GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ガンダム外伝 ザ・ブルーディスティニー 1巻』感想、“EXAMシステム”を追え! 一年戦争外伝作品:たいち庸

 設定上は有名な、幻の“EXAMシステムに耐えられなかった”初号機も登場!

    原作ゲームから20年! 往年のスタッフが再結集し、“漫画版”スタート!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 今や定番化した「初代ガンダムの舞台、一年戦争を描く外伝」作品の走り、戦慄のブルーが漫画化!
 当時も、小説や、かなりざっくりしたシナリオで漫画化もされましたが
 より深く掘り下げての再漫画化!

 

 当時は「プレイヤー自身」として没個性だった主人公、ユウにガッチリ“人格”があるのも新鮮ですね!

 

20年の蓄積が生む企画
 当時、僅か6人程度で制作され、ゲーム機自体のスペック的にも為せなかった部分は多く
 より「物語」に。

 

 ただ、作画的にはもう少し勢いがあっても良い気がします。やや迫力不足。

    BDとは、「ジムの頭を持つ陸戦型ガンダム」である

イメージ 1

 そんな枕詞に語られてきた機体、初期試作機「0号機」が初デザイン。

 

「力」を求めて
 宇宙世紀0079、一年戦争緒戦で「MS」の強さを知ったユウ・カジマは、新設されたMS開発部署に招聘
 切羽詰った戦況から、実戦で実機テストを行う連邦軍特務部隊
 モルモット小隊の一員となった

 

 11月、ユウは戦場で暴走する蒼い味方機と交戦、これを退け、同機の開発部署に引き抜かれる。

 

 ジオンからの亡命者、クルスト博士の「EXAMシステム」実験機
 ブルーディスティニー1号機

 

 同機と、そのシステムを追うジオン特務部隊、イフリート改の邂逅は間近に迫っていた―――。

    「モルモット小隊」の戦い

イメージ 5

 本作の面白さの一つは、設定上「実験部隊」でありながら、当時の環境では設定を盛り込めず
 登場させられなかった、“開発段階”の危ない装備の数々!
 より実験部隊らしい活躍に

 

 当然、そのメカデザインが必要となり、ガンダムBFTなどのNAOKI氏が担当に。

 

 設定を合わせる為か
 主役機、ブルーディスティニーなども再デザインされています。

    主役機らしい主役機、“ジム・ドミナンス”も誕生

イメージ 6

 また、ブルーディスティニー(BD1号機)」に乗るまでの物語も大幅に掘り下げられた為
 繋ぎの主役機として、ジムスナイパーⅡの前身という位置づけで
 ジム・ドミナンスも新たに設定

 

 ジムスナイパーの特徴、腕部サーベルも有し、丁度両者の中間的な感じですね。

 

 フルアーマーガンダムの「二連ビームガン」の試作品など、実験部隊らしいゴチャ盛りの性能向上機。

    「ジムが主役」という20年前の冒険

イメージ 7

 現在は「HADES」という関連システムも登場、その原型“オルタ”システムも新たに設定された。

 

「原作」スタッフ鼎談収録
 また当時の昔話として、実は「ジオン軍を主役に考えていた」というアイデアも。
 が、それだと敵がジムばかりで面白くない…
 急遽没に。

 

 色んな意味で突貫作業で作られた作品だったんだなあ、というエピソードが巻末で語られています。

 

 後に、本当にジオン主役ゲームも制作
 そんなこんなで20年、本作を知らないファンも増え、漫画化する価値も大きくなったんですね。

    モーゼス・クルスト博士『これも、真の敵を討つ為だ…』

イメージ 8

 そんなワケで、ファンには知れ渡っている「EXAMシステムの真実」もちゃんと隠され
 謎を含ませたシナリオに。

 

 2016年4月、本作ベースで「RE/100 イフリート改」もガンプラ化。 

 

 その機体解説でも敢えてボカしてある徹底振りで、スタッフさんの意気込みを感じますね。

    収録

イメージ 9

 ブルーとの緒戦、「EXAM」に対する攻略法など、新たな設定も面白いです。

 

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 1巻」。漫画:たいち庸
 シナリオ:千葉智宏。月刊ガンダムエース連載、角川社発行。
 2016年2月発売

 

収録
 STAGE.1:第11独立機械化混成部隊
 STAGE.2:月下の出撃
 STAGE.3:戦慄のブルー
 STAGE.4:執念の追跡者
 STAGE.5:荒野の死闘

 

 カバー下オマケあり
 巻末には、当時のオリジナルスタッフによる振り返り座談会が収録。

 

MS設定集
 ブルーディスティニー0号機(大河原氏デザイン&設定画)
 ブルーディスティニー1号機(オリジナル)
 ブルーディスティニー1号機(再デザイン)

 

 陸戦型ジム
 陸戦型ジム(ジェットパック装備)
 ジム・ドミナンス
 イフリート改(再デザイン/2016年ガンプラは本稿ベースでの商品化となる)。

 

■関連感想記事