GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『蒼の彼方のフォーリズム 8話』感想、追撃の“鳥篭”! 髪飾りの物語へ:もう…飛べない

みさきと晶也、明日香までも沈む“谷間”回! 手にした力は試したい!

イメージ 35

イメージ 49

 元々、各務先生から見よう見まねで学んだという“鳥かご”、それが全国制覇なんてしちゃったなら
 そりゃま、当人相手に見せ付けたいと思うでしょうね!
 結果、明日香が撃沈!?

 かつての国内覇者、晶也が辞めた理由も判明、三者揃って立ち直る流れとなるか…?

頑張るほど怖くなる
 たとえば、凄いスポーツ選手であれ人気作の漫画家であれ、有名人ほど「結果」が出せなくなった
 めちゃくちゃ叩かれますもんね…。

 そんな晶也復活の鍵は、やはりOP通り「過去」にあるワケか?

みさき『まー飽きちゃったんだにゃー、朝早いのも辛いしー』

イメージ 2

 と、「表向きの理由」を作ってしまうみさきですが…?

壁と鳥かご
 楽しくなくなったら飛べない、晶也もまた、自分の中の壁と「初心者」に敗れたショック
 フライング・サーカスから逃げた過去をみさきに語り
 引退者同士、身を寄せ合う

 その翌日、顧問の各務が“無かった事にした技”を復活させたイリーナが来校

 昇華させた「バード・ケージ」を誇り
 その生贄同然に、明日香もバードケージによって封殺、「絶対に勝てない」脅威で心を折ってしまう。

 次回、第九話「答えは空にあるんです!」

真白『まだ放課後があります! チキチキ、みさき先輩捕獲作戦!』

『教室のドアを押さえるんです!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 16

 FCさながらに、校内で捕物帳を繰り広げる四人組であったが―――、真白かわいい!

元部長ちょっとそこどいて!
 幸い、真白も辞めるなんて言い出さなかった辺りは、すごく前向きで素敵ですが
 みさきは部から逃走

 私…、もう、飛べない……。なんかさー、楽しくなくなったんだよねー。

 それを唯一肯定する晶也
 何しろ、彼自身が「FC引退組」ですものね

 そこに現れた顧問、各務先生もまた、自分の技を封印すべく引退したという引退トリオ…!

 元気印の明日香、ひたすら曇る…!

明日香&真白『さすが新米部長!』『お米みたいです!』

高柳『お米みたいな白肌って事?』

イメージ 14

イメージ 15

 一方、意気軒昂な三人組がアホすぎて、バランスをとってくれてますがもう沈む沈む…。
 そして今週は「イチロー」の名言!

 コツコツ練習しよう、小さい事を重ねることが、とんでもないところ行く唯一の道だって!

 学問に王道なし!
 結局、迷うことが更に目的地から遠ざけてしまうワケで…

 ですが、届かない目標を目指すのは辛い!

晶也『…お、みさきも買い物か? あ、はは晩飯買いに来たんだ』

みさき『―――ねえ、どうして何も言わないの?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

※今週は着替えに出くわしませんでした、チキショウ!

そんな事、言うなよ
 その夜に引退コンビが出くわすトラブルも発生、卑下するみさきへの晶也、これは男前だった!
 みさきも料理が上手くて可愛い!

 なんとなく分かるからさ、俺も、FCから逃げたから―――

 やがて核心。
 実は、小学生時代は日本最強クラスだったという

 真藤さんがこだわったのも伊達じゃない!

 でも、かなり前なのね…。

晶也『最初は、ただただ空を飛べるのが楽しかった』

『でも、世界大会の代表に選ばれた頃、怖くなった…』

イメージ 25

 しかし、FC選手として勝利を重ねるにつれ、「真剣に向き合う」うちに怖さが生じた。
 失敗、敗北が怖くなった

 そして「自分より凄い誰かが現れたら」と恐れた時、野試合で同年代の子に負けてしまった。

 ついでに各務先生、昔はむしろ厚着だったのね。

晶也『飛ぶのが楽しくなくなった……』

イメージ 24

 飛ぶことが強迫観念に変わった時、「初心者だ」という男の子と戦い、敗れてしまった。
 ある意味、みさきも「初心者・明日香」に負けてますし
 そこが似てるのね。

 てか、この「男の子」って、素直に考えて「真藤さん」なんでしょうか?

 ドラマ的に、みさきって可能性も?

明日香『みさきちゃん、飛ぶのが楽しくないって、どういう事なんだろうって…』

窓果『―――何でヘリがウチの学校に!?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 それはこういう事だよ! と言わんばかりの襲来であった。

「アヴァロン」来島
 翌日、各務顧問の“バード・ケージ”により、全国制覇を成し遂げたイリーナ・アヴァロンが来島。
 練習試合を申し込んでくる

 当然、各務顧問は断ろうとしたが、明日香が試合を望み対戦する事に!

 今度は最初から全開!
 早くも、1ブイ目からバードケージスタート!

 その真髄とは、相手の動きをコントロールする、正確な身体技能と予測にあるらしい。

 今回は学園生徒も大注目!

晶也『明日香、積極的にドッグファイトに持ち込むんだ、当たっていけ!』

イリーナ『沙希、私達の、美しいFCを見せてあげましょう』

イメージ 1

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 当然、晶也は前回の「軌道コントール」を警戒、格闘戦でガンガン体当たりする作戦だったが
 沙希はむしろ上空で静止し、自分の背中を守る

 以降は、明日香がいくら仕掛けても位置的優位で弾き続ける、ハエ叩き状態!

 弾く位置まで計算
 つまり、次は、どこから来るかまで読んでの連続迎撃!

 当然、普通は沙希を無視すればいいだけだが、無視した瞬間にブイを狙われるのみ!

 早くも八方塞がった!

晶也『<距離をとるんだ、このままじゃ疲労するだけだ!>』

沙希『――――逃がさない』

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

 何故なのでしょうか、乾選手、背中ががら空きなのにポイントを奪いに行きません!

バード・ケージ
 となれば、距離をとるしかないが、高速性に優れた沙希相手に逃げ切れるはずもなく
 しかも、絶対に自分からは仕掛けない!

 出口がないなら、無理やり造るしかない…、明日香、乾に向かってエアキック・ターンでぶつかれ!

 常に「観察」「追撃」に特化
 よって、例え急上昇しようが“読みきって”迎撃できる!

 手を抜いているというより、自分から仕掛けず、相手の観察に特化し続ける感じ…?

 結果、明日香は無理をしすぎて失速。

みさき『明日香…』

明日香『ダメダメでしたね、私……―――』

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 幸い、みさきが協力してくれたおかげか、「髪飾り」は失くさずに済んだものの
 あの明日香をして、完膚なきまでに落ち込む有り様
 傷は深い

 さて、ここからの逆転の一手は…?

予告『そうじゃなくて』『じゃ、さっさと』

『答えは、空にあるんです!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 1

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

 沙希ちゃんの技量と容姿、異常速度のシューズを破る手段とは?

鍵は幼少期!
 前回、真藤を破ったことで「彼女を越える事は真藤越えに等しい」、と位置づけされた乾沙希
 が、更に彼女に直接ボッコボコにされるとか
 どうすんだコレ!

 また、秋の大会が強調され、そこでリベンジする雰囲気ですね。

 でも仮に晶也が復帰しても
 引退したのが前すぎて、かなり練習しないと勘が取り戻せないっぽい感じも?

 次回、第九話「答えは空にあるんです!」