GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムBF IB第16回「ザクアメイジング・ラビッド&ザクアメイジング・マリンタイプ」感想、“ユウキ・タツヤ”の挑戦の軌跡!

 ガンダムBFキャラが『模型誌に寄稿した』という体裁、イメージングビルダーズ

三代目メイジンによる“オレ宇宙世紀”設定まで!? アメイジング派生機!

イメージ 1

 公式サイトはこちら http://gundam-bf.net/hhib/

ザクアメイジング・ラビッド&ザクアメイジング・マリンタイプ
 今回は二作を掲載、いずれも、アニメ第一作ライバル機“ザク・アメイジング”の派生タイプ!
 後のメイジンが、学生時代に作ったガンプラを持ち出し
 掲載されたという体裁

 特に面白いのは、両方とも「既存パーツの流用」というコンセプトで作られている事!

 ラピッドは特に明確
 両肩の推進器に、ザクアメの脚部をそのまま使用。

 代わりに、「改造元キット」高機動型ザクⅡの両脚をそのまま組み、大推力を実現した高速特化型!

 キットを手にした時に誰もが考える、フル推力タイプを公式に制作!

「マリンタイプ」は分離した状態で出撃、戦場で“合体”する!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 あらゆる敵に応えられる「汎用機」であるザクアメを、特化させたバリエーション機。

局地戦バリエーション!
 劇中、「相手の全力を全力で受け止め、更に上回って勝利する」横綱相撲を目指したメイジン。
 本機は、メイジン襲名以前のガンプラという事ですが
 同じコンセプトが窺えます

 バトルにおいて、自分より速いファイターと速さを競った時、誕生したというラピッド。

 水中戦用も同様で
 普通は「相手の長所を禁じ、短所を引き出す」という戦いの常道を、敢えて外れるメイジンスタイル!

 なりふりを構わず、“自分の持てる力、全部で迎え撃つ”という礼儀!

 宇宙世紀「自分」が存在したら? という前提で設定を作っているのも微笑ましいですね

今回のコメント担当は、ゴンダ・モンタ!

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 9

 外伝「ビルドファイターズA」でも、学生・ユウキ会長の頼れる相棒となった。

ゴリラと呼ばれた凄腕
 アニメ一作、ユウキ会長を信奉する強豪で、あっさりコロニーの外壁を破るほどのパワーを見せた。
 が、想定外の性能を有したビルドストライクに驚かされ
 敗れ去っている。

 コメントでは信奉者過ぎて怪しい人と化してますが、劇中は出番そのものが少なかったしね!

 身近に世界優勝者クラスの実力者
 彼が驚き、深く敬愛したのも、無理からぬ事なのかもしれません。

 外伝では会長のガンプラを貸してもらい、その性能に感動するという微笑ましい場面も。