GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『蒼き鋼のアルペジオ 12巻』感想。決着の一撃は、 “イ401”ならではの切り札!:Ark Performance

 霧の誇りを謳うほど、コンゴ自身は“霧らしく”なくなっていく皮肉な展開。アニメ版を思い出しますね。

vsコンゴウ艦隊戦、決着! コンゴウの“悪あがき”の行方は…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大。

 やはり決め手は“第11巻の表紙”のアレ! コンゴウらが、切り札と思い警戒していた超重力砲
 全てを囮に、また「総旗艦」からも思わぬ助力を得た格好で
 黒の艦隊戦は決着に

 が、ラストは相討ち狙いの悪あがき! 群像の生死不明で続いちゃうスンポーよ!!

よっしゃ分かりやすい!
 今巻は、「周囲」の状況描写を抑えて艦隊戦に集中し、一気呵成に最後まで描いたのが嬉しい!
 コンゴウさまも撃沈倶楽部の仲間入りに…!

 今回の「旗艦装備」、表紙の“式典服+和服”など華美な服装が続いたコンゴウさまも、遂にジャージに…!?

伊400系とは、“潜水空母”と俗称された世界最大の潜水艦である!

イメージ 4

 その艦載機“セイラン”が出撃! 戦いの決定打に!!

イオナ、翔ぶ
 アシガラとハグロを従えヒュウガを奪われたイオナは、メタンハイドレードの埋まった海域へ敵艦隊を誘導
 最大の切り札と警戒される、“超重力砲”を早々に撃ち放つことで
 弾道に隠れ、コンゴウ艦隊へ肉薄する

 群像達はメタンハイドレートに着火、海が泡立つほどに大量気化させる事でコンゴウ艦隊を足止め

 イオナは自身の制御を“仲間達”に任せ
 彼女自身は、艦載機「セイラン」の制御へと特化する事で、コンゴウへ肉薄―――。

 メンタルモデルを得て、「感情」に支配されたコンゴウは、霧の誇りに拘る余り敗北を喫する。

 が、コンゴウ最後の一撃は群像の“マツシマ”を捉え―――?

鍵は“魔の三角地帯”の要因ともされる、メタンハイドレード

イメージ 8

 彼女に回収され、ヒュウガとヒエイもタカオと同じ先行きに?

 今回の勝利は群像たちだけでは為しえず、「メタンハイドレード」を気化させる最後の詰めで
 総旗艦の直属、駆逐艦“ユキカゼ”の助けによって
 ギリギリで成功に至った

 彼女自身は、ひどく「面白がり」で、総旗艦のヤマトとも相通じる性格。

 ヤマトではなく、その片割れ「コトノ様が喜ぶ」から、と介入したのもちょっと意味深でしたね。

ヒュウガの“姉”イセ、旗艦装備によって召還される

イメージ 9

 ヒュウガがイ401に搭乗していると誤解、現状、あまり比重が大きくない存在ですが
 今後、何からやらかすんでしょうか

 妹がイオナに拘るように、彼女はヒュウガご執心なんですかね?

 海水に飲まれ、水着を形成するなど茶目っ気のある性格。

アシガラ&ハグロ、“撃沈倶楽部”に入部する

イメージ 6

イメージ 7

 前回見せた和服&巫女服が、彼女達の「お気に入り」らしい。生徒会はイヤかね!

あっちもこっちも!
 前回のアシガラとハグロは「監視付き」で、一時的にイ401クルーに参加。
 ジャージかわいい!

 この捕まりっぷりってば、タカオを連想しますね。

 生還し、イ401の戦術を学ぶ為という「実利」から協力する彼女達ですが、その行方は……?

収録

イメージ 1

 カバー下、コンゴウさまがすっかりくたびれるという異例の展開に!

 YKコミックス「蒼き鋼のアルペジオ 12巻」。
 Ark Performance(コンビ名)、ヤングキングOURS連載作品。少年画報社
 2016年4月(前巻2015年7月)

収録
 67~72話まで。各サブタイトルなし。著者コメントなし。
 冒頭にあらすじ、巻末に次巻予告あり。

 ヒュウガがユキカゼに囚われる67話から、コンゴウ撃沈、群像のマツシマが撃ち抜かれる72話まで