GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ばくおん!! 第4話』感想、ハダカで知った彼女の秘密? フェリーに乗れると思った? バカめ! あたしゃ神様だよ!:おんせん!!

私のお墓の前で、バイクに乗らないでください。そこに神はいません!

イメージ 44

イメージ 76

 何故なら今日もバイクで走っているからです! 青森っていったら“キリストの墓”だよねって回!
 ガルパンで有名な大洗、もはや早川氏の持ち芸と化した水没事件!
 お尻にスズキの焼印とは不憫な…。

 こんな時代がくるとは思っておりませんでした、女子高生がバイクに乗り、ツーリング、露天温泉に入る…!

約一名は妖精さんの模様
 戦争を経て、バイクと一緒に生きてきた早川さんが言うとすごく重い一言ですよね。
 平然と混浴露天風呂に入る紳士!

 直後、自分で色々台無しにするのも含めて早川さんは紳士!

恩紗『なんだかんだ言って、いつも付いてくるよな…』

イメージ 4

 早くも夏休み、結局、毎回ツーリングに顔を出すらしい凛ちゃんさんであった。

おんせん!(早川も!)
 夏休み、バイク部+凛+執事の早川は、バイクで茨木の大洗へ行き、フェリーで北海道に渡ろうと計画する
 が、来夢以外は乗りそこない、聖と早川も車両故障で一時離脱
 残った羽音達は、青森までバイクで走る

 道中、恩紗と凛に置いていかれた羽音は、偶然「キリスト」に出会ってバイク道を説かれることに

 青森県戸来村まで送って貰う羽音
 ようやく合流した六人は、北海道は函館「水無海浜温泉」で絶景を楽しんだ。

 道中、早川のドゥカティが壊れるトラブルも遭ったが、早川もドゥカティも易々とは壊れないのだった。

 次回、第5話「つーりんぐ!!」

鈴乃木 凛『キタキツネっ! 長い長い青函トンネルーーーーーーっ!』

恩紗『行った割には、陳腐なイメージだな…』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 毎回毎回、やらかす事に定評のある凛パパ。

北海道へいこう!
 夏休み! せっかく広がった行動半径をツーリングに費やそうと、バイク部は北海道旅行を決定!
 中でも凛は、幼い頃に行った事があると自慢する―――
 が

 道路にキタキツネが出てきたら、躊躇なく轢けェーーーーーーーーーーーーッ!

 きゃあ問題発言!
 実は、見とれた父が転倒して怪我した事が!

 だけでなく、寄生虫エキノコックスまで伝染されてしまい、独りで青函トンネルを帰ったのだ…!

 長いわけだよ青函トンネル

『酷すぎますわ! ワルって、仲間と動物だけには優しいものですのに!』

『これじゃ、凛ちゃんは極悪人ですわーーーっ!』

イメージ 16

 ちなみにエキノコックスは「卵が直径0.03mm」「数年の潜伏期間がある」という気付きにくい病気
 今回は、直後に検査を受けたので運よく発見されましたが
 脳に病巣が転移する事も…

 ワルだって生きているんだ友達なんだって事は、忘れないようにしたいですね!

 山菜や水が汚染され、気付かず感染するケースもあるよ!

羽音『だったらさー、皆でワルになっちゃえば良いんだよー』

イメージ 17

 逆に考えるんだ、横断歩道は皆で渡れば怖くないさって、考えることが事故につながるんだ…!

羽音『今から、オートバイに乗って悪い事しに行っちゃおうかっ!』

『深夜にラーメンを食べにっ!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 若さゆえの深夜ラーメン! なぜ夜遅いほどトンコツラーメンは美味いのか!!

超人ゆえの過ち!
 てなワケで、楽しく過ごしたバイク部一同は、見事、旅行初日にフェリーの時間を間違える!
 間違える、もっと間違える…!

 これくらい飛べないようでは、シベリアではとても生き残れなかった…ッ!

 超人的に飛び乗る先輩!
 負けじと飛び、そのまま海に落っこちる早川!

 ハハハ、やはり若い時のようには行きませんな~とか言っとる場合か! 雑だな紳士!!

 なお

『1200ccのバイクに出来て、ナナハンに出来ない事など一つも無いんです!』

イメージ 29

 ちなみに「ナナハン」とは、排気量750ccの事で、かつては大型オートバイの代名詞だったそうな
 出力がデカいと、当然スピードも早くなってしまうので
 自主規制があったとか

 国内メーカーが国内販売できるバイクは、排気量を750ccまでとした業界の自主規制の名残

 国内最強パワーだから大丈夫
 そんな、「大型オートバイ」のプライドを乗せた台詞だったのでしょうか?

今週のアイキャッチは、ドゥカティの「959 PANIGALE」

イメージ 30

 これは2015年末に登場したばかりの海外メーカー製で、日本では6月ごろ登場予定らしいバリバリの新型!
 同「パニガーレ」は、スーパーバイク選手権への参戦の為に開発され
 2011年に登場したシリーズ。

 開発製造のドゥカティは、ご存知、早川執事の愛するイタリアメーカーですよね!

 現在はアウディ社に買収

聖『今から新しいバイクを取ってきて、追いかけますわ』

『では明日、北海道でっ!』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 アニメガルパン」の聖地、大洗からロマンが始まる!

我ら陽気な弾丸族!
 てなワケで、来夢&早川の保護者コンビを失った三人は、さっそく暴走をスタートする!
 どうせならさ、このまま青森まで走っちゃおう!
 たった700キロだ!

 走っても良い、むしろ心の底では、こういうのを望んでいたんだ…!

 ロマン派バイカー恩紗!
 スズキ信者の凛とは、別の意味で趣味人な恩紗は言う、キャノンボールみたいだと。

 同名の映画になぞらえて、バイクで東京から北海道まで!

 その圧倒的達成感たるや…!

羽音『あーあ…、置いていかれたよー……っ』

イメージ 37

 が、経験者の二人がムキになって先行してしまい、初心者・羽音が振り落とされるファンサービス
 来夢先輩、さっそく守れてないじゃないッスか!
 女子高生が深夜に!

 勢い込んで走り出したは良いが、眠いしキツいし、お尻は痛けりゃ眠さもマックス―――!

 長距離走行に、当然のようにガス欠に陥る羽音 

羽音『――――ガス欠なんて大変でしたね? 私も1リットルくらいですけれど』

謎の男『良いのかい?』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 誤解した大型車は、スズキ社の「イントルーダー」、前輪の骨組みっぽさがハーレーに似てる。

神様がもたせてくれますよ♪
 しかし、窮地にあって敢えて路上の「ガス欠車」に手を貸した羽音は、男に滔々と説かれる。
 そうとも、神様だってバイクを愛しているのだと―――
 暴論!

 聖書でだって神は車輪が付いた乗り物に乗っていた、それはバイクだったのだと。

 超暴論!
 神は、「弱い」人間を愛したようにバイクを愛した。

 何故なら不便が極まり、メリットの無いバイクも“弱い乗り物”であるからだと。

 神様は判官贔屓

羽音『(何かこの人、恩紗ちゃんみたいにクドい話し方するなぁ…)』

イメージ 43

 大人しく聞きつつ、何気にひどい事を考えている辺りが、羽音ちゃんの真骨頂と言える。多分。
 でも、恩紗ちゃんのお父さんはアレですしね

 血縁じゃないよね多分。

『バイクは、世の乗り物の中で、もっとも弱い存在………』

イメージ 44

イメージ 1

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

 私のお墓の前で、バイクに乗らないでください。そこに神はいません。神はイントルーダーで旅行中です!

青森のキリスト
 バイクとは、不便な「弱い乗り物」であるからこそ、扱う側が強くなければならない
 助け合う優しさがなければならない―――

 強くなければ、バイクに乗れない…、そして優しくなければ、バイクに乗り続けることはできない

 羽音に「聖杯」を渡して消える男
 案内してくれたのは、まさしく青森県戸来村、イスキリス・クリスマスの墓であった

 あれは神の子、イエス・キリストだったのであろうか…?

 敢えて名乗らない「神」!

羽音『―――来たよーーっ、北海道ーーーっ!』

恩紗『聖は、先回りしてるはずだけど…』

イメージ 55

 てなワケで、本当に瞬間移動してしまったらしい羽音は、先行した二人に合流し
 聖&早川も、空中輸送で豪快に到着―――

 仮に「神様」が生きた人間なら、寝ている間に、こんな風に空中輸送されたんでしょうか?

 バイクは喋るし、けっこうファンタジーなアニメ作品だわ!

『『『俺達ゃ、格好良いドゥカティストー♪』』』

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 さすが輸入車、モノによっては、何百万って世界なのね。

俺達ゃ陽気なドゥカティスト
 直後、早川と同じ「ドゥカティ」乗りと遭遇、彼らはサイドカー仕様にした事をバカにした上
 値段を自慢し、去っていくのだった―――
 が

 はい、ドゥカティには魂がございます―――

 不甲斐ないご主人達!
 と、言わんばかりな華麗な連携で自傷してしまう三台のドゥカティ

 そんな「イヤな乗り手あるある」も過ぎ去り、一行は、ようやく函館で一泊するのだった。

 なんか、合宿っぽくて楽しそう!

羽音『あーっ! 来夢先輩、苫小牧に置きっぱなしーーーーっ!?』

イメージ 65

 唯一、当初の予定通り苫小牧に渡った来夢先輩、後輩も次のフェリーで来ると夢見て
 そのまま放置という高度なプレイ

 頑張れ保護者!

羽音『はぁぁ…♪ 海と繋がった温泉………♪』

凛『何よこれ、外から丸見えじゃない…、それに混浴!?』

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

 なお来夢先輩、経験則なのか動物的な勘なのか、的確に駆けつけた模様。

子供ってよく飛ぶなァ…
 翌日、結局シャワーが使えなくて鬱憤たまってた一行は、聖の案内した露天温泉へダイブ!
 凛の恥ずかしい傷跡も暴露!

 こんな時代が来るとは思っておりませんでした、女子高生がバイクに乗り、ツーリング、露天温泉に入る…!

 パパさんてめえ!
 幼い頃、父の所業でフッ飛んでスズキのエンブレムが焼印状態に!

 そんな凛の恥ずかしい秘密を眺めながら、良い時代になった、これが最後のご奉公という早川

 戦前生まれですものねえ…。

早川『でもね…、分かるんですよ』

『私のドゥカティが壊れる時、それは、私の寿命が終わるとき……』

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

 そんな早川の予言は早くも的中、走行中、エンジンから火を吹いてドゥカティは壊れてしまうが
 即座に、空中から別のドゥカティが舞い降りてきて
 走行続行に

 ハッハッハ! そんなバカな! ドゥカティは壊れません!

 壊れてるじゃねェか!
 そう、壊れても即座に治して、いつまでも見守りますよと言わんばかりの早川!

 早川もまた、壊れないのです!

次回、つーりんぐ! 北海道編、続行でしょうか?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80

イメージ 81

イメージ 82

イメージ 83

イメージ 84

イメージ 85

イメージ 1

 早川が頼もしすぎるというか、この人、聖様を愛しすぎでしょうという回。

早川は壊れません!
 なるほど、免許どころか自転車にすら乗れない聖お嬢様、でも「それなら教えよう」という早川
 壊れようと、平然と傍に居続けようという早川
 頼もしいヒトだ…

 それでいて、またも海中ドボンやらかしたり、ホント楽しい紳士だな彼は!

 青森旅行でキリストに絡めたり
 凛ちゃんさんの焼印だとか、今週もハチャメチャで色々楽しい回だった! ファンタジーか!!

 次回、第5話「つーりんぐ!!」

■関連感想記事
 第1話「にゅうぶ!!」
 第2話「がっこう!!」
 第3話「でびゅー!!」
 第4話「おんせん!!」
 [ 第5話「つーりんぐ!!」]