GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『無彩限のファントム・ワールド 11話』感想、クール小学生と舞の私生活! 擬似姉弟かわいい!:ちびっ子晴彦くん

晴彦、小学生に退行!? 舞先輩との擬似家族回

イメージ 40

イメージ 1

 今度は晴彦が小さくなり、記憶も退行、小学生として舞先輩と同居する二人が可愛かった!
 が、“デバイス”が完全放置で終わるとはひどい!?
 生殺しだよ!

 幼い晴彦の「作文」の正体、アレ?って思った次の瞬間に切なかった…!

心配なんてない!
 ラスト、いつもの面々が「あのままなら良かったのにね♪」って、笑ってたのも微笑ましい
 心配してた事、視聴者は分かりますものね。

 逆に、完全に消えた「ここ数日の晴彦」はちょっと物悲しい。

中盤以降の舞『人は、私を“子連れファントム始末屋”と呼ぶ…!』

イメージ 2

 砂塵の中の二人! 微細に揺れいや何でもないです!!

一人ぼっちが二人揃えば
 デバイス修理も、佳境に入ってきた晴彦、しかし偶然「小学生時代の作文」を呼んで就寝すると
 翌日、その頃へと心身が退行しており
 原因を探る事も困難に

 やむなく独り暮らしの舞が彼を預かり、数日間に渡り、同居生活する事に。

 心を通わせる二人だったが
 舞の危機に、心底「戻りたい」と願った晴彦は快復を遂げる。

 事件後、彼の「理想の家族像」を描いた作文を見た舞は、その願いが原因だったのかと涙する。

 次回、次回、第12話「母は帰りぬ」

舞『つくづく見事な食べっぷりねえ…』

小糸『良いじゃない、頑張った報酬なんだから…、ね♪』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 完全に浦島太郎。

皆はどうだったの?
 数日前、焼肉屋小糸ちゃんが笑った!? と視聴者を驚かせつつ、自由な子供らを見る面々
 舞先輩は、自分がどんな子供だったか言いたくなさげ

 その夜、いつかのデバイスを修理中、晴彦は子供の頃の作文を発見。

 テーマは、不仲という「親」。
 しかし今見れば、軽く懐かしい事が書かれていた―――

 なんてやって翌朝、子供に戻っていた! “デバイス”のせいなのでしょうが記憶まで退行! 

 前回は大きく、今回は小さく!!

久瑠美『そっかー、自分のクラスなのに知ってる人がいないんだ……』

幼・晴彦『はい、みんなも僕のこと知らないみたいですし…』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 小学校時代に戻った晴彦は、当然居場所がなく困惑、しかし偶然久瑠美ちゃんに助けられ
 持ち物から、「彼は一条晴彦である」と理解
 ますます困惑する

 見知らぬ美人のお姉さんに囲まれ、矢継ぎ早な質問に目を回す晴彦。

 まあそりゃ怖いですよね!

舞『大丈夫だよ、お姉ちゃんたちが絶対元に戻してあげるからっ』

晴彦『…こ、子ども扱いしないでくださいっ!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

 バーカ!うっさいバーカ!!って、悪口合戦で負けてどうすんの胸のおっきいお姉さん!!

かしこいかわいいミニ晴彦!
 結局、本来の高校クラスで受け入れとなるが、先生のざっくりした説明と大人気っぷりなにこれ!?
 モテ期きてるよ!
 なお

 狭いですね…、片付けの出来ない女性というのは、人生の取捨選択に失敗するらしいですよ?

 舞先輩にはキツい!?
 アレだ、気になる子には素直になれないアレだ!!

 彼を心配し連れ帰る舞だが、苦学生なのにパジャマ代やらなにやら出費が厳しい!

 失敗した! 取捨選択に失敗した!!

晴彦『あの…、ケチャップでLOVEとか描いて貰えませんかね?』

舞『な、何いってるの! アンタやっぱり晴彦だわ!』

イメージ 24

 そして無駄にドヤ顔な晴彦である…、って「お手伝いさん」にやってもらってたのか
 本で知ったムダ知識なのか!

 今夜から舞先輩の家で使えるムダ知識をあなたに!

余談ですが

イメージ 21

 カートにすっぽり収まってる晴彦、可愛いし、苦学生先輩のエンゲル係数追い詰めるのはやめて!
 マジやめて!

舞『それから私の生活は、勉学に晴彦の世話、バイトに、ファントム退治に…』

『――――先生のところで、預かってもらえないですか…?』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 バイト中の舞の姿も(確か)初公開、でかい。セクハラ!

戻さなきゃ!
 が、傍目には愉快な新生活も、幼い晴彦を「自分は要らない存在だ」と追い詰めていく一方
 舞たちは気付けない―――

 僕も、バイトします!

 幼さは弱さ!
 てか、けっきょく着ぐるみパジャマって仲良しか!

 事件はなかなか解決しないし、そも、「晴彦」には両親不在のトラウマも。

 擬似家族、幸せであり辛くもある!

余談ですが

イメージ 28

 ファントム退治シーン、あの小糸が、久瑠美ちゃんと仲良くしてる!
 ホント、小糸さん変わっていってますよねー
 ってワンシーン

 最近ちょっとポンコツ気味だけど!

晴彦『ひゃっ!?』

舞『―――ひょっとして、雷怖いの?』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

 舞先輩のお母さんは、物静かで優しく、だから「自分もそうだった」と誤解したそうな。

素直にいこう!
 実は彼、「お母さんが出て行った直後」の晴彦で、より一層に我慢強い子であった
 一人暮らし同士、共感する舞

 明日、バイトが終わったら一緒に遊ぼっか♪

 はいフラグ!
 我慢せず、自分に素直になれって舞先輩かわいい!

『――――僕、ずっとこのままお姉さん家にいたい…』

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

 が、予想に反して「ちゃんと遊ぶことが出来た」と思いきや、不調を起こす舞先輩
 単なる過労でなく、ファントム絡み…?

 のみならず、遂に言ってはならないことを口にした幼い晴彦!

 時間軸は「冒頭」へ!
 ていうか、舞先輩、本当に良い子だなもう!

サンドマン『<おしっこ臭い! おしっこ臭ぁい! 猫のおしっこ、臭すぎる!!>』

舞『“土”には“木”、森羅万象を発生し…、!?』

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

 僕が子供じゃなかったらーーーーー!

砂ファントム無惨!
 なんと、ファントム化していた公園の砂が、猫におしっこをかけられた臭さに大暴走!
 舞先輩は、さっきの不調で倒れ―――

 貴様…、舞先輩に何をした!!

 パンツマンだ!
 いや、踏み殺そうとした時点で、砂ファントムは許されなかったけれど!

 復活晴彦、怒りのクトゥルーって何これ強すぎィ!?

 属性相性は「土」が上だよ!?

ファントム・ワールドと属性相性

イメージ 60

 舞先輩がいつもおっぱいを揺らすように、本作は、中国の五行思想基づく事が多いです
 万物は、木・火・土・金・水の5種類の元素から成り立ち
 それぞれに相関関係がある

 舞先輩が使おうとしたとおり、「土」に有効なのは「木」属性なんです

 生えるからね!
 対し、「土」は「水」に強い、とか関係なかった!!

舞先輩の不調

イメージ 59

 演出がやけに深刻でしたが、その後、特に触れなかったなら「ただの過労」なのか?
 それとも、今後への前振りだったのか?

舞『この本選んだら、晴彦、めっちゃ不満そうだったけどね♪』

『―――そうか、覚えてないんだ』

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 あの幼い晴彦のささやかな願い、その実現の為、今回の事件は発生したらしい。

「嘘作文」の具象化
 実は、冒頭の作文とは「こうだったら良いな」、という幼い晴彦の夢が描かれた嘘の作文
 あの子、そこまで思いつめてたのか…。

 ホントに♪

 戻った晴彦
 女性陣、戻らなきゃ良かったとか連呼してて笑えます

 心配してたくせにな!

 ツンデレ

次回、母帰る!? 妖艶な赤いファントム“エニグマ”襲来!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66

 Web予告、画像付きの感想記事はこちら。

バイスは…?
 以前、玲奈ちゃんの擬似家族回で触れたとおり、晴彦の孤独な家庭環境を掘り下げつつ 
 舞先輩も、どうやらお母さんを亡くしたらしいと語る
 愉快な擬似家族回に

 せっかく育まれた「晴彦」が消えるのは、少し寂しい結末でしたね。

 デバイスも、後は動作ソフト(ドライバー)を入れるのみ?
 いよいよクライマックス! 

 次回、第12話「母は帰りぬ」