GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『オリハルコンレイカルDuo 最終巻』感想、それがオリハルコンの望みなら! ラスト2巻同時刊行!:4巻&5巻 綱島 志朗

ジンキ”の綱島氏が描いた、人形の少女と、彼女を作った青年のバトル作品! シリーズ全8巻。

    ラスト二巻は「合体表紙」で同時刊行! 新情報がめっちゃ多い最終巻!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 7

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 シリーズ完結編、ラスボスは四巻初出だったり、カリクムの「前創主の死」は事故でなかった
 残った全てを、一気に出し切るような最終シリーズでした!
 頭で追いつくのに精一杯だよ!

 

 特に四巻は、やはり「元・敵」、ラクレスの頼もしさが光った巻でしたね!

 

あたしは楽しいわよ!
 出自上から距離を置き、からかうような言動が多かった彼女が、笑いながら勝ち誇るシーンとかね!
 それを言えば、激昂され殺されると分かっての嘲笑!

 

 敵機を逆用して武装する場面といい、四巻はラクレスが光ってた!

    『それが創主の望みなら、オリハルコンは全力で応えるのみだ!』

    『それがオリハルコンの望みなら、創主は全力で応えるのみだよ』

イメージ 10

 ラストは広い世界への旅立ちエンド! なお、ヘタレなので皆で行く事になる模様。

 

人と絆とオリハルコン
 大会の裏にいた組織は、少量のオリハルコンでも作れる新型を開発、その「軍用兵器化」を図り
 無限ハウルと、“人と一体化する機能”を用いる事で
 動力と操縦性の改善を図った

 

 その首魁、かつてオリハルコンと一体化し、戻れなくなった男と相対するレイカ

 

 ミスリルの力で、“世界中のオリハルコン”と同調した彼女達は
 ハイ・オリハルコンに進化。

 

 彼“エルゴナ”を討ち、第二次ベイルハルコン遭遇戦は終結、出会った面々は新たな日常へと向かう。

 

 レイカルも“世界中のオリハルコン”に出会うべく、新たな旅へと出るのであった――――(終)。

    四巻、現れた「レイカルの娘」

イメージ 6

 また本作ならでは、自分がブチ壊れると分かってて「娘」を庇ったイカルの笑み!
 唐突な“娘”登場から、一気に事態が動いた四巻
 トーナメント編は途中終了に

 

 いつかのダウン・オリハルコンではなく、現代技術とかけあわせた、オリジナル並みの量産型が開発!

 

 謎技術と先端科学の融合、こういうの、私大好きです!

    最終巻、種明かしと新情報ラッシュ、惜しみなく最終決戦に!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 8

 最終巻の表紙は、四巻と遂になったものでした。

 

騙されていた「姉妹」
 そもそも、存在しなかった「バルログラム」様、語源は“プログラム”なんでしょうか?
 ミスリルの二人は、組織に踊らされていたに過ぎず
 人間嫌いも辛い経験ゆえ

 

 無限ハウルは動力、一体化するハウルシフトは「操縦」の技術、軍用兵器とすべく目を付けられる!

 

 暗躍していたヒヒイロの真意含めて、なるほどなー、って流れだった!

    最終巻、初登場する「カリクムの元創主」

イメージ 9

 彼女が利用されたのが全ての始まり、意味ありげに登場し、最初はまったくの役立たずなど
 愉快な人だった!

 

 小夜の頑張りは最終巻の見所で、最後まで本当に強い人でしたね。

 

 敵対した中学生、水野さんを助けたり
 主人公顔負けに、熱く奮闘しまくるヒロインというか、最終巻辺りはダブル主人公状態だった!

    最終巻にして判明した、ヒヒイロの強さの秘密

イメージ 1

 また、いつもの沈黙を破り、最終巻では全力戦闘を披露したヒヒイロ見所でした!
 良くて相討ち、と読者にも感じさせる激戦でしたが
 ラストでは何気に生存

 

 彼女に限らず、決戦では「死者」は出さず、またカップルが大量発生するクライマックスに。

 

 あのカップルラッシュな最終回、どことなく懐かしさを感じるノリでしたね。

    収録

イメージ 11

 最終シリーズ新キャラは、抜け目ない創主と対称的な「アッシュ」が妙に印象的です。かわいい。

 

 REXコミックス「オリハルコン・レイカルDuo 4巻&5巻(完)」。綱島志朗
 月刊Comic REX連載、一迅速社発行。
 2016年4月発売

 

四巻収録
 第14話「第一試合の勝者たち」
 第15話「ハウル・アイヒー」
 第16話「乱入者」
 第17話「陰謀の2大対決(前編)」
 第17話「同(後編)」
 第18話「やっぱり痛い」
 第19話「オリハルコンの強襲」
 番外編「ラクレス ダークネス」
 カバー下オマケ

 

五巻収録
 第20話「シルディとラドリィ」
 第21話「ヒヒイロVSエルゴナ」
 第22話「カグヤの導き」
 第23話「希望の瞳」
 第24話「ハイ・オリハルコン
 最終話「レイカルのユメ」
 カバー下オマケ

 

 無印シリーズ全3巻は、角川系で連載されるも掲載誌が休刊に、一迅社に移って「Duo」で完結に。 
 長らくお疲れ様でした

 

 ただ、脱がしまくるのとレイプまがいなのはもう少し控えめに…。

 

■関連記事