GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『七つの大罪 20巻』感想、スレイダーの素顔!? ますます謎を増す十戒の“正体”…?:鈴木央

 英雄と姫様と豚の旅路を描く、バトルファンジー 2014年、14巻相当までアニメ化。

  “大喧嘩祭り編”、本戦直前! 意外な二人のタッグの結末は…?

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 久々の対面、“角笛”を介して女神族に命じられ、メリオダスを殺そうとした事を悔やむバン
 が、恨むどころか親友と呼び返すメリオダス
 この借りは大会で返す!

 

 様々なメンバーが集結する中、“十戒”に初代妖精王が混ざっていた事も判明…!

 

「始祖」その2
 つまり、巨人族の始祖と妖精族の始祖が共に寝返っていた、となれば人間の祖にも裏切りが…?
 女神族の祖も同様でしょうか?

 

 飛躍しすぎですが、メリオダスを殺せと命じた「女神族」ってもしや…?

  二人一組のタッグ戦! ここに(見た目的に)最弱タッグが結成!

イメージ 1

 相手は「噛ませ」の雰囲気濃厚な暗殺騎士、エレインは元守護者、彼女が主力となる展開か?

 

「妖精王」現る
 十戒グロールとグロキシニア、魔神と化した“巨人と妖精の始祖”による武闘大会が開催
 様々な思いから、各地から「大罪」たちも再び集結し
 メリオダスもまたバンを許した

 

 石化したマーリンを除き、期せずして集結する“大罪”の六人

 

 彼らを含む2人1組、計16組による、新たな「大バイセル喧嘩祭り」が幕を開けた。
 そこには、甦ったエレインとエリザベスという
 意外な組み合わせの姿も

 

 また、捕えられた「十戒フラウドリン」ことドレファスも、“不殺のグレイロード”により易々と逃亡する。、

  カバー下に掲載された「スレイダー」の添え書きがあるイケメン

イメージ 8

 オカマ言葉の仮面聖騎士スレイダー、cv三木さんにふさわしい変態イケメンだったと判明。
 カバー下なのに!

 

 彼も喧嘩祭りに参加していますが、その実力やいかに?

 

 常識的には戦力外
 しかし、本作の作風からすると再び一線級の実力を見せてくれそうですね。

  “ドレファス”、再び絶対的な強さに戻る

イメージ 5

 魔力次第で、どれだけ強かろうと倒せる…、という新展開の踏み台にされてしまったドレファス
 が、“十戒”来援で解放され、再び桁違いの実力に
 今までは手加減状態

 

 この「ドレファス」の肉体を脱ぎ捨てれば、どうという事はなかったらしい

 

 彼の告白で“十戒”の入れ替え制も判明
 始祖たる巨人王、妖精王、彼らは「自分の意思で裏切った」のか「のっとられた」のか、気になりますね。

  それにしてもこのギル、ノリノリである

イメージ 6

 今回、キャラを「ふるい」にかける役割として、暴龍をも飲み込む大怪獣が出現。
 それらを倒させ、ただものじゃないと描写しましたが
 彼らはどんな活躍をするのか

 

 すっかり邪気が落ち、ギル坊がノリノリなのに笑えてしまいます。

 

 何やっても笑えるとも言う!

  収録

イメージ 7

 オマケページ、バンとディアンヌの「死んだ」関係者が生きていた、という展開も考えたそうな。

 

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 20巻」。鈴木央
 週刊少年マガジン連載、講談社発行。
 2016年2月発売(前巻2016年2月)

 

収録
 第154話「悪魔は微笑む」
 第155話「死の罠の迷宮」
 第156話「迷宮探索競技」
 第157話「乱れ舞い踊る挑戦者たち」
 第158話「狂宴の勇者たち」
 第159話「言葉はいらない」
 第160話「ゴー!! ブレイクスルー」
 第161話「伝承の者共」
 第162話「運命の共闘者は誰だ!?」
 読者投稿イラストコーナー
 
 巻末、カバー下などもオマケも充実。