GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『パパと親父のウチご飯 4巻 ドラマCD限定版』感想、cv中村悠一の親父と、cv櫻井さんのパパ! 今巻は女子多めです!:豊田 悠

 急にシングルファーザーになった友達同士、へんてこな“家族”を築いてゆく奮闘漫画!

        ラスト、“親権問題”が動く! 幸せ家族、波乱の前振りの第4巻!

イメージ 2

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 ちょっとしたすれ違いからクリティカルが迸る第4巻! 今や、すっかり「家族」になった
 幸せな展開に、何か嫌な予感がするなと思ったらやはり…
 が、それ以外も楽しかった!

 

 ドラマCD付属版を購入、これまたキャストがピッタリ、間のとり方までイメージ通りでカンペキでした!

 

今巻も幸せエピソード満載!
 また、比較的サラッと触れてからドンッと来ましたが、千さんの恋人さんというか
 愛梨の母、マキさんとも連絡が。

 

 今回は晴海さんメインの騒動ですが、そっちもトラブりそうですね。

        巻末を見るに、次巻、清一郎は「奥さん」の家へ…!?

イメージ 5

 ヨリが戻るのかと思いきや、晴海夫妻決戦、血みどろの死闘に突入……ッ!

 

パパと親父の集大成
 料理教室の妹、壇茜の翻弄など露知らぬ千石哲、娘が作った「豚肉のしょうが焼き」に舌鼓!
 また、晴海は担当漫画家の「アシスタント」が辞めると聞き
 編集者として成長する

 

 一見、変な「家族」の千石&晴海家、だが頑張りは実り「一緒に出かけよう」と言われる仲に

 

 幼稚園での友達家族に誘われ、その叔父が経営する陶芸教室に出かけた千石は
 愛梨の母、マキを信じている事を口にする

 

 家族としても料理の技術も成長してゆく「変な」家族

 

 が、晴海と離婚した「妻」が、再婚するから清一郎を渡しなさい、と重い電話を寄越し―――。

        ドラマCD「スウィート・ホーム」同梱の限定版!

イメージ 1

 お菓子でお菓子の家を作る、くーねるまるたと同じネタですが、クッキーから手作りという…!

 

お菓子のお家!
 愛梨が、ヘンゼルとグレーテルを見て「お菓子の家ってないの?」とダダをこねるお話!
 途中、彼女が夢をぐっすりと夢を見るシーンもあるんですが
 魔法使いがパパ二人なのも笑えました

 

 劇中時間は四巻と同時期、千石さんの声が、「本当に楽しそう」だった事も印象的です

 

 ただの子煩悩じゃねェか!
 材料として、クッキーを焼く場面、清一郎の職人芸が声から伝わってきたのも声優さんすげえ!

 

 だだをこねられ、知恵を絞って共に解決する、温かいホームドラマCDってヤツね!

        親父はcv中村悠一、パパはcv櫻井さん!

イメージ 3

 トラック2はキャスト・トークが収録。

 

パパ飯歴
 まず、「自分達の方が読者さんより“パパ飯”では後輩です」、という中村さんの入りが謙虚
 でも間のとり方とか、すごく脳内の再現との一致度が高くて
 プロって本当に凄いと思いました

 

 また、愛梨役の小澤さんが「自分は優しいパパ派」と言って、親父派の対立になったり!

 

 櫻井さんも、20歳の子供が居てもおかしくない歳とかなって
 なんかビミョーに切ない!

 

 締めは清一郎の田村睦心さん、料理漫画って良いよねっていう奇麗なシメで、面白いトークでした!

        「料理教室」の妹さん、茜ちゃんが主役のエピソードを収録!

イメージ 6

 髪型が変わってるし、毎日たかられたのね。最高の餌付けじゃないか!

 

友達っていうんだよ
 お客への外面こそ良いものの、普段ぴりぴりしている茜さん、学校でも孤立していたと判明。
 友達が出来たものの、明るいようで事情を抱えた「ギャル」
 元は部活少女だったらしい…?

 

 特待生というくらいだしケガでもないようだし、何か事情があるんでしょうけれど…?

 

 彼女の為、我知らず必死になった茜ちゃんが素敵でした。

        ある漫画家の涙

イメージ 7

 この人の作るテンプラが、またすげえ旨そうだったのよ!

 

漫画家として編集者として
 続いて、作画は良いもののピリッとせず、芽が出ないまま引退を決めた漫画家さんのお話。
 この話って、本当に「ヒャッ!?」って思いから始まって
 じっくり読んでしまいました

 

 彼を介して、晴海さんが初心を取り戻す展開も熱かった!

 

 本作は千石さんの変化と成長が顕著
 でも、節目節目で、本当にカッコよい「成長」をする晴海さんもやっぱり主人公ですよね。イケメン。

 

 気付けば立ち止まってたと気付いて、迷って必死になって、晴海さん格好良い。 

        ごめんなさい、じゃなくて、ありがとうって言おう

イメージ 8

 続いて食育的な話、自分が、他者を殺して食べてるんだって気持ちはビクッとしますよね。
 特に、優しい清一郎君なら尚の事。
 水族館回。

 

 決して新しい話じゃない、けどやっぱり大切な話。

 

 あと蒲焼がめっちゃ旨そうだった!

        【朗報】茜さん、ますますデレる

イメージ 9

 何かと千石さんを目の仇にする女子高生、彼女が「御礼をしたい」という回はニヤニヤした!
 結果、千石さんが精神的に死んだ時は爆笑しましたね!
 娘に嫌われた!

 

 結局、「お礼」出来なかったから

 

 なんていって、密かにリベンジを期すラストもすごく可愛かった!

        【超朗報】千石の親父、幸福の絶頂

イメージ 10

 転じて、千石親父と愛梨ちゃんの絆を描く展開に転がっていったのも楽しく
 そして幸福感全開だった!

 

 ただ、元々は「マキさんがひとりで育ててた娘」だけに、いつ“帰って来い”と言われても不思議は…

 

 千さんはマキさんを今も愛してる
 そんなエピソードが多いですが、果たして「あちら」はどうなのか…?

 

 晴海さんの奥さんの一件で、信じきれなくなりつつも感じます。

        「陶芸教室」に行こう!

イメージ 11

イメージ 12

 千石さんと晴海さん、二人の料理が「食べたい!」と思われるレベルになったのが凄く嬉しい!

 

パパと親父の出張ご飯
 ラストは、「無神経な旦那さん」という新キャラにより、色んな事情に踏み込む陶芸回
 この回、すげえ嬉しさの連続でした
 料理面も集大成ですし

 

 それに、前巻、これまで散々警戒された「奥様方」と、千さんが普通に会話しているという…!

 

 感動した!
 いやあ、目から汗の出る成長譚だった!

 

 陶芸教室自体も楽しかったし、「家族」「料理」どちらも集大成的な回だった!

 

 それだけに不穏だなーと思ったら、親権戦争勃発だよ助けてセイバー!

        おまけ漫画:親父はうそつき!

イメージ 13

 コンビニとかで買える「アップルパイ」という「菓子パン」を、今まで食べさせてた千石さん
 しかし! お団子ママさんの家でご馳走になってしまい
 本物の味を知る…!

 

 愛梨ちゃん、なんというカルチャーショックだったのでしょうかッ!

 

 悩んだ挙句「餃子の皮」を応用し、自力で作るとか、千石さんのスキルが上達しまくってる回だった!

        収録

イメージ 14

 前巻でレンジをプレゼントしてくれた女漫画家さん、今巻見る限り、ただの世間知らずだった模様。可愛い。

 

 バンチコミックス「パパと親父とウチご飯 4巻 ドラマCD付き限定版」。豊田悠。
 月刊コミックバンチ連載、新潮社発行。
 2016年4月(前巻2015年11月)

 

 16話「一口オムライス」
 17話「天ぷら」
 18話「いわしの蒲焼き」
 19話「豚肉のしょうが焼き」
 20話「筑前煮」

 

 ウチレシピ
 パパ飯レシピ
 次巻は、2016年秋発売、ペースからいうと10月頃か?