GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

鉄血『ガンダム・バルバトス第5形態』『グレイズ』、両機の“地上戦仕様”設定画が公開! 実は平べったい足だったのか!:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

第21話で猛威を振るった新形態、公式サイトで詳細が公開!

イメージ 1

イメージ 2

 公式サイトはこちら http://g-tekketsu.com/

機動戦士ガンダム 鉄血オルフェンズ
 バルバトス、そしてオーリス艦長が率いた「地球本星ギャラルホルン」のグレイズが公開に!
 既に、同バルバトスは「第6形態」の名でガンプラ
 再現が可能です

 驚異にして兇悪な新武装、“レンチメイス”はとんでもない存在感でしたね!

 目を引くのはハイヒール化された脚部
 改造の結果、最新鋭機である「グレイズ」の足と、そっくりになったというのも面白いですね。

 戦闘中は殆ど歩かず、推進器によって滑るように移動。

「重心を上げる」事で、機動性重視となったセッティング

イメージ 3

イメージ 7

■型式番号ASW-G-08
 宇宙で使用した第5形態を地上用に換装したバルバトス。大きな変更点は脚部サスペンションを調整。重心を上げることで初動の反応速度を上げ、重力下での機動性向上に繋げた。また、ミレニアム島での戦闘からレンチメイスを装備している。
 わざと重心を高く、バランスを悪くする事で、倒れこむ勢いを「動く」パワーへ変える感じ?
 サスペンションとは、地面の凹凸による衝撃を吸収するパーツ
 主に車で使われる部品です

 メカ的には「つま先立ち」らしく、カルタ隊来襲の場面など、足先が可動する姿が見られます

 第20話での改修中も、つま先を動かす描写が。

実は「ホバー足」だったと判明した地上仕様グレイズ

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

■型式EB-06j:グレイズ(地上戦仕様)
 ギャラルホルンの地上部隊が使用するグレイズ。宇宙で使用されているものとは大腿部、脚部などに差が見られ、重力下での戦闘が考慮されている。また背部に取り回しのし易い軽量なバトルブレードを装備している。
 こっちは、文字通り海上を滑って移動していたグレイズで、足が大型化しています。
 ホバーの噴出孔でしょうか?

 バルバトスが改造され、「グレイズ」と足の形が似たのに対し、こちらは足回り自体が改装。

 腿の推進器は「カルタ隊」同様
 また、バックパックの形が大きく変わり、ブレードを固定する事が可能に。

 劇中では、まるで翼が生えたように見えましたね。