GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『無彩限のファントム・ワールド 最終話』感想、ルルの正体はやっぱり…。全力バトル&サービス、涙の最終回!:13話 永遠のファントム・ワールド

意外な繋がりから“能力復活”! 晴彦ってば、怪獣大決戦な最終回だった!

イメージ 1

イメージ 50

 元ネタと声的に、「マルコシアス」は人型に変身するかと思ったんですが、普通に迫力ある新形態に!
 前回、エニグマの不自然なデータの無さなど伏線を回収し
 奇麗な最終回でした!

 晴彦ってば、成長したしお母さんとも和解できたし、幸せいっぱいにも程があるじゃないか!

もう一人の晴彦
 ルルの正体、実は晴彦の能力まで複製保存されてたのは予想外でしたね
 記憶同調回、あの演出もここで回収か!

 欲をいえば、そのギミックと映像の良さを除くと、展開がちょっと王道すぎた感も。

男性『私は何というか…、キミのお母さんの、今の夫です』

イメージ 2

 やはりエニグマの言葉は嘘、母は「再婚相手」と幸福に 過ごしていたらしい。

「差」を生み出すもの
 晴彦達は「デバイス」を通じ、エニグマが、阿頼耶識社が人為的に生み出したファントムの暴走だと知る
 彼女は、同社の保管する膨大なファントムのデータを閲覧する事で
 全てを召喚、支配しようと企てた

 が、ルルが「晴彦が無意識に生み出した分身」と判明、彼女に保管されていた召喚能力を取り戻す!

 同一能力「召喚」対決!
 が、晴彦は、奪われてからも成長し続けており、その差が現れた事で対決に勝利

 エニグマは倒れ、再び騒がしい日常が戻ってくるのだった―――(終)。 

『これは、毎日眺めていたものです。……ずっと、君に逢いたがってました』

『―――でもいまさら、合わせる顔がないと…』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 母のアニメ的な若さと美人さに、ダンナさんのリアル感! ちょい戸惑いますね! 

「再婚」の真実
 だが、母が自分を思ってくれていたと知った晴彦は、スッキリしたと少し悲しげに微笑む。
 最終話、完全にヒロインである。
 一方

 いえ、めっそうもありません! 私なんか、お邪魔になるだけですもの……。

 ルルの人格変貌
 というか、完全にメイド状態であった。

 お母さんは、前回での台詞からして、「男を作って出て行った」「彼と別れた」まで本当か。

 でもやっぱりちゃんと幸せを掴んだんですね…。

舞『―――こういうルルも、アリねっ!』

イメージ 11

 てか「母の絵本」、どうみてもルルの元ネタだし、ルルの新人格は「お手伝いさん」だし
 晴彦、色々気付くのが遅いよ!

 子供化した回とかで、昔居たって「お手伝いさん」が示唆されてますし!

 ヒント多すぎて、そろそろもどかしいよ!

舞『どうしたの小糸ちゃん!? そんな怖い顔して?』

小糸『――――どこ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 また、晴彦とルルの「関係」も研究されていた、と前振り。

エニグマの「里帰り」
 小糸は、阿頼耶識社の不自然な情報規制に、例の「デバイス」を鍵にして同社データに侵入
 社が隠蔽を図る真相―――。

 用途は低コストの労働力、軍事転用、薬品実験の素体など…!?

 データの欠落した「エニグマ
 その正体は、同社の強化実験で生まれた突然変異、人工強化ファントムの暴走だったと。

 てかアルブレヒト有能すぎて晴彦くん真っ白だよ!

 ちなちま直したのは何だったのか!

小糸『エニグマが出たわ、研究施設…、あなたのお母さんがいるところよ!』

イメージ 17

イメージ 18

 一方、別アニメばりの展開で阿頼耶識社に接近、文字通り人を見下した態度で前進する彼女に
 警備チームってば、まったく以って無力!
 正面対決なんてするから!

 彼女の狙いは、ファントムのデータを入手して「召喚」、自分の支配下置く事

 晴彦の能力すげえ!
 いつかと違い、本物「警備ロボット」も瞬殺祭りだよ!

舞『どうする、晴彦…?』

一条 晴彦『……ここからは、俺独りで行きます』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

 何にも出来ないアンタ独り置いて、あたしたちが帰れるワケないでしょスカタン

ばかなんですか!
 対し、立ちはだかったチームEの面々だったが、プロ集団も瞬殺するエニグマに敵うハズもなし!
 ファントム、そして人間の特異能力を備えた改造体
 両方のいいとこ取り!

 劣ったものは優れたものに従う、それが必然じゃない?

 だからって世界征服!?
 もっとも、あらゆるファントムを支配しうるなら、それも可能なのでしょうか

 更にエニグマ「母」に変身し、必勝の状況でイヤガラセ!

 そこまでしなくても!

姫野『一条くん! 能力が取り戻せるかもしれませんっ!』

『―――ルルちゃんは、一条くんから生まれたファントムなんです!』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 打開策とはルル、彼女は「晴彦の奔放な部分」の実体化であり、同じ資質を同期して共有
 彼女の中に、特異能力も格納されているはずだから
 チューして吸い出せと!

 これまで繰り返し語られた、「人がファントムを生み出す」理屈、ルルがまさにソレ!

 前回冒頭の「女性版晴彦」もソックリでしたしね!

エニグマ『―――させないわ!』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

 にしても最終話でのアルブレヒトの有能さは異常! 遠隔操作だから異能奪取も効かないし!
 というか、エニグマも前回の俊足がすっかり鳴りを潜め
 割と互角の戦いに

 これで玲奈ちゃんの大口も見納めなのか!

晴彦『リヴォーク!』

エニグマ『―――忘れないで、私も同じ能力を持っているのよ!』

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 マルコシアス「バルバトス」等と同じ72柱の悪魔、人間形態からが本気という逸話も。

成長の一撃
 能力復活、しかも「奪われた時点」より成長したと言い放ち、更に強力となった神と悪魔を召喚
 圧倒し、しかも“封印能力まで桁違いに強力となっていた”晴彦は
 今度こそ封印に成功する

 あなたと暮らした時間、悪くなかったわよ――――。

 晴彦自身も幸せでしたし…
 元より、人為的に作られ「生きる目的」にも乏しかったであろうエニグマ今度こそ封印。

 彼女に奪われた異能、昏倒した母など異変も解消し大団円に

 いっそホントに一緒に過ごせれば良かったでしょうに…。

晴彦『この本、ずっと持ってたんだね…、忘れてた…!』

母『だって、あなたが初めて夢中になった本だもの…』

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 1

イメージ 70

イメージ 71

 晴彦の本好きは、この本が始まり。子供回を見るに、あっという間に本好きになったんですね。

ファントム・ワールド
 阿頼耶識社は強制捜査、洗脳時の記憶のない母と、改めて再会し和解できた晴彦でしたけれど
 もう、一つの家族に戻れる可能性も無くなったんですね
 幸せそうですし…

 ファントム、それは人間の脳が生み出したリアルな幻想、幻想と現実が曖昧になった不安定な世界―――

 だけど、そんな世界が結構気に入っている。
 と晴彦による閉幕。

 現実をひっくり返す多様なファントムと向き合い、順応する世界のお話、これにて閉幕!

 晴彦の戦いはこれからだ、エンド!

放送2016年1月スタートながら、原作2巻でさえ、2015年10月に出たばっかり!

半分ほどオリジナルだったという本作、完結!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 1

イメージ 70

イメージ 71

 最終決戦が完全に遊☆戯☆王! 粉砕!玉砕!大喝采! ワハハー!

ファントムとは何なのか?
 多分、この世界の変動は事故ではなく「阿頼耶識社」自身が、狙って起こしたものだった……
 的なストーリーなんじゃないでしょうか。
 原作では。

 2015年4~6月のユーフォニアム以来、久々の京アニ、さすがの映像クオリティでしたね!

 反面、物語での練りこみというか、驚きがやや足りなかったよう思えます。
 ラストでも、「人間は成長するんだ!」って
 早すぎでしょ成長!

 第4話「模造家族」の怒涛のボケとか、ノリは楽しくて好きですし、シリアスかギミックに工夫が欲しかった!

 ともあれ、スタッフの皆さま高いクオリティをありがとうございました!
 次の京アニはまた半年後?