GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『灰と幻想のグリムガル ep11』感想、友達との“死”闘! ランタ、ムチャしやがってオラァ!!:生と死の間で

“ともだちの残骸”との死闘! そうさせない為の死闘ってワケだよ、ランタ!!

イメージ 74

イメージ 1

 遺品どころか9話で再び触れられた通り、「遺体がゾンビになる」逸話を回収、悲しいし強敵だった…。
 打倒が出来たのは、もう彼らが出来なくなった“連携”を
 ハルヒロ達がこなせた事か!

 必死の逃走劇でも、何の打ち合わせもなくシホルを抱えるモグゾー、彼の剣を担いでいくランタの連携!

良いパーティーになった!
 特にランタ、ハルヒロの悩みの正体を見抜いたり、彼を決死で助けて逃がしたり
 面目躍如の暗黒騎士っぷり!

 予告がネタバレてた気がしますが、気持ち良い最終回になりそう!

『―――ここにいたのか、メリイ?』

イメージ 2

 見習い時代、仲間たちが生きていた頃の回想―――。

彼を灰にさせない為に
 メリイが、「いつも休憩に使っていた」神殿跡に逃げ込んだ面々は、同じ場所を拠点にしていた怪物と遭遇
 彼女の仲間、ミチキ、オグ、ムツミの“ゾンビ”と
 死闘を繰り広げるハルヒロ達!

 メリイはこの時の為に覚えていた「解呪<ディスペル>」で三人を開放、遺体を灰にする。

 が、憩う間もなく、今度は“仇”であるデッドスポットが襲来し
 コボルド達までも呼び起こしてしまう!

 ハルヒロを庇って居残ったランタを救う為、彼を「あんな風にさせない」為、パーティーは再び地下へ!

 次回、epsode.12「また明日(終)」

“メリイ”『いつも勝ち負けなのね? 良いけど? あなたがリーダーだし』

ミチキ『なら、俺についてこいよっ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 ハルヒロが完全に暗殺者、ゲームだと「盗賊」って暗殺者の下位職だったりしますしね。

死んだ場所で/殺したやつと
 意外や、メリイさんはすぐに正気を取り戻し、あれほど居るコボルドからも逃れる事ができた。
 が、この五層こそ「彼ら」が最後に戦った場所

 これは…、私の持っていた杖

 鉱山は彼らの手で稼働中
 コボルド鉱山絡みの怪物ですが、自分たちの為だけに作ってるのでしょうか?

 一行は、メリイさんたちが休憩所にしていた神殿跡地

 逃げた時に無くした、見習い時代の杖も発見。

ユメ『――――なんか、音がするよ?』

イメージ 11

イメージ 12

 が、メリイさんの杖すら残っていたくらい、コボルドたちが近寄らない場所に何かが現れる
 その姿、さっき見たよ…
 やめてやれよ…

 ここも「不死者の王の呪い」の範疇、マナトを“そうさせない”為に焼いた理由

 現れたのは、見覚えのある三体のゾンビ。

メリイ『ミチキ、オグ、ムツミ、久しぶり……、分かる? 私の事』

『会いたかった―――!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 ハル! 援護して…、前に出たい!

こんな姿になっていても
 友達の残骸たち、メリイはこの日の為、“ディスペル<呪いを解く魔法>”を習い覚えていた。
 突貫する彼女を、誰もが迷わず援護する!
 しかし

 もう、眠らせてあげなくちゃ!

 悲しいほどに力は健在
 スキルのみならず、「炎の壁」で姿を隠し、遠距離攻撃するといった戦術さえ!

 彼らは“見習い”だったが、動きは明らかにハルヒロたち以上!

 ゾンビってこんなに強いの!?

ハルヒロ『一対一だと厳しい、援護しないと……』

『でも、どうすんだコレ!?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 仲間だったメリイは、「炎の壁」が見た目ほど怖くない、突っ込めば突破できると知っており
 攻撃がやんだ瞬間、接近して“解呪”を
 不死者の呪いを解く

 それは幻か、一瞬だけ“ムツミ”は面影を取り戻し、灰に―――。

 抱きつくメリイさん
 瞬間、刺されないかヒヤヒヤしたけど良かった…。

ハルヒロ『(こういう時、察しが良かったりするんだよな、ランタって…)』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 剣を振り回すランタの目の前に飛び出してしまうハルヒロ、が、ランタは冷静に剣を止める。

計算してた、角度とか
 続いて、ランタを苦戦させた「盗賊」の実力は、一対一ではハルヒロよりも格上!
 が、二人は自然と連携

 オグ、あなたの事……、忘れない

 結果的に二人の和解にも
 前回、ハルヒロを突き殺しそうだった無神経さは「計算してた」って事ね!

 盗賊“オグ”も、本当に戦闘面でも強い男だった…

 デッドスポット、どんだけだよ!?

ハルヒロ『よくアレで分かったな、打ち合わせしたわけでもないのに』

ランタ『バカかお前は、上手くいきゃなんだって良いだろうが! 常識だろォ?』

イメージ 29

 で、憎まれ口に続いて「バカだから考えすぎんな、お前はマナトじゃねェんだから」ってオイオイ!
 ランタ、ハル君の悩みに気付いてたのかよ
 正鵠ド貫通だよ!

 バカー!とか走り去るなよ、ツンデレお前はよ!!

 ランタいいヤツじゃん!

ハルヒロ『よく狙って、モグゾーに当てないように!』

ランタ『俺 様 登 場 ォ!!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 1

 二人が接触して狙えないユメ、が、ランタが二人を引き離したおかげで―――

さよなら皆
 最後は、デッドスポットに独りで食い下がった大戦士ミチキ、が、ここでハルヒロ達が連携を!
 今や、“彼ら”に出来なくなった連携戦を!

 さよなら…、ミチキ

 解呪されて滅びゆく瞬間
 残った左手で、メリイを抱きしめるかつてのリーダー。

 メリイとハヤシを逃す為に、身を捨てた青年、死してなお優しい男だったか……。

 三人とも、装備なんか全然なのに強かった…。

今週のアイキャッチは「かつての」メリイさん

イメージ 35

 この後、仲間の誰かが帽子をキャッチしてくれるんだろうな、ってワンシーン。
 幸せそう

 幸せそうなんだと思う。

ハルヒロ『灰だ…、地面には身につけていた装備と、灰が…、灰だけが残った』

『――――死んだら灰になる、マナトだってそうだった』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 生きている間には、色んな事を思ったり考えたり、嬉しい事も、嫌な事もあるけれど…、死んだら灰になる

灰と幻想のグリムガル
 戦後、本当に強かった彼らを下した一行は、「もっと強くならなきゃ」と奮起する。
 彼らのように、彼らを超える強さを!

 私がやらなきゃいけなかった事が…、ようやく出来た。ありがとう……

 遺灰を包むメリイさん
 今度こそ、ハヤシさんと一緒に弔う事が出来るんですね

 マナトも彼らも、いつか自分達も必ず灰になる、その前に精一杯生きなきゃって感じの面々。

 その為には帰っておフロや!

前にフロを覗かれかけた二人『『ん!』』

ランタ『な、なんだよ! まだなンも言ってねェだろーが!!』

イメージ 46

イメージ 47

 至極共感するユメとシホルのお風呂宣言に、ふと何かを思ったランタっていうか
 この子、前に覗こうとしたから
 仕方ないね

 ジト目とかご褒美だと思えばいいと思うよランタさん!

 マナトも生きてて
 そんで、パンツも買えなかった時代で……。

ハルヒロ『な、何!? デッドスポット!? みんな逃げろぉ!!』

ランタ『前見ろ、前ェ!』

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

 走れないシホルをモグゾーが抱え、彼の剣をランタが担ぐ! 合図ゼロで完璧な連携っ!!

コボルド怒りの総進撃!
 が、空気を読み終えた巨大コボルド「デッドスポット」が来襲、仲間達までも呼び起こし
 決死の逃亡劇に!

 ハルヒロ、登ってこい! お前まで死んだら、なンだ……、困るんだバカ!!

 おいカッコいいぞランタ!?
 が、ハルを助けたランタ自身が落下するバッド展開!

 狂ったように人間を憎み、追う、巨大というかデカすぎる“デッドスポット”さんの大追走!!

 やむなく、ハル君はランタを残し―――

ハルヒロ『(皆が俺を見ていた、無能かもしれないけれど、リーダーだから…!)』

イメージ 65

 その事をみんなに伝えたハルヒロは、一瞬悩み、そして立ち向かう決意を'''固める!
 死ぬって事は、“ああなってしまう”って事
 それはイヤだもんな!

 幸い、地の利に詳しいメリイさんを頼り、別ルートから再侵攻!

ランタ『―――よぉデッドスポット! 運が悪かったなぁ、今日がお前の命日だ!』

『へへっ…、今の俺、すっげえ暗黒騎士っぽくね?』

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

 敵はコボルド達か…? 違う、弱すぎる自分自身だ!

生と死の狭間へ!
 とか、ランタのアホが格好つけたり、最強武器「丸太」で投擲しながら身を護る間
 ハルヒロ達は、別ルートから現場へ…?

 ランタのアホ…、死ぬなよ……、お前がバけて出てくるなんて最悪だからな!

 死んだけど弔えた
 マナトの時、すごく悲しかったハルヒたち。

 けど「弔ってやれた」って事が、まだ救われていたと知った一行は、“そんな事に”させないため走る!

 最終回、救うべきヒロインはランタだ!

次回、なんか既に助かってるっぽい場面があるけど「回想」かもね!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 1

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

イメージ 67

イメージ 68

イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

イメージ 72

イメージ 73

イメージ 74

イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77

 一人前になるまでの悪戦苦闘、マナトの死、そしてメリイさんと「仲間」になるまでの物語。
 
義勇兵スレイヤーと呼ばれて
 個人技では、明らかにハルヒロ達より上だったミチキ達が「連携」してさえ、圧倒された大怪物!
 いやあ、本当に怪物だったっていうか
 なにあれ!?

 決してランタを「ああさせない」為に、って燃える意味でも、熱い展開だ!

 倒して終わるのか
 それとも、命からがら逃れて終わるのか、いずれにせよキレイに一区切りがつきそうで楽しみ!

 次回、epsode.12「また明日(終)」