GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第4話』感想。なぜ脱いだ!? “最悪の事態”、到来!:運命論者の悲み

 なお、“国木田視点での”最悪の事態だった模様。

そして際立つ“樋口一葉”のザンネンさ! 武装探偵社、その実力は比類なし!

イメージ 30

イメージ 40

 って、特殊部隊級すら一蹴できる国木田をして、“勝てない”と言わしめる芥川先輩のスペックって…!?
 サブタイ通り、これが僕の運命なんだと悲観した敦君
 報われて何よりだ!

 敦が戦いで役立たなくても、不幸を呼んでも、当然のように受け入れてくれた国木田の反応!

この鈍感独歩さん!
 対して、探偵社の実力を見誤った一葉後輩、またぐーんと株を下げちゃいましたね
 キャラ的にはオイシイですが。

 また、気になるのはナオミ嬢、助かったとは言ってましたが…?

メガネoff国木田『―――安心しろ、二人は無事だ』

イメージ 2

 思わず国木田さん…? と疑問形になるメガネoff。

運命論者の呆然
 敦は、標的となった自分が身を遠ざけることで、探偵社を巻き込むまいと考えた。
 自分は、いつも周囲を不幸にする運命だと決めつけ
 身を引く敦

 が、武装探偵社自体に怒りを燃やした樋口一葉は、懇願を無視し、組織の武闘派「黒蜥蜴」を差し向ける

 慌てて戻った敦
 彼が見たのは、「黒蜥蜴」を一蹴した探偵社の面々。

 国木田独歩のイヤミに、ようやく、自分は「居ても良い場所を見つけのだ」と敦は涙する。

 次回、第5話「Murder on D Street」

与謝野晶子『良い感じに大怪我してくれたわねぇ、谷崎ィ~?』

『そんなにアタシの治療が好きかい…?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 妹がアレで、女に襲われ、そして女に“治療される”女難の男、それが谷崎潤一郎

君死にたまふことなかれ
 与謝野の異能は、描写こそないものの治療系らしく、何故か脱ぎながら谷崎を絶叫&回復させる。
 また、国木田には隠しきれない焦りがあり…?

 国木田さん…、相当焦ってる……、説明がわやわやだ……

 わやわやだァ!
 国木田、本は逆さで眼鏡は額、キャラ崩壊して「俺がなんとかする」と大ハッスル!

 焦ってるにしても余裕ある焦りだな国木田ァ!

 めっさ焦ってる!

国木田『自分の出来る事を考えておけ』

『―――ところで小僧、さっきから探しているんだが。俺の眼鏡を知らんか』

イメージ 12

 と、昭和のギャグをかます国木田だったが、敦君は「この一言」に追い詰められていく。
 自分に出来る事。

 今、異能も使いこなせない中島敦が、“役立つ事”といえば―――

 そりゃあ、一つしか無いですよねえ…。

『実は最近、我々ポートマフィアの荷を横流しする不埒な輩がいると聞いてね』

『とりあえず、証拠を探している―――…』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 黒蜥蜴といえば、江戸川乱歩の小説に出てくる女性盗賊、盗賊団のボスの名ですが…?

残虐非道・黒蜥蜴
 また、ポートマフィアの内紛が描かれ、組織内の不埒者が「処分」されてゆく
 実行犯は“黒蜥蜴”

 異能力者広津柳浪」は、異能力と部下で彼らを虐殺―――。

 マフイアの実戦部隊
 部隊名は、彼の著作の「黒蜥蜴」から命名らしいが、敢えて連想させる名前を選んだ理由とは?

 とまれ、彼の異能は触れた人、モノを次々と破壊!

 破壊の異能力!?

樋口一葉『―――はい、どなたですか?』

中島敦『<僕だ…>』

イメージ 19

イメージ 20

 その殺戮現場にて、「軍の特殊部隊にも匹敵する」という噂を聞いて敦は呆然。
 もし彼らが、探偵社に向けられたらと恐怖した敦
 覚悟の電話をする

 僕は探偵社を辞める…、独りで逃げる、捕まえてみせろ!

 意図は明白
 てか、「前回の名刺」自体は本物らしい。

 一葉さん、なんて迂闊な!

国木田『最悪の状況になる可能性が高い、運ぶのを手伝って―――、おい!?』

敦『心配いりません、この探偵社は安全です…』

イメージ 21

 そして国木田、敦の覚悟に、まったくもって気付かないというファンサービス。
 この人、ホント素直なんだから!

 社を巻き込まない為、敦は独りで出て行ってしまうが―――

 対する樋口一葉、意外に偉かった!? 

樋口 一葉『まずは護衛たる探偵社を殲滅します―――』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

 芥川は、牢に閉じ込められた少女をスカウトにしに行ったらしいが…?

運命論者の悲み
 今回の件も、自分は生まれつき「そういう運命なんだ」、と受け入れてしまう中島敦だったが
 芥川の為、一葉は“探偵社襲撃”を黒蜥蜴に依頼

 ああ! 貴女の生活力がまぶしい! その行動力がもっと眩しい~~~っ!

 もう一人の当時者
 太宰は、またも美人女給さんに心中を頼んでは玉砕!

 文豪たちの時代、女給さんは美人と相場が決まっているからね、仕方ないね!(偏見)

 どんだけツケ溜めてんだよ!

『ま、大目に見てくれ、用事はすぐに済む―――』

イメージ 30

イメージ 31

 まもなく乗り込んだ「黒蜥蜴」は、カフェの上階、武装探偵社にマシンガンを一斉射―――!
 どうも、広津柳浪の異能は接近しないと使えないらしく
 基本はマシンガン!

 マフィアと言えばトンプソン機関銃!

 武偵社、絶体絶命―――

中島 敦『僕の行くところなんて、どこにもありはしない……―』

『!? 銃声! なぜ探偵社が!?』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

 いつから絶体絶命だと錯覚していた?

運命論者の呆然
 その時、銃声を聞きつけた敦は事態に気付き、戻ってみたらば全てマルッと終わってた!
 ま、最悪の事態だけどな!

 え…? “最悪の事態”ってコレ…? 特殊部隊並みの武闘派って…?

 一蹴した探偵社!
 最悪とは、今回の「損害」「迷惑をかけた」と、他の住人さんに謝らねばならない事だったのだ…!

 てか、こんなに強い国木田でも“勝てない”って芥川どんだけだよ!

 びっくりするほど呆気ねえ!

『ポートマフィアより、ぶっちぎりで物騒じゃん!?』

イメージ 44

 倒れたマフィアは、面倒なので、「四階の窓から」まとめて放り捨てた模様。
 死ぬよ!?

 ボスっぽい百人長さんまで!?

国木田『自分に出来る事を考えろといったろうが、まあ片付けくらいだろうが?』

『―――なんだお前、泣いているのか?』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 鈍感独歩さんは気付きませんでしたが、彼の「何か役に立て」とは、「出てけ」という意味じゃなく
 純粋に、“戦えない敦にも手伝いは出来る”だろ
 働けという意図

 初めて「厄介者扱い」されなかった敦、驚きと喜びの涙であった……。

 なお国木田独歩さん
 新社会人、敦が“弱虫で泣いた”と誤解した模様。

 ダメな人か!

予告・江戸川乱歩『良し敦君、僕の仕事に同行したまえ!』

『僕が良ければ、全て良し!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 芥川が招き入れた少女とは、オープニングの和服の子なんでしょうが…?

圧倒的な呆気なさ!
 一話以来、久々に「異能者」トリオが活躍、オープニングでボス然としてた広津さんが一蹴!?
 年齢、要望的に“組織のボス”風の外見なのに!?
 あっさりと!

 強力な破壊の異能ですが、手の平を、かなり近づけないと発動しないっぽいですね。

 マフィア騒動ひと段落
 しばらくは、江戸川乱歩たち三人の個別回って感じでしょうか?

 次回、第5話「Murder on D Street」