが、外見的な特徴になってたので欠かせないパーツでもあるんですが

 最後の第3回は、ツバサと、塗装の指定でしょうか?