GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『魔女の下僕と魔王のツノ 4巻』感想、首筋なめたり北極いったり死にかけたり大忙しだよ!:もち

 主の為、或いは女体化した体を戻す為、魔王に挑むファンタジーコメディ。

            おいでませ“ドラゴンと魔法”の北極! エリック達の故郷へ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 魔物としての本能、“血”を求めてしまったアルセニョに、大混乱なレイちゃんが可愛かった!
 なんて思ったら、レイ達の故郷“北極”に行く事になり
 二人で大はしゃぎな旅編へ!

 

 が、異国とは文化が違う場所という事、まさか“魔物化”を治せる人間が…!?

 

「俺は魔物でいい」
 それでも、幾度も“魔物”である事を嘆くアルセニョが、ベティの為ならと魔物でいようとする!
 本当、ヘタレなのに男前なんだ彼は!

 

 とはいえ霊媒師サム」は、性格は悪いが悪い人間ではないらしいし…?

            頼むだって? 魔物のくせに調子に乗ってるんじゃないよ

イメージ 7

 冷酷に言い切る霊媒師、さて、仮面の下はどんな笑顔をしているのでしょ?

 

魔王のツノを君の手に
 魔王の下僕の吸血鬼、エミールと交戦し、辛くも“腕”を奪い取った一行だったが
 アルセニオは、“魔物”としての本能が活発化してしまい
 レイとぎくしゃくしてしまう

 

 また、エリックが長期滞在する事になった為、彼らの両親を安心させる為「故郷」へ挨拶に。

 

 楽しい異国
 愉快なエリックやレイ、ロイドの家族。

 

 しかし霊媒師サム」に、魔物の身体だと看破されてしまい、取り付いた魔物を抉り出されてしまう

 

 アルセニオは、今、戦う力を失いたくないと「魔物」の身体に戻るべく走るが―――(続)。

            魔王退治はひと段落、今回は“ヒュペルボレア”へ!

イメージ 5

 レイたちの故郷、初めて見る風景に、子供みたいにはしゃぐ二人が可愛い!
 そこは、あまりに異文化な空間で
 翻弄されるアルセニョ

 

 残念ながら、身の上を考慮してか、ベティはほぼ猫姿でしたね。

 

 アレはアレで可愛いですが。

            語られる家族、故郷、「三人の家族」とアルセニョの故郷

イメージ 1

 レイやロイド達の家族も登場、みな美人さんで、ロイドの父ちゃんとかメッチャ若かった!
 34歳って!?

 

 早婚の文化の国を訪れ、口々に質問され、故郷の事を口にするアルセニョ。

 

 アルセニョを深く掘り下げる回
 彼にだって、魔物になる前は幸せな故郷があった、「魔物じゃなくなれば」そこに戻れるのですが…。

 

 ホント、ベティの事が大切なんですね。

            今巻、オマケ漫画もたっぷり収録

イメージ 8

 幕間もたっぷりありましたが、研究熱心エリック“兄さん”の一言が笑えます。
 すごい下着とか!

 

 この人ってば、ホントいつ暴走するか解らない快速特急 見ててハラハラするのが好きですね!

 

 今巻、「男」に戻る為、常に死にかけているのが不憫。

            収録

イメージ 6

 今巻で一番のサービスショット、谷間はつくれる!ってことさ!!

 

 ガンガンコミックス「魔女の下僕と魔王のツノ 4巻」。もち。
 月刊少年ガンガン連載、スクウェアエニックス出版
 2016年4月(前巻2015年10月)

 

収録
 第16話「魔女の下僕と血の誘惑(前編)」
 第17話「魔女の下僕と血の誘惑(後編)」
 第18話「魔女の下僕と魔女の偽装」
 第19話「魔女の下僕と極北の地1」
 第20話「魔女の下僕と極北の地2」
 第21話「魔女の下僕と極北の地3」
 第22話「魔女の下僕と極北の地4」

 

 描きおろし&カバー下おまけあり