GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

『ハルチカ ♯8』感想、少女だった彼女が彼女と生きる為に:初恋ソムリエ

 ハルチカハルタとチカは青春する~

  芹澤さんの頼みごと! ベンジャントの優しい嘘、素敵でしたね

イメージ 1

イメージ 46

 往時の「香り」を再現する事で、ありのままを思い起こさせ、その「初恋」が本物だったか鑑定する少年
 鮮やかに甦った、叔母さんの少女時代の記憶
 やっぱり優しい熊だった…。

 

 謎を解いた理由が、「芹澤さんと、ちゃんと生きたいから」という叔母さんも素敵だった!

 

弱気な天才
 また、クールな芹澤さんが、周りに自然と人の集まるチカを羨ましがるのが
 なんだか微笑ましかったですね。

 

 朝霧とハルタ、二人が縄つけて運ばれてきたシーンも爆笑モノ!

  大会まで後二ヶ月、六月の物語―――、って増えすぎィ!

イメージ 3

 お約束の集合カット、新入生効果デカすぎィ!

 

彼の真意/彼女の真意
 六月、フルートの天才・芹澤が、卒業後に世話になる「叔母」が怪しい男に引っかかったと相談に訪れた
 彼は本校の三年、「初恋」の美化された部分を突き崩し
 鑑定するという少年だった

 

 叔母、芹澤響子は、40年前の初恋「ベンジャント」との記憶を手繰る。

 

 自分を追放した優しい真意
 そして、自分が、彼らのように早死にする事がないと知り、芹澤響子はホッとする。

 

 これで「芹澤 直子<あなた>」を孤独にしないで済む、と安心する叔母の姿に、芹澤はチカに感謝する。

 

 次回、♯09「アスモデウスの視線」

  界雄『具はさばの缶詰……、少しでも、頭が良くなるように』

  ハルタ『界雄! それ、チカちゃんにもあげてッ!』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 早くも馴染んでる芹澤さんの幼馴染、界雄くん。それチカちゃんにもあげて!

 

「天才」芹澤の頼みごと
 六月、未だ実力差の大きさに焦るチカだったが、「レッスン」を条件に芹澤さんに頼み事される
 叔母を阻止したいのだと。

 

 拝金主義で殺伐とした実家が嫌いな芹澤は、叔母の家に住み込む予定なのだ―――。

 

 一方、ハルタは胃袋を掴まれていた
 万年金欠で図々しい彼は、夕食と昼食をチカに頼っているそうな。

 

 二人の関係が邪推されますが、むしろ本当にそうなら、どれだけ良いコトでしょうかね!

 

 今週、草壁マンの出番がねえ!

  片桐部長『変人だ』

  『同好会は旧校舎の一階、別名“青少年サファリパーク”!』

イメージ 12

 叔母は、彼女の卒業と共にオーストラリアの家を畳み、日本で一緒に暮らすという。
 で、今回は「日本」での記憶の話
 初恋相手

 

 彼の捜査を興信所に頼むが、現住所は分からず、奇妙な手紙が届いた

 

 その初恋が「本物」かどうか鑑定するソムリエ、部長の友人で、またも変人連であった…。変人遭遇率高ェ!

  麻生部長『おっす♪』

  『界雄によろしく、たまには遊びに来てって言っといて♪』

イメージ 13

イメージ 14

 そんな変人に会わせたくないと、「叔母を守る」べく逸る芹澤さんでしたが
 道中、前回の麻生部長と鉢合わせに
 初対面ですな

 

 二人とも、界雄つながりなんですが、麻生部長、芹澤さんが警戒するのも無理からぬ可愛さだった!!

 

 てか素直に飲むのかよ!

  ソムリエ・朝霧『初恋とは、どんなモノだと考えているのかな?』

  芹澤『…初めての恋?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 とんだ素人ですわね♪とか煽られ、即ギレする芹澤さんかわいい(錯乱)。

 

「少女」が出会った熊の話
 やがて、一行は、「香り」を再現する事で、往年の記憶を呼び覚まし、初恋を明らかにする変人
 プルースト効果で、美化をひっぺがした記憶と向きあわせ
 初恋を鑑定する少年と出会う

 

 そして、当時、右も左も分からなかった叔母を救った、優しい熊の話を聞くのだ。

 

 メタファー
 彼を、ベンジャントらを動物に例える叔母さん

 

 まるでおとぎ話のようで、しかし、言ってることやってる事は過激な学生運動のような…?

 

 そこでおにぎり係りをしてた青年。

  ハルタ『仲間は何人いたんですか?』

  響子『八人よ、“鳥たち”は騒いだ後、すぐ帰ってしまうから』

イメージ 30

イメージ 1

 彼女は、運動家「森の仲間達」のおにぎり係りを任され、組織の中核はベンジャントが
 鳥、聴衆、「扇動される側」のメンバーの食事を
 響子が作る事になったという

 

 この時、彼女は居場所を得て、そしてベンジャントに恋をした。

 

 往年の叔母さん、お嬢様っぽくて美人。

  ベンジャント『キミにも名前をあげる―――』

  『ポーラ・ステロ……、キミの名前』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 既にあらかた調べ終えていたおばさん、おにぎりの味が決定打に。
 
四十年ぶりのおにぎり
 だが、「森の仲間達」のおにぎりを口にした事で、ベンジャントは怒り狂って彼女を追放した。
 今回は、その再現を行うのだ―――

 

 違う……、あの時のおにぎりの味と違う…、そうか、そういう事か……!

 

 なるほどの瞬間
 あの時と違う、再現できなかった部分がある。

 

 そして再現できなかった部分、つまり「彼女が知らなかった部分」に、全ての答えがあるのだと。

 

 優しい熊さんのお話なのね。

  てか部長、ナニしたの部長

イメージ 19

イメージ 20

 また、やっぱり「初恋鑑定」されていた吹奏楽部部長、片桐先輩である。
 歯形か…。

 

 そして初恋と縦笛、後は分かるね?的な。

 

 わかりたくありません!

  その夜―――

  チカ『芹澤さん…? どうしたの、こんな時間に!?』

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 その夜、チカちゃんの苦悩とサービスショットと、リードで繋がれた野郎どもの挽歌!
 当然、芹澤さんは叔母さんの真意を理解できるはずなく
 止めようと決めたのだ!

 

 って、だからって「役立つメンバー」を縄つけて引っ張ってくるメンタル強い!

 

 さすが芹澤さんマジぱねえッス!

  芹澤『私達、明日の始発で岩手に行くことが決まったの!』

  『はい、穂村さんの旅費!』

イメージ 40

イメージ 41

 強引グ・マイウェイな芹澤さんですが、それも、一人では心細い気持ちの現れですし
 その夜、チカを羨ましいと。

 

 いつも周りに人が居るから―――、叔母さんがいなくなるのは、独りになるのは嫌―――…。

 

 芹澤さんは、強引に引っ張るしか他人と関わるやり方を知らない、みたいな…?・

  チカ『私も、怖いよ―――…』

  『ううん、おやすみ』

イメージ 42

 対し、チカの感じる恐怖って何なんでしょうね、現状では「技術が追いついてない」事を
 気に病んでいるように思えますが…?

 

 実際、高校に入ってから練習だけで、これまで頑張ってきた人たちと肩を並べるのは無理難題。

 

 必要なのは実力、そして自信か。

  ハルタ『せっかくだからやるよ、チカちゃん!』

  チカ『ここで!?』

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

 ベンジャントは「復讐者」の意味―――

 

突き破っていく
 そんな内心を知って知らずか、相棒ハルタは、チカと「見知らぬ人の前」で共に演奏を促し
 結果、彼女に新しい手ごたえを与えた

 

 そして現れた叔母が語ったのは、「森の仲間達」が全員、同じ病気で死んだ事。

 

 毒入りだった。
 つまり、あのとき毒を食べた彼女をベンジャントは叱ったのだ

 

 過去と「再現」で味が違ったのは、毒が混ざってたから、それを確かめたかったのだ。

 

 彼は、ベンジャントはやはり優しかった。

  チカ『ポーラ・ステロはどういう意味なの?』

  ハルタ『プーラ・ステーロ…、“穢れてない星”……』

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

 彼がなぜ仲間に「復讐した」のかは不明です、が、彼もまた死んでしまったという事は
 たぶん、森の仲間達、彼らを許せなかったのと同じくらいに
 自分を許せなかったのでしょうか。

 

 自分を復讐者、穢れた人間と定義しながら、彼女を無垢な星だと呼んだベンジャント。

 

 何も話さなかったのは、彼女を穢したくなかったのでしょうか。

  チカ『ソムリエさん、私の初恋は?』

  朝霧『鑑定書つきの、本物です――――…』

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 ソムリエcv木村良平さん、普段、プリストの陸とか、銀匙の八軒とか、直情型が多いので新鮮。
 
怖かったから/怖いから
 最後に、こんな調査をしたのは「おにぎり以外が原因」だったら、自分も長くないかもしれない
 芹澤さんを、置いて先に死にたくなかったからだ
 と、明かされる

 

 あなたを見てると、心配でしょうがないのっ!

 

 独りはイヤだ
 そんな芹澤さんだって、叔母さんが深く思ってくれてたのが分かった。

 

 彼女も、チカの不安を察し、共に居ようとしてくれる。

 

 そして仲間がまた一人、ですね!

  予告『草壁先生を帰せ!』『ゴリラの首をもってこい!』

  『僕が、草壁先生を守るナイトになる!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 1

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

 予告のハルタ、流石私の見込んだ騎士、ナイトである

 

芹澤さん参戦…?
 今回、ハルタやチカが「鑑定される側」かと思い、ちょっと意外でしたが良い話…。
 ある日、森の中、熊さんに出会った
 というお話ですね

 

 芹澤さんの不安を叔母さんが埋め、芹澤さんがチカの不安を埋める、そんなラストが何だか素敵

 

 ハルタもますます穂村家に依存してますが
 次回は色欲の大罪! ちなみにソロモン72柱では32位、バルバトスの同僚さんですね!

 

 次回、♯09「アスモデウスの視線」