GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ジョーカー・ゲーム 第2話』感想。佐久間、笑う。大切なのは“証拠”じゃない:ジョーカー・ゲーム(後編)

 自分は、あくまで軍人です。必要とあらば、いつでも腹を切る覚悟があります……、ただ。

「手の平の上だ」と気付けた佐久間、懸命な暗闘、命の捨て場を考える再出発!

イメージ 1

イメージ 27

 いやあ面白かった! コレ見てると、自分なんてまだまだ素直なんだと思い知らされるのが面白い!
 最初から、スパイや佐久間など「小者」でなく武藤大佐一点狙い!
 が、佐久間が予想外な成長を

 ただ、駒として使い捨てられるのは御免だ

嗚呼、スパイの笑み!
 佐久間自身は卑下していましたが、内情を読み取り、機転を利かせた手際は見事!
 あの勧誘、中佐の褒め言葉ですよね

 ただ軍人だと返す断りも、中佐が去った後、自分自身へ言い聞かせるような決意も清々しかった!

義は山嶽より重く死は鴻毛より軽しと心得よ―――

イメージ 7

 開幕軍人勅諭」、明治天皇が下賜されたという体裁での、モットーのようなもの。

或る「軍人」の再出発
 窮地で結城中佐の言葉を思い出した佐久間は、軍人らしからぬ発想で「証拠」を掴み危機を脱出
 また、今回の件が、自身を使い捨てた陸軍・武藤大佐による
 失態隠しの工作だったと気付く

 佐久間は失態をD機関が掴み、隠蔽し、いつでも公表できる状況にある事を武藤に告げる。

 結城中佐は成功に頬を緩め
 今回の一件自体が、最初から武藤を嵌め、予算を引き出す作戦だった事を明かす。

 佐久間は「スパイ」への転向は断るが、もう少し、自分の命の使いどころを考えようと改めるのだった。

 次回、第3話「誤算」。

回想・結城中佐『<自らを見えない存在としなければならない―――>』

佐久間中尉『―――見えない存在、見ない場所……?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 当時は、こんな風に、佐久間中尉のように「陛下を尊敬し」「軍人さんになる」のが当たり前、だからこそ…!

「軍人」に見えないもの
 が、切腹寸前で“ようやく気付いた”佐久間に、機関員・三好は得たりと笑って証拠へと手を伸ばす。
 証拠は、陛下のご真影に隠されていたのだ―――
 と、中佐に話す

 本物の憲兵隊が事前に捜索した事を、知っていたのですか?

 ご真影
 即ち、神棚の天皇陛下のお写真である。

 恐れ多くて、公開の際、顔も上げないよう教えられ育った軍国青年たちが探るはずも無かった絶好の場所

 が、結城中佐はとっくに答えにたどり着いていたと佐久間は気付く。

佐久間『“スパイとは見えない存在”と仰っている中佐が、白昼堂々乗り込ませた』

『ゴードンの油断を誘う為です』

イメージ 12

イメージ 13

 なるほど、そもそも「憲兵を装う」というのは違法である以上に、“D機関らしくない”作戦だったと。
 それは、憲兵なら今度も大丈夫だろう
 と、油断させる為だった

 憲兵西洋人であるゴードンが、どんな思考をし、どう動くかを机上だけで読みきった結城中佐―――

 意図を理解できた佐久間に、結城先生ニッコリである。

佐久間『俺を嗤いに来たのか?』

三好『! いえ、少し見直しましたよ…、軍人には見抜けないと思っていたので』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 本気で落ち込んでた佐久間に、初めて動揺する三好、珍しいワンシーンでしたね。

点が線になる瞬間
 そもそも本件は、陸軍「武藤大佐が捜索に失敗、その失敗を隠し、D機関に擦り付ける謀略だったのだ
 が、“隠蔽された”事実をすばやく知りえた方法とは?
 それは―――

 そういえば、武藤大佐に呼びつけられた時、明らかに二日酔いだった―――

 夜の街に繰り出す仲間たち
 あれは遊びではなく、口が軽くなった隙を狙う情報収集。

 そこまで気付いた佐久間は、素早く「全てを終える」や、武藤大佐のところへ乗り込んでゆく

 この間、しばらく時間が経過してたんですね

佐久間『証拠は回収していません、回収しませんでした』

武藤『貴様、何を莫迦な!?』

イメージ 20

 ここからの佐久間は結城中佐が乗り移ったような思考と発想、「見つかった!?」と愕然とする大佐に
 敢えて回収せず、ゴードンも二重スパイに仕立てる事で
 敵に偽情報を流すと宣言

 奪われたのが「陸軍暗号書」だと分かった以上、それだけ変更すれば実害はありません。

 むしろ敵を混乱させうる
 旧暗号書は、「こちらのいう事を聞く」よう調教したゴードンに、本国へ持ち帰らせましょうと。

大佐『畜生! 結城の野郎、それじゃ身柄も証拠も持って行ったという訳か!』

佐久間『―――武藤大佐に、預かりものがあります』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 なお、結城中佐は今回の件は公にしないでおくとの事でした! 以上、報告を終わります! 

佐久間の笑み
 全てを握られ、「結城中佐のご機嫌一つで、武藤大佐はいつでも破滅しうる」と確定した瞬間であった
 佐久間は、武藤が料亭で落としたシガレットケースを渡しつつ
 失態を注意する

 自分は、ご命令通り、連絡係として動いているだけであります!

 料亭で「捜索失敗」を洩らした
 それら情報を、D機関に握られてしまった以上、いつでも「失敗」を上層部に告げ口されかねない

 怒りの余り「裏切者」佐久間を睨みますが、もう彼、完全に別キャラである。

 笑った、佐久間さんがド悪党みたいに笑った!

佐久間『例えば左足が不自由であるとか、右手に皮手袋をしているだとか』

イメージ 24

イメージ 25

 また「料亭」の回想では、武藤の部屋の隣で、たまに来る朗らかな貿易商が寝てたと聞く佐久間
 明らかに結城中佐、かと思いきや特徴が一致しない
 落胆した風の佐久間中尉

 この会話で、「聞いてた」のは、三好辺りかと思ったんですよ私は。

 ですが違ったんですね。

佐久間『―――その杖、偽装ですね?』

結城中佐『貴様、調べたな』

イメージ 29

イメージ 30

 参謀本部からの帰り道、狙い済まして現れた結城中佐、こう見えてフットワークの軽い人である
 実は中佐、「足が不自由」「右手に傷があるらしい」と偽装し
 敢えて特徴を作っていた

 偽装を解けば、「結城中佐」と勘付かれにくくなる、そういうトリックだったと

 そして、本当に不自由なのは“左手”だった。

佐久間中尉『結果的に、印象の薄い左手が死角になる――――』

『その左手は、義手だったのですね』

イメージ 31

イメージ 32

 過去の任務で左手を失い義手にしたが、「右手」「足」に注意が行くので気付かれにくい。
 手品師が、“細工中とは逆の手でアクションを行う”のと同じ
 注意をそらすトリック

 佐久間は、あのシガレットケースの指紋を調べ、残ってない事から義手だと気付いた。

 これまたフットワークの軽い男である。

結城中佐『酔って機密情報をペラペラ喋った挙句、落し物までしていくバカとは』

『さすがの俺も予想外だったよ……』

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 彼も状況的に「左手」を使わざるを得なかった、上手の手から水が漏れたワケね

中佐の誘い
 感嘆し、自分の失敗と「武藤を通じて予算を融通させる為の作戦だった」、と明かした中佐は
 佐久間を本格的に“機関”に誘う
 が

 自分は、あくまで軍人です。必要とあらば、いつでも腹を切る覚悟があります……、ただ。

 ただ
 断った後に口ごもる佐久間。

 中佐は答えを聞き終え、断られ立ち止まるような人でもなく、先へと行ってしまう。

 だから、続く言葉は佐久間自身に向けたもの。

佐久間『ただ、駒として使い捨てられるのは御免だ―――』

イメージ 40

イメージ 1

 今まで軍人として、軍人になる為に生きてきたような佐久間は、それを捨てる事は出来ない。
 ただ今回、体よく使い捨てられそうになった以上
 従うだけではいられない

 今回の任務は奪われた暗号書探しであり、佐久間はそれを見つけた

 表面上はそれだけだ
 だが、その裏で色々な思惑が動いていたと知った、これまでも、これからもきっと同様だと知った

 軍人として「自分の命の捨て場を考えよう」、そう思いなおす佐久間。

 佐久間中尉、成長の瞬間であった―――

予告『あの件、思い出したか? 気にするな、大事なのは記憶じゃない』

『(大事なのは)正しい判断だ―――』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 1

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 予告パート、毎回新規カットなのね。判った!

ジョーカー・ゲーム
 楽しかった! でも「実は色々な思惑が動き、得をしよう、損をおっかぶせようと企んでいる」のは
 決してスパイや軍務、ゲームの中だけの話じゃなく
 視聴者にも身近な事です

 スパイ作品として仕立てられてますが、本質的には、視聴者にもすごく身近な事なんですよね。

 そんな身近な題材を、スパイ作品として改めて楽しませ考えさせる!
 なんて素晴らしいアイデアでしょう!
 楽しかった!  

 次回、第3話「誤算」。