GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『無彩限のファントム・ワールド 12話』感想、“エニグマ”決戦編開始! 母が強キャラ過ぎてヒロイン勢がますます可愛い!:母は帰りぬ

“いつでもお嫁に来ていいからね♪” いい性格したお母さんじゃないか!

イメージ 1

イメージ 69

 お母さんに翻弄、もてあそばれるヒロイン勢が可愛かったですね! 晴彦ってば爆発すればいいのに!
 と思ったら、やはり「入れ替わり」で現れたと判明
 儚いほのぼのだった…。 

 そしてエニグマの目的、晴彦の「召喚」って使役能力でもあるワケで…?

クライマックス!
 急展開、この後の晴彦は、「本物の母」と改めて別れなければならないと思うと切ない
 でも正直、こういう緊張感は好きですね!

 ひまわりファントムもアホらしかったし、最終回、楽しみですね!

『人間が想像しうる存在は、全てファントムになりうる―――』

イメージ 3

 昔話は著作権がないから大丈夫だ! ってアニメ制作の都合になってるよ!!

エニグマの謎
 街に、異能力を奪い昏倒させるファントム“エニグマ”が出現、迎撃に出た晴彦たちだったが
 彼の「召喚」に、エニグマは深い興味を抱き
 倒されたフリをする

 彼女は、男を作って家を出た「母」の意識を乗っ取り、彼と一週間ほど寝食を共に。

 姫野の指示で正体を見破る舞
 エニグマ晴彦の能力と意識を奪って姿を消し、直後、なぜかルルまで昏倒してしまう。

 次回、第13話「永遠のファントム・ワールド(終)」

晴彦『七月中旬…、いつの間にか、ファントム退治トップの成績となっていた』

舞『―――あ、もうすぐ夏休みねっ!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 慕われる、とかいうプレッシャーに耐える小糸ちゃんは本当に可愛いですね!

「チームE」の夏休み
 七月、いまや人気も戦績もうなぎのぼりの晴彦達、元より「プロ級」の小糸まで連携しているんですし
 その美に学園は震えんばかりである―――

 通信デバイスね。コレが無いと阿頼耶識社のサーバにアクセスできないの

 デバイスの正体!
 って、めっちゃ重要な代物じゃん!?

 ファントム事件の元凶、そのデータ保管庫に入る鍵みたいなモンってわけじゃないの!?

 小糸ちゃん詳しい

晴彦『俺だって活躍してんだから、もっと人気出ても良いのに…』

イメージ 11

 いやいや、どう考えても「あの美人たちに張り合うなんてとてもとても!」ってケースですよねー。
 客観視できないイケメンの自虐は死ねばいいと思うよ!
 思うよ!

薀蓄がひどくて、ガチでドンビキされてる可能性も否定できない。

姫野アリス『昨日、他校の特異能力者がファントムに襲われました―――』

『このファントムは、“エニグマ”と呼ばれています』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 エニグマジョジョですね分かります!

その名は「謎」
 まるで、晴彦たちの順風満帆さをフラグにしたかのような“赤眼”は、大戦期のドイツ暗号と同じ名を持ち
 主人公めいた隣町のチームを瞬殺――――

 脳のウィルス変容で発生したという「能力」を、奪う奇妙な怪物だった。

 熊じゃないよ!
 ただ、「一切のデータが無い」というのも前例が無い。

 いろんな意味で阿頼耶識社」と関わりがあるんじゃ? とも思わせる奇妙なファントム。

 無口な巨乳美女とは、なんとミステリアスな。

ビーチエンジェルズ『一体、何をした…! だんまりってか?』

『ふざけるなッ!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 一方、悲しい事にヤられ役と化した三美人、まず人魚先輩がバトル描写ナシで瞬殺され
 続いて、サーフボード先輩が高クオリティ作画で突貫!
 カッコイイ!

 が、さっきのイケメンから奪った「光の剣」によって瞬殺!

 光よ!

魔法使い先輩『逃げて、“エニグマ”です! こいつは唇を―――!』

ルル『チューしたぁ!?』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 なぜか晴彦にだけ、かまってもらいたがるルル。前振りですね!

戻らない「能力」
 牙かと思いきや、経口摂取で「能力」を奪い取るエニグマ、そのスピードに誰も抵抗できなかったが
 唯一、晴彦の召還した“旧支配者”に驚嘆
 そのまま―――

 消えた!? これって、封印できたって事…?

 ヤダいやらしい!
 エニグマ一旦「封印」されるも、それすら逃れ消息を絶ってしまう。

 能力の専門家“阿頼耶識社”で先輩たちは治療を受けるも、やはり能力が復活する兆候もなく。

 そのまま夏休みに突入―――

晴彦『一条です』

電話の主『<―――…晴彦ね?>』

イメージ 28

 晴彦に興味を持ったまま消息を絶つエニグマ、入れ替わるように現れた「母」
 どうしても疑ってしまいますよね

 前回の通り、彼の小学生時代に家を出て行った母。

 父とも音信不通
 それでも、いつか家族が元に戻れるよう、家を守り続けると晴彦は言っていましたが…?

母『そう、お父さんとは連絡が取れないの? 相変らず、忙しいのね…』

晴彦『―――なんで急に』

イメージ 29

イメージ 30

 無論、一度は自分を捨て、他に男を作って出て行ったという母を許せなかった
 彼女はずっと気にかけていたのだと言い
 男とも別れたと続け―――

 それでも、晴彦に「母」を許す事は出来なかったが―――

『会ってくれて嬉しかったわ…、ごめんなさいね、突然、電話なんてして』

『――――それじゃ』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 1

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 ひまわりだから太陽の方向しか向けないのよ!とかいう素敵ファントム!! アホだ!

「母」の居る一週間
 でも、やっぱり最後は母を許した晴彦は、失った日々を取り戻すかのような幸せに浸る―――
 浸る余り、部活は完全放置する始末!

 ありえない、俺が小さいときのことも良く知ってるし。

 疑いだすルル
 キレる舞と「気配」に気付く小糸!

 小糸は奇妙な気配に首を捻り、前回「彼の孤独」を知ってしまった舞は、複雑な表情だったが…?

 でかい!

玲奈『ずっと帰りを待っていたんですもの…』

『一緒にいたい気持ち、分かります』

イメージ 44

 また、第4話「模造家族」で彼の事情を聞かされた玲奈ちゃんは、休むのも仕方ないだと。
 本当に優しい子だし、こうした点でメンバーに温度差がありますね
 ていうか馴染みましたね小糸さん

 あとひまわりの種は食べられますが、カロリーが非常に高いそうですよ玲奈ちゃん!

 今週、久々に食べまくってる!

母『まあ嬉しいわ、あらあら、こんなに大勢お客様なんて♪』

『材料、いっぱい買っておいて良かったわ♪』

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

 ねぇ♪ この中に晴彦の好きな子っているの?

翻弄、母よ…
 ひとまず先生に連絡、様子を探る作戦となるが、いきなり飯を食うって学習能力ないのかい!?
 が、「家族ファントム」とはまた違い―――

 こっちは受け入れ態勢万全よ♪ いつでも誰でも、お嫁に来てくれて良いからね♪

 食べてもおかしくならない
 が、母に翻弄され、皆のヒロイン・アピールが熾烈ッ!

 この皆の可愛さ、晴彦はそのまま羞恥で爆裂四散すれば良いのに、って可愛さだったよ!

 モテ期ってレベルじゃねえ!

ルル『――――なにこの雰囲気、皆すっかり仕切られちゃって…』

イメージ 62

 そんな空気に流されないというか、最初っから「母」を疑い続けているルル。
 同じファントムだから?

 というより、「自分の居場所に居座られた」苛立ちでしょうか。

 なんて思っていましたが…?

舞『あ、すいません電話!』

『―――でも良いな、あんなお母さん……。はい、もしもし?』

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

 なんという月下のキス

「家族ごっこ」の終わり
 が、やはり正体は「母の身体を乗っ取った」エニグマ、だから記憶もあるし気配もおかしかった!
 観察する為、近付いたのだと判明

 晴彦? あなたの能力は実に興味深いわ…、でも使い方がヘタ? 最強の能力になるのに……。

 召喚能力
 そして、「他人の意識にもぐる」という能力。

 たとえば久瑠美ちゃんとの事件、実は、晴彦自身の能力だったワケね!

 かくて、晴彦は能力を奪われ昏倒―――

舞『ルル!? どうしたの、アンタまで!?』

イメージ 74

イメージ 75

 同時にルルも昏倒、冒頭で言っていたように、「人の意識が造ったファントム」だったのか?
 ルルって、どこから来てどこへ行くのか不明でしたし
 とにかく正体不明です

 何より彼女は、「聞き手のファントム」なんですから。

 晴彦が作った存在だったのか…?

予告晴彦『ルル、お前も大変な事になってるぞ!』

ルル『えー? どうなっちゃうんだろー?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 1

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

 Web予告、画像付きの感想記事はこちら。

鍵は「阿頼耶識」社?
 模造家族回、そして前回を踏まえた「晴彦の母との再会」は、エニグマが嘘で塗り固めたもの
 本当は、“新しい夫”と幸せな家庭を築いているらしく
 帰ってきそうもありません

 そこはそれ、玲奈ちゃんの時と逆に、彼女達が晴彦の居場所となるのでしょうか?

 幸いデバイスの正体も判明
 アレを使い阿頼耶識社のデータを探ることで、打開策に行きつけるのでしょうけれど……?

 次回、第13話「永遠のファントム・ワールド(終)」