GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『文豪ストレイドッグス 第2話』感想、社長! どんどんドラム缶にハマっていく大莫迦者が!!:或る爆弾

 天井がある、それだけでありがたい…、今期もっとも茶漬けを奢りたくなる主人公の物語!

食う寝る所に住む所、敦君のささやかな幸せ…、からの地獄の入社試練!!

イメージ 1

イメージ 34

 さあさ揃った「武装探偵社」の癖あるメンツ、特に社長、“福沢諭吉”は解釈次第で幅が広い人物!
 大物感と意外な猫舌、どんな人物なのか楽しみだし
 敦君ってば災難だった!

 だから、そんな爆弾なんか捨てて、一緒に仕事を探そう! ね!?

趣旨が違う!?
 説得のはずが自虐に変わり、爆弾魔のはずが入社試験! 敦君ってばジェットコースター!
 更に、“文豪”ならざるナオミ嬢!

 その名前、いかにも谷崎君を破滅させそうで可愛いじゃないの!

中島 敦『―――久しぶりだなぁ、天井』

イメージ 2

 何、この泣ける第一声……!

或る少年の拘束譚
 自身を無能なごくつぶしと卑下する中島敦少年に、ならば仕事を紹介しようという太宰治
 が、いきなり「武装探偵社」に爆破魔が現れたことで
 またも敦は巻き込まれる

 怨恨の爆破魔、唯一「顔と異能を知られてない」敦は奮戦し、己を犠牲に皆を救おうとさえしてみせた―――

 実はコレは「入社試験」。
 合格だ、と言われ祝われた敦は困惑するが、ここ以外に居場所がないのも事実。

 勝手に虎に変じてしまう己を呪い、虎となる己を律せられぬ中島敦は、武装探偵社に身を寄せる事となる

 次回、第3話「ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス」

太宰 治『<グッモーニン! ところで敦君、緊急事態だ。君だけが頼りだよ!>』

『<用意は良いかね敦君! 扉を開けたら後ろを見ろッ!>』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 何事もテキトーは良くないという好例、特に自殺ならなおのことだ。痛いのだし。

彼は自分で入ッタのだ
 新入社員中島敦、おきらく極楽の畳を楽しむのも束の間、朝も早よから阿呆の世話であった……!
 ドラム缶自殺法たァまた斬新な!
 が!

 私は自殺は好きだが、苦しいのも痛いのもキライなのだ! 当然だろうが!!

 ダメな人か!
 どうも本来は足を固定し、体重を利用、腰を折って死ぬ自殺法らしい。

 が、テキトーにやったもんだからただの拷問にクラスチェンジ、音を上げてしまったというスンポーだ。

 朝一番でダメな人か!

『僕は中島敦、無自覚に“虎”に変じていたところ、この太宰さんに助けられた』

『そして太宰さんは、異能集団“武装探偵社”の一員だった―――』

イメージ 10

イメージ 11

 もちろん同僚にも電話したが助けてもらえず、ある意味、敦くんのポジション確定の瞬間であった。
 おめでとう敦君、変人対処班に決定だ!
 手に職、おめでとう!

 電話したよぉ、そしたら皆、口をそろえて「おめでとうございます」だって。どう思う?

 でしょうね自殺マニア!

心が歪な太宰治『全く異能力者っていうのは、どこか“心が歪”だ―――』

中島 敦『―――…、やっぱり僕は武装探偵社には入れません』

イメージ 13

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ならばと返した太宰治ま、ちょっとした試験はあるかも♪と仕事を斡旋してくれる

良ければ仕事を紹介しやう
 が、くそ真面目な敦くんは「能力を御せない自分は、武偵社の役に立たない」と就職を辞退―――
 あの太宰さんに、ならば、と仕事を紹介される事態を招く。
 これ絶対アカン奴や…

 私に任せれば大丈夫、何故なら私は、社の信頼と民草の憧憬を一身に浴する男なのだから…ッ!

 とか吹いた直後の国木田独歩ッ!
 お前が浴びているのは、文句と呪いと苦情の電話だッ!ときたもんだ!!

 この包帯無駄遣い装置!

 斬新な罵倒!

国木田『九月“畑に変な人が埋まっとったんじゃが、そちらの同僚さんかの?”』

『同月入電、“ウチの飲み代のツケ、ちゃんと払ってくださいね?”』

イメージ 18

 そして出るわ出るわの苦情の数々、さすが太宰氏、苦情の総合デパートじゃないか!
 国木田氏も、なんてナイスな声真似だろうね!

 cv細谷氏ノリノリ!!

太宰『なんてことだ…、国木田君がこんなに物まねが上手いなんてェ!?』

国木田『貴様ァーーーーーーーッ!!』

イメージ 19

 と思ったらホントに「物まね上手いね!」って褒めるとかどうなってんだ脳内構造!
 誰かコイツをブッ殺せ!

 いやま、太宰さんは喜んじゃうかもしれないけれど!

中島敦『この人に、仕事の斡旋をしてもらって、ホントに大丈夫なんだろうか…?』

国木田『―――っと、緊急事態だ! 爆弾魔が探偵社に立てこもった!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 異能力を知られていた為、あっさり降参する国木田氏、そして美人揃いの事務方さん。

其れは完全にとばっちりであった
 が、今度は逆恨んだらしい「自爆犯」が事務員少女を人質に取り、武偵社に立てこもるというファンサービス
 流されるまま、敦君も初出社となってしまう―――
 初出社は爆弾記念日!

 知っているぞ、アンタは国木田だ…、あのイヤミな異能力を使うつもりだろう!

 社長を出せ!
 話せば分かる!の押し問答。

 社への怨恨だけに、「異能社員」の名前はバッチリ把握され、イヤミ独歩さんは早々に無力化―――

 あ、この展開ってば知ってるぞ!

太宰治『あーつーしーくーん♪』

“顔と能力を知られてない”敦君『イヤです! 言われなくてもわかります!』

イメージ 28

 やはり「囮役」は中島敦、「自分なんか」と勇気の出せない少年に、包帯無駄遣い装置は言う
 注意さえ引けば、後は自分が何とかすると
 なにせ―――

 信用したまえ、この程度の揉め事、我々武装探偵社には朝飯前だよ? 敦君

 揉め事のデパート!
 飛び込んできた爆破魔こそ、格好のエジキなのだよ!

爆破魔『アンタ、社員じゃないな…?』

中島敦『みみみみ、見ての通り、通りすがりの新聞配達ですぅっ!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 なんという就職推奨アニメ

生きているんだ友達なんだ
 ビビリの敦君、だが「生きていれば良い事ある」の一言に、気付けばトラウマスイッチがセルフでオン!
 このトラウマはセルフサービスです!

 だから、そんな爆弾なんか捨てて、一緒に仕事を探そう! ね!?

 趣旨が変わってる!?
 生きてりゃ茶漬けも食えるし、天井あるところで寝れる、こんな僕でも生きているんだ友達なんだ!

 さあさ共に職安に行こう、とか言い出したダメ人間に圧倒されない人間がいようか!

 ダメ人間度は、こちらが上だ!

ダメ人間『今だ、国木田君!』

国木田独歩『分かっている、異能力“独歩吟客”! ワイヤー・ガンッ!』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 あまり心配しすぎると、皺が急速に増えて、老化が急速に進むそうだよ?

それは本当か?
 初披露、「独歩吟客」が発動し、無事、ジャケンに負けた国木田君が敵を制圧したのだった…。
 素直すぎる国木田君が!

 ウソだけど

 また騙されたよ歪な人か!
 華麗な能力、ノートを指定した物質に変える独歩吟客ってば便利!

 便利すぎるが、制約は「漢字で書く事」か?

 が、漫才になった結果―――

爆破犯『バカにしやがって! ホント、異能者ってのは心が歪だ…!!』

イメージ 45

 それこそ心が歪んだ表情で、爆破ボタンを押す少年! 少年ってば死に急いじゃって!?
 残り時間は30秒、投げるには重たげで
 止めるには時間が

 そして目の前で、見捨てないでと訴える少女の姿が――――

 少年の決断は――――

回想・太宰『<爆弾に何か被せれば、威力を抑えられるだろうけれど>』

中島敦『何か、何か被せるもの…!?』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

 あ、この二人兄妹だったの!? てっきりただのバイトさんかと!

言っただろう、試験があるって
 ここで、とっさに自己犠牲を発揮した敦君は「合格」に…、実はコレ、入社試験だったのである
 もちろん“武装探偵社の”な!
 ハハッ

 いやいやいや! こんなムチャで物騒な職場、僕には無理ですよ!?

 むしろ断る中島敦
 そして、ますます推してくる武偵社一同。

 そも前回の通り「災害危険猛獣」である以上、すんなり入社させるわけには行かなかったらしい。

 が、見事合格入社決定に……!

秘書子『茶柱が立ってる…、良いコトがありそうですね、社長♪』

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

 無言ですすった社長、場面暗転のち、意外に猫舌である事が判明とかいうオチ。
 ダメな人か!

 さすが福沢諭吉、タダモンじゃねェぜ!

※決して全く聖人君子という訳ではなく、色んな逸話が残ってる一万円札氏。

太宰治『でもまぁ、キミが断るなら、無理強いは出来ない―――』

『―――キミは、お尋ね者の“虎”だからなぁ?』

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 しかし谷崎ナオミのcv小見川 千明さん、すげェ声だと思ったら女優声優の人ソウルイーターのマカか。

首に縄が付く瞬間
 無論、ビビりの敦君は渋りに渋るのだったが、ここで断れば路頭に迷ってしまう
 何より、もし今後「虎」になったら一巻の終わり
 選択肢ゼロ

 悪かったら捕まって射殺だろうなァ…、この探偵社なら別ダケド?

 そういう事で。
 中島敦少なくとも能力制御が叶うまで、無期限就職が確定してしまった瞬間であった―――。

 てか、ますます太宰さんとセットになっちゃうよコレ!?

 ご愁傷様敦さん!

樋口一葉『―――人虎が見つかったようです』

イメージ 65

 しかし、キャスト欄に樋口一葉さんがいらっしゃると思ったら、Cパートでの出番でした。
 怪人・黒マントの手下をやってらっしゃる模様。
 どんなダメ人間なのか…?

 意外や、「人虎」、敦君の存在も捜し求められていたと判明。

 さてはて希少な能力なのか…?

余談。文豪ならざる“谷崎ナオミ”とは

イメージ 24

 彼女は文豪ではなく、谷崎潤一郎の作品「痴人の愛」に登場する少女が元ネタと思われる。
 同作は、自ら見出した15の少女を“いずれ妻にしよう”と育て
 やがて破滅する28歳の男の物語である

 耽美主義の代表作にして、「ナオミズム」という言葉を生み出した名著である。

 つまりきっと谷崎くんは破滅するのである、おめでとう!(適当)

次回、ヨコハマギャングスタア☆パラダイス

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 1

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

 ナオミちゃん可愛いですね! 谷崎氏ってば破滅すれば良いのに!(挨拶)。

意思は二の次三の次
 いやあ今週もバカバカしくって楽しくって、敦君の振り回されっぷりってば楽しいですねコレ!
 それもこれも、太宰治の冷静で的確なふざけっぷりがあってこそ
 暴走列車だ敦君!

 が、彼の「人虎」ってさほど有益な能力と思えませんが、何が狙われているんでしょう?

 また「制御不能」ゆえ離職できない
 言い換えれば、いずれ「制御可能」となり、武偵社を「自分の意思」で選ぶ日が来るでしょうか。

 次回、第3話「ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス」

■関連感想記事
 第1話「人生万事塞翁が虎」
 第2話「或る爆弾」
 [ 第3話「ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス」]