GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムBF IB第13回「Ez-SR フォックスハウンド」感想、あの“ニルス・ニールセン”が制作した実験機! その誕生経緯とは

 ガンダムBFキャラが『模型誌に寄稿した』という体裁、イメージングビルダーズ

成長した天才が作った「赤いEz-SR」、百の機体を切り伏せる実験機!

イメージ 2

 公式サイトはこちら http://gundam-bf.net/hhib/

Ez-SR フォックスハウンド
 まもなく、プレミアムバンダイで受注開始というガンプラ、“フォックスハウンド”の物語が公開!
 本機は、“トライ”で一般高校生が作ったガンプラ
 その発展型です

 同機を気に入ったニルスが、「粒子の研究」という名目で自ら模倣、制作したというガンプラ

 全武装搭載を可能とした改修
 更に、ニルスのオリジナル頭部と武器が追加され、一風変わったテイストに!

 これはちょっとカッコイイな!

いわゆる「全部のせ」の発展機、ニルスはオリジナル改良も加え…?

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 1

イメージ 10

 鉄血のグレイズ改」を思わせる張り出した頭部、ビームライフル新造パーツ。

「百鬼斬り」の頑駄無
 記事中では、ニルスの高度な製作・操縦技術が反映、テスト用の100体を単機で突破した事に
 それで百鬼ってワケね!

 トライでは、ガンプラを操る姿が描かれなかった「伝説」扱いのキャラ。

 彼が現在どんなガンプラを作っているか
 そんな視聴者の疑問に、「社員」として「モデラー」として、趣味と実益で頑張ってると答えた作例

 専用ライフルには、「刀」に準じた武器になる機能もあった模様。

「1号機」こと、Ez-SR マキシマもプロショップ限定で商品化!

イメージ 9

イメージ 8

 アニメでは三体に機能を分散、チーム戦で戦った機体を、一機に機能集約して再度制作。
 これにより、レーダーで敵機の情報を収集した後
 そのまま砲撃できるように

 また、近接戦になれば得意の白兵戦能力を活かすなど、「選べる手段の多い」機体として再生。

 全国のプロショップにて一般販売に
 http://bandai-hobby.net/site/proshop_list.html