GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ガンダムUC バンデシネ 15巻』感想、艦隊決戦! “トライスター”はOVA準拠で!:福井晴敏

 展開は原作版になぞらえ、OVA版より更に『MS描写』が強化された漫画版。

“義足のクシャトリヤ”vsバンシィ! 原作・OVAに続き、遂に漫画版でも…!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 帯の宣伝は完全に詐欺! というのも、今巻の肝を書くと「ネタバレ」になりやすいので
 ちょっとした苦肉の策だったのかもしれません。
 マリーダさんの巻!

 また、エース部隊トライスターは、活躍と引き換えに出番を失うというOVA版同様のストーリーに。

マリーダさん、最後の戦い
 リディ少尉が最後の業を重ねてしまう回、出撃直前、“ありがとう”と言い残す彼女が切ない
 もとより、機体も彼女も限界ですものね…。

 リディ少尉がニュータイプ感応に苦しむ姿も、どことなくカミーユを連想させる苦しげなものでしたね…。

総扉イラストは、劇中では叶わなかった「アイスとマリーダさん」に

イメージ 1

 クールな外見に似合わず、また、プルのクローンだと感じさせる彼女の好物ですが―――

マリーダ、散華
 ビスト財団当主マーサは、箱の眠る地をコロニーレーザーで焼き払い、その「悪事」を共有
 箱に代わる、連邦との新たな盟約'''にしようとするが
 ロンド・ベル本隊が阻止に強襲!

 一方、ネェル・アーガマ隊は、マリーダや数多くの犠牲を払い、リディとネオジオン艦隊を撤退へ追い込んだ

 箱の眠るインダストリアル7へ!
 一方、彼らが「箱の鍵」を開きつつある状況を利用し、フル・フロンタル箱を奪わんと出陣する。

生真面目な男、リディ少尉を飲み込んだ“サイコミュ”の狂気

イメージ 5

 彼が望んでもバンシィは「変身」しない、対し、バナージは「変身」を必死に押さえ込んでたという…。

リディ・マーセナス
 既に、「箱」の真相を知っている彼からすれば、その解放をさせたくないと立ちはだかる。
 世界の改革、そんな理想の為に戦争や政変が起きてしまえば
 また多くの犠牲が出る

 今の世界は不完全かもしれないけど、だからって壊して良いものじゃないと“囚われる”リディ!

 歪んだ表情の醜さ
 また、ミネバに拘泥する姿に情けなさを感じます

 けれど、彼の主張は「普通は主人公が口にするもの」なんですよね。そこが面白い、とも思います。

アンジェロ大尉敗戦、彼の“トラウマ”は描かず終いに

イメージ 6

 また、マリーダに劣らず劣悪な環境で育った「天使」アンジェ、彼の境遇も描かれず終いに
 原作を読んでね!

 彼にすれば、「戦争を起こした大人たち」なんか憎悪の的だという

 味方を巻き込む非道な少年
 でも、彼の中では「ジオン兵士」なんて、最初から憎悪の的でしかないんでしょうね、。

彼らの扱いも「OVA準拠」に

イメージ 7

 ジェスタトライスター隊も「対アンジェロ戦」エピソードがカットされてしまい
 地球で決着を待つ事に

 その分、彼らの「見せ場」として瞬殺されるゼータプラス不憫!

 OVA出演が“発表された”時は嬉しかった!
 けれど、こんな「やられる為の出演」とかあんまりで、本当に寂しかったと改めて思い出したよ!

「トライスターの見せ場」に消えた、連邦軍最新鋭量産機

イメージ 8

 本来はもう少し後の世代で少数量産された高級機種、グスタフ・カール先行機がゲスト出演!
 が、「そんな最新鋭機だろうと乗り手次第」という演出で
 トライスターの見せ場に。

 連邦軍でも、最重要機密の戦略兵器、コロニーレーザー守備隊なのに…。

 元凶は尺の足りなさ
 やられ役だって、一話のスタークジェガンみたいに食い下がれば、更にトライスターが引き立ったと思うのよ!

収録

イメージ 9

 戦いはバナージに頼りっきりになってしまった、その分、彼らの背中を守ろうとする大人たち!

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムUC バンデシネ」15。
 原作:福井晴敏、漫画:大森倖三、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2016年4月(前巻2015年12月)

 虹の彼方に Act2~5収録。
 総扉イラストは、アイスを食べるマリーダさんで。