GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

作例記事紹介『1/100 ガンダムグシオンリベイク』を、プロモデラー本庄聖さんが製作! “作例”と素組を並べる第1回記事が電撃ホビーwebで公開!

電ホで6月1日までの公開。“モールドの彫り直し”テクニックも紹介予定との事!

イメージ 1

イメージ 2

 電撃ホビーweb様の該当ページはこちら http://hobby.dengeki.com/reviews/184264/

1/100 ガンダムグシオングシオンリベイク
 今回の作例は、2月発売、発表当初「この高価格は両形態再現か?」と物議を醸した大型キット!
 作例は、リベイクに絞っての制作になるとのことで
 毎日更新の全3回で

 初回はいつも通り「完成作例」と、素組みを並べる記事からスタート!

 高度な色分けに評価が高い1/100
 しかし、くすんだ実戦的な色味でバッチリ塗装された姿は、やはり素組みとは別格ですね…。

 これはグレイズを既に何体かボッコボコにしてる雰囲気。

 でも、武器は同じハルバードを持たせた方が良かったと思いました!(小学生並みの感想)。

次回作例は、モールド(表面の彫刻)の彫り直しを紹介!

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 ガンプラは、ガンダムの顔のへの字など「モールド」に墨を入れることで、より立体感を持たせられます
 ですが、この“スミ入れ”にはモールドが深く彫られていないと
 おかしな具合になる事も。

 作例では、モールドの彫りなおしを紹介するとのことで、楽しみですね!

 Amazonでの投売りは落ち着いた模様。
 本作の特徴、ガンダムフレームを活かした「換装」が面白いキットなのですよね。