GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『僕のヒーローアカデミア 第2話』感想、笑えて辛い正体…! “夢”を現実に!:ヒーローの条件

 第一話と二話、ワンセットで面白い初回だった!

これは、緑谷 出久の夢が、現実となるまでの成長譚である! プルス・ウルトラ!

イメージ 41

イメージ 1

 息を止めて、しぼんだ筋肉を膨らませてただけって、オールマイトさんてば頑張ってるにも程がある!
 丁度、読み切りを一話読み終えたような気持ちの良い回!
 いい最終回だった!

 言い忘れてたけど、これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ……!

言うのが遅いよ!
 結びの言葉が、物凄く読みきり感を出してましたが、次回以降は「個性」を受け継ぐ特訓開始!
 走れ、飛べ、ムキムキになれ!

 頑張れ出久、カッちゃんがデレるのと、ヒロインの出番はこれからだ!

オールマイト『いかん…、Holy shit<チキショウ>だ、くそったれ!』

イメージ 2

 思った以上にガリガリガエリオ君だった!

君はヒーローになれる!
 実は、古傷で一日三時間程度しか全力を出せなくなっていたオールマイトは、プロの危険さを諭し
 無個性、無力では務まらない、と出久の決意を押し留める。
 最強と謳われてもこの有り様なのだから

 が、二人が逃がしてしまった「ヘドロヴィラン」に、咄嗟に出久が立ち向かった事で風向きは変わる

 勝己を助ける一助となった出久
 その姿に、ヒーローの条件といえる「衝動」を見出し、オールマイトは彼を後継者に定める

 傷付いたマイトが戦い続けるように、誰かの為に咄嗟に身体が動く人間、その衝動こそが必要なのだと。

 次回、第3話「うなれ筋肉」。

細マイト『わたしは、オールマイトさ…(吐血)』

出久『ウソだーーーーー!?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 夢を見るのは悪い事じゃない、だが、相応の現実も見なくてはな、少年―――。 

プロはいつだって命がけだよ
 実は、五年前「公表できない敵」との交戦で胃を失い呼吸器が半壊、いまや一日三時間が限界
 笑顔は、己自身を鼓舞するものだと―――

 人々を笑顔で救い出す! “平和の象徴”は、決して悪に屈してはいけないんだ……

 どこまでも責任感の強い男
 だからこそ、「力なくしてヒーローになりたい」という出久を止める

 最強ヒーロー、しかして実態は、心もまた強い男だった…。

 虚像の崩壊、たまらず出久の心が折れる…!

『<力がなくて成り立つとは、とてもじゃないが口に出来ないね…>』

イメージ 8

 憧れの英雄に真正面から否定され、マイトほどの実力者でもこうなってしまう以上
 とても他人には勧められない

 それでも戦ってしまうマイトさん、心の強さもとんでもねえ…。

『子供を人質に!? ―――なんだこりゃ、掴めねえ!?』

液体ヴィラン『こりゃ大当たりだぜ…、この個性と力なら、ヤツに報復できる!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 徐々に進む「一体化」、耐え抜いたカッチャンはすげえよ!

絶望の持久戦
 一方、偶然カッちゃんに解放された「液体」は、彼の肉体と個性を取り込んでパワーアップ!
 しかも、狭いせいで巨体は入れないし
 液体ボディも厄介

 あの時だ…、ファンを諭しておいて情けない…、情けない……ッ!

 己を責めるマイト
 彼なら、拳の風圧で吹き飛ばせるが、体力の限界。

 前回のヒーロー陣が再び勢揃いしたものの、「相性の良い」増援を待つ千日手に突入する。

 樹木マン、今週も不憫ッ!

出久『プロのトップまで言うんだ…、泣くな、解ってたろ現実さ!』

『解ってたから、必死こいてたんじゃないか…! “見ないように”って…!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 一方ふらふらと歩く出久、“必死こいてた部分”が切ない、現実を見ないように必死だったって…
 また、カッちゃんが燃やしくさったノートですが
 実は外が焦げただけ

 けっこう的確に加減してたらしく、中身はまったく無事とかカッちゃんすげえ!

 分析は案外雑。
 もっとも、まだ中学生ですし、どこか懐かしくも感じます。

 フラフラと、つい事件現場へ―――― 

出久『捕まってるって…、耐えてるのか!?』

『僕は、ものの数秒で死ぬと思ったのに…!? 凄い!』

イメージ 19

イメージ 20

 そしてここに来て上がるカッちゃんの株、根性と身体能力もハンパじゃないんですね。
 決して、口だけじゃない
 根性は悪い!

 自業自得ですが、本物の素質があるんですね。

 出久も、後悔し懺悔しながら、ここは「助け」が来るまで耐えて貰うしか無いと棒立ちに―――

出久『―――色々あったんだと、思う』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 1

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 34

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 キミが、助けを求める顔してた!

走り出していた
 が、それが勝己だと気付いた瞬間、長年の“分析”で咄嗟に攻撃をかわして立ち向かう出久!
 奮戦する彼に、オールマイトもまた渾身を振るい
 瞬間的に敵を打倒―――

 彼らの多くが話をこう結ぶ、“考えるより先に、身体が動いていた”と―――

 全てを終えたマイトは英雄に
 また、「マイトの事情」を知らない多くは、無用だったと出久を叱った。

 が、唯一全てを知るマイトは、つむじ風のように戻り、嵐のように吐血して出久に言うのだ

 ずっと、彼が言って欲しかった言葉を!

出久『<違うんだ母さん、あの時、僕が言って欲しかった言葉は―――>』

オールマイト『―――君は、ヒーローになれる!』

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 ただ一言、番宣やPVなどで幾度も聞いてきた一言、これほど象徴的な一言だったんですね。
 出久、青春の汗!
 汗です!

 言い忘れてたけど、これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ……!

 そして結びの一言…!
 もはやこれ以上続くのが野暮に覚える程、良い幕切れだった!

 なるんだな、最高のヒーローに!

勝己『見下すなよ俺を…、クソナードがッ!』

イメージ 32

イメージ 33

 一方、「一体化」に耐え抜いた強靭な精神力、一流ヒーローをも怯ませた個性によって
 中学生ながら、カッちゃんは英雄に。
 そして凄い敗北感!

 褒められれば褒められるほど、自分を助けた出久に負い目を感じてる!

 このクソみたい捨て台詞は、そんだけ彼が「負い目を感じてる」証拠、マトモな証拠だよ多分きっとおそらく!

オールマイト!『私が来たァッ!』

イメージ 35

 そして、限界だろうにぐぃっと上見て戻ってきたマイトさんマジすげえ!
 私が来たァ!

 今後も、このノリで神出鬼没なんだろうなと思うと、今からもう心臓がプルスウルトラして止まりませんね!

 豪放磊落神出鬼没、そして繊細! マイトさん好きだわ!!

予告『少年、キミなら私の力を受け継ぐに値する!』

『受け継ぐがいい、私の個性“ワン・フォア・オール”をッ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 1

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

 ハハハ、無理だよ、身体がついていかないもの♪

二話でワンセット!
 いやー、マイトさんの代償というか、安易な変身系個性ってワケじゃなかったんですね。
 でも、もう身体が付いていかないのも確かだから
 後継者にしようってワケか!

 予告でかけあい漫才やっててちょっと笑えます、良い超人師弟コンビじゃないか! コーホー!

 そんな次回もまだ中学編?
 大抵、こういう無力系主人公は可愛い幼馴染が付いてますが、そういうのが無いのも意外ですね

 次回、第3話「うなれ筋肉」

■関連感想記事
 第1話「緑谷出久:オリジン」
 第2話「ヒーローの条件」
 [ 第3話「うなれ筋肉」]